ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS <ジュベール世代はもう機能していない>アレクセイ・ミーシン

<<   作成日時 : 2008/11/16 21:20   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

11/18 全文掲載分をUPしました。


取り急ぎざざっと荒っぽく訳します。
全文が出たら書き直しますので〜




アレクセイ・ミーシン

ジュベール世代はもう機能していない



 アレクセイ・ミーシンは、エリックボンパール杯に自分の生徒であるアンドレイ・ルタイを連れてやって来た。残念ながら、彼の滑りがこの有名なコーチに喜びをもたらすことはなかった。ショート・プログラムでアンドレイは最下位。フリーで順位をひとつ上げるのが精一杯だった。教え子の滑りについてミーシンは語りたがらず、ひと言「練習します」と言うにとどまった。しかしながら、他選手の演技を評価することには同意してくれた。
 歩きながらのインタビューになった。マリア・ムホルトワ&マクシム・トランコフの演技が終わるとすぐ、アレクセイ・ニコラエヴィチは楽屋へ向かった。ロシアのペアを指導している同僚のオレグ・ヴァシリエフを祝福するためだ。点数が表示される前から、彼にはすべてが明らかだったのだ。



 ― アクレセイ・ニコラエヴィチ、あなたはペアのフリーをじっと観ていましたね。我らがムホルトワ&トランコフのプログラムはいかがですか?

 アイデアがとても良い。しかし、小さな演劇を狙ったプログラムのため、どんなミスも許されない。演劇でのミスは容認しがたいものだ。ミスがあると何だか印象が薄れてしまう。
 いま我々のところに2つのペアがいるのは良いことだ。すべてが強く、すべてが異なるというソビエト・スケートの独自性を常に示していた(※この文のつながりがよくわかりません)。そして、まさにそれが今我々のところにある。2つの強いペアと、2つの異なるペアだ。

 ― この試合における男子シングルの席の割り当ては、正当なものですか?

 ええ、まったく。


 ミーシンは話を中断し、ミックスゾーンへ向かった。そこは演技を終えた選手たちが出てくる場所で、試合の中継モニターが設置されている。「ちょっとそこへ寄ってどんな様子かを見たい」。歩きながら話は続く。
 

 私が思うに、カナダのパトリック・チャンも日本の小塚崇彦もまったく別のスケートをしており、もう新しい世代だ。ブライアン・ジュベールの世代は、今は機能していない。


 この時、スクリーンにムホルトワ&トランコフの得点が表示された。ミーシンは満足げに言った。「2位だ。2位になる。素晴らしい」。そしてまた会話に戻る。


 ― 話を続けましょう、アレクセイ・ニコラエヴィチ。あなたは新しいリーダーたちのスケートが気に入ったとおっしゃいましたね。しかし、4回転はありませんでした。つまり、4回転以外のエレメントが一番重要なプランとなる時代がやってきたということですか?

 チャンは…パトリック・チャンは4回転を跳ばない。彼は今のところ4回転を持っていない。小塚は4回転を跳んだが、今回の試合では成功しなかっただけだ。
 しかし、問題はこのことではない。彼らは二人とも高いレベルを示し、身体の動きがギッシリ詰まったスケートをやって見せた。曲げたり、よじったり、ひねり戻したり、回したり、彼らのプログラムには、非常に興味深い動きの輪郭図があった。複雑で独創的なトランジション…もはや量的というよりも、質的なトランジションだと思う。こういう選手たちが、公式に認められているリーダーたちの勢力図をもつれさせるかもしれない。

 ― すでにもつれていますねよ。グランプリ・シリーズの4大会すべてで若いスケーターが勝ちましたから!

 ああ、今この事実を明言しよう。これはすでに(※世代)交代だ。


 世界のフィギュアスケート界で最も権威あるコーチのひとりは、ここで別れを告げ、フィギュアへの新しい風について同僚と議論するために立ち去った。




2008年11月16日
ナジェジダ・バラノワ

<原文>
http://www.championat.ru/other/article-27342.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ecoさんこんにちわ。
早速のミーシン語録、ありがとうございます。
そーですか。サイボーグ作動してませんか。
冗談はさておき、新しい風吹きまくりですね。
ロシア男子はどうしたー?
ロシア杯のジュベール、NHK杯のウィアー、織田、高橋(出場したら)はどんな演技になるか楽しみですね。

それにしてもジュベールをサイボーグと呼ぶテレビ局ってどーかなって思います(↑で使ってますけど)。
課題の芸術性、演技力ー良くなったと思うんだけど。
ただ、彼はソルトレークも出ているので、バンクーバー大丈夫でしょうか。体がちょっと心配です。

出来ばえ点で稼ぐだけでなく、難しい技で勝負してくることは、大事な試合でポイントになると思いますけどね。ロシア杯の頑張り期待したいですね。
りら
2008/11/17 11:27
ecoさん こんばんわ
ミ―シンさんの記事にショックを受けつつ、納得したり。。

ジュベールにはまだまだ頑張ってほしいんですけど、世代交代と言われてしまうと、そうなのかなぁ、、とも思ってしまいます。

もし差し支えなければ、こちらの記事を私のブログでページをリンクして紹介させて頂いても宜しいでしょうか??ちょうど、小塚君や、Pチャンについて考えていたもので。
sorachi
2008/11/17 21:05
りらさん
うわ、サイボーグときましたか!!
でも、そうですよね、「作動」と訳すとそうなっちゃいますよね…とりあえず、辞書に載っていた通りに書いたんですが、どうもうまく訳せなくて。。

テレビ局の「4回転サイボーグ」は…一昨年までならまだしも(オイ)、どんどん表現力もアップしているので、もうその呼び方はやめてあげてほしいなぁ。
地元での台落ちはすごく悔しかったと思うので、ロシアではいい演技をしてほしいですね!
eco
2008/11/17 21:50
sorachiさん
そうですよねぇ、世代交代だなんて早すぎますよねぇ…でもそれが現実なのでしょうかねぇ(;_;)

リンクはいつでもOKですが、フルバージョンもすでに出ているので、明日か明後日ぐらいにUP予定ですよー。
で、小塚君とPチャンのことなら、さきほどUPしたヤグディンもコメントしてくれてます。こちらもちょっと微妙な内容ですが。。。
eco
2008/11/17 21:50
ecoさん★
ミーシン、そう来ましたか〜・・・。
あのぉ、プレオくんについては何も言ってませんでした!?(笑)
でも、「世代交代だ!」とか言いながら、きっと「お前ら、もう一度上がって来い!」と思っていそうですね★
ジュベくんも、ライサも簡単に追いやられたりはしないですよ!きっと。でも、そう思えてしまうくらい、若い世代の男子の活躍は目覚しいものがありますよね〜!
しかし、エリックのEX、すごかったです。カッコイイプレオくんに、???なジュベくん!そして、またしても壁に激突のPちゃん(笑)
CS放送が待ち遠しいです!!!!
gaspard★
2008/11/17 22:12
gaspard★さん
お待たせしました!フルバージョンを訳し終えましたが…プレオ君についてのコメントはなかったですねぇ。。なぜ3位を放映しないんだ!!(あ、また怒りが…)

>「お前ら、もう一度上がって来い!」
ほんまですね〜、そう思ってそうですね、ミーシン教授。
そして私もそう思っています!ジュベールにもライサにも頑張ってほしい!!

エリックのEX、なんだか豪華(?)ですね〜。めっちゃ楽しみです☆
eco
2008/11/18 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
<ジュベール世代はもう機能していない>アレクセイ・ミーシン ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる