ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS <それでも我々は“6.0”の住人だ>アレクセイ・ヤグディン

<<   作成日時 : 2008/11/17 21:29   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 12

エリック杯を生観戦したヤグディンの談話です。
分からないところが多くてすみません…勉強しなくては〜




ヤグディン

それでも我々は“6.0”の住人だ



 エリック・ボンパール杯に思いがけないゲスト。ミックスゾーン裏に、スタイリッシュなグレーのスーツに身を包んだアレクセイ・ヤグディンがいたのだ。オリンピックチャンピオンがいるのに、男子シングルについて何も聞かない手があるだろうか?


 ― アレクセイ、新しいリーダーたちはどうですか?彼らのスケーティングはいかがですか?

 実際のところ、そういうリーダーはいなかったと思いますが…僕が今ではフィギュアスケートにほとんど注目していないということが、ここパリでよく分かったんです。僕は試合を覗き見ただけです(※この段落の訳はあやしいです)。

 ― では、今見たものについて、どんな印象を持ちましたか?

 フランスのアルバンがとても気に入りました。それに日本の小塚も良かった。僕はこの子たちを知ってます。

 ― 1位になったカナダのチャンは?

 彼がどうやって1位になったのか、僕にはわかりません。(いぶかしげに頭を振って)いいですか、僕は現在のルールにそれほど精通しているわけではありませんが、いずれにせよ、起こったこと(※もしくは以前のルール?)に基づいて判定します。もちろん、新システムのエレメントに関する事情はわかります。でも…全体として、僕は日本人が勝っていたと思います。しかし、グランプリ・シリーズは、審判ができるような試合ではないですからね。ヨーロッパ選手権や世界選手権とは違います。

 ― 現在のルールは、あなたが滑っていた頃のルールに比べてどれぐらい違うのでしょうか?

 ぜんぜん違います。僕は基本的にこの変更に賛成です。でも、この新しいルールの中で自分がどう感じるか実際に経験していないので…そうなんです、僕たちはやっぱり“6.0”の住人なんです。これは、僕がジェーニャ・プルシェンコのような優等生であるということではありません(?)。でも実際のところ、その時の方が(フィギュアスケートを)見るのが面白かったと思います。採点システムは観ている人にもっと分かりやすいものでした。そしてもちろん、レベルも、テクニックの組み合わせも、ジャンプもです。ジェーニャと僕だけじゃなく、サーシャ・アプトもいたし、ティモシー・ゲイブルも、本田武史もいましたから。僕が思うに、ちょうどその頃が、今よりもはるかに面白い時代でしたね。




2008年11月16日
ナジェジダ・バラノワ


<原文>
http://www.championat.ru/other/article-27350.html

<自習メモ>
вещи (複)事情、事態


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ecoさん、こんばんわ。連投です。
ヤグディンはっきり言いますね。
ヤグディンジャッジだと小塚君優勝ですか。嬉しい!

"出来ばえ"という名の二重加点、DGによる二重減点ー特定の国、特定の選手のみに有利に働く採点。
素人の私だけでなく、ゴールドメダリストも疑問を持つような採点方法。どうなんですかねえ。

政治の臭いがプンプンのいやな雰囲気はいつまで続くのでしょうか。
ロシア(ソ連時代から)だって、ずるいことをしてないとはいいません。体操のこともあるし。
でも、基本的にその競技で、他国にうむを言わせないほど強くなってしまうのです。
ラフプレーも少ないし、これはほんとにいいことだと思います。

ソチ五輪に向けてどんな展開をするか、興味津々です。
りら
2008/11/17 22:45
ヤグディンは私の中で永遠に一番だと思います(笑)。

結構、ヤグディンも今のスケートは好きではないのですね。。プルシェンコや、ミ―シンさんも批判的な意見が多いですよね。。

ヤグディンの目に小塚君が一番に映ってるのはうれしいですが、Pチャンが可哀そうな気が・・

あ、お許しありがとうございます(*^_^*)
ecoさんの記事について、いつ書くかは未定ですが、書きあげたら報告しますので☆

といっても、私のは、くだらないブログなんでecoさんの記事が台無しになってしまいそうですが(^_^;)
sorachi
2008/11/17 22:48
りらさん
ヤグディン、はっきり言っちゃってますね。ロシア人のインタビューを読んでいると、はっきり言っちゃう人が多いように思います。

私も新採点法が好きじゃないんですが、私の好きじゃない一番の理由は…「置いてけぼり」にされるから!だって、以前なら「よし、5.8が5人、5.9が4人!」みたいに予想して楽しめたのに、それが今ではぜんぜん出来なくて寂しいんですよー。

しかし、「政治」が働いたという理由で改正されたルールなのに、やっぱり政治の臭いがすると言われてしまうなんて、なんとも皮肉な話ですね。。
eco
2008/11/18 23:06
sorachiさん
ヤグディンはもはやフィギュア界の伝説みたいな感じでよすね…まだ20代なのに!(ウソみたい)

結構はっきり批評しているように見えますが、ヤグディンはロシア人にしてはコメントが柔らか目かもです(笑)

「お許し」とか「台無し」とか、敷居を高く感じさせてしまっているようでスミマセン。あんまり気を遣わないでくださいね〜〜^^
eco
2008/11/18 23:07
ecoさん、いつも私の過激な意見に付き合ってくださってありがとうこざいます。

今日から、NHK杯プレーバック始まりましたね。
私の大好きなグリチュク?・プラトフ組も登場。
伊藤みどりさん!スルヤ・ボナリーちゃん!すっごいジャンプで6.0 6.0 6.0 6.0 6.0 ・・・ですねー。

ヤグディンはNHK杯には出ていなかったような....
会場のお客さんも採点していたのは楽しかったですね。私もいつも採点してましたねー。

他の方のコメントも楽しく読ませてもらっています!!
りら
2008/11/19 22:22
りらさん
NHK杯プレーバックは最高ですね〜〜。みどりちゃんのジャンプに家族全員で「へっ!?今の、何!?!?」状態でしたよ。初めて見るペトレンコ様の現役時代の演技には「きゃー、ボリショイ・バレエのプリンシパル〜」って叫んでました(笑)
今夜も見応えありましたねー。やっぱりスルツカヤ大好き!プルシェンコの巧さは異常!(褒めてます)。で、本田君に今更ながら感動!!「上のロシアの2人」があまりにも凄すぎたんでしょうねぇ。男らしくて素晴らしい演技でした☆
eco
2008/11/20 21:40
遅ればせながらですが、エリックのミーシンコーチとヤクディン(すごっ!)の訳ありがとうございます(^^)
小塚くん好きなので認められているのがうれしいです。こんなに早くミーシンコーチの小塚君評が聞けるとは思ってませんでした。しかも予想よりずっと好評価だし(笑)
私は小塚君が好きですがもう一つ上の世代(ジュベールやライザチェック)と競い合ってるところが見たいですね。やはりベテラン選手ががんばっている姿は好き嫌いは別にしてうれしいので。

本田くんは今見ても感動しますよね。すごくかっこよかったです。あのロシアの2人と一緒の時代にいたから成績的には難しかったかもしれませんが、ライバルがいたからこそ成長できる部分もあったんじゃないかと思います。
ユリ
2008/11/22 13:10
ユリさん
ミーシンは別のインタビューでも「もしプルシェンコが復帰したら、ライバルは誰になる?」と聞かれて「小塚とチャン」って答えてましたよ。スゴイですよね!

私も初めて小塚君を見たときに「第二のエルドリッジだ!」と思って、それからずっとお気に入りのスケーターなのですが、ベテランにももっと長く頑張ってほしいので…ユリさんと同じ気持ちだと思います。

ジュベールにはロシアで優勝して、ファイナルに出てもらいたいな〜。
eco
2008/11/23 00:14
ecoさん

なんってうれしいミーシンコーチのお言葉!
読んでて「まぁぁ!!!」ってなっちゃいましたよ(*^^*)

ecoさんが小塚くんお気に入りなのは意外な。。ロシアンぽさがないのにちょっと予想外でした。
なんだかすごくうれしいです!

ジュベール、ロシアカップで優勝しましたね!
くー、うれしい!!
ユリ
2008/11/23 18:25
ユリさん
もちろんロシアのスケートスタイルは大好きなのですが、ロシア人以外でも好きな選手はいっぱいいるんですよー。エルドリッジ、小塚君、ランビエル、マイズナー、陳露、キャンデロロ、アニシナ&ペイザラ、クワン、コーエン…数え上げたら切りがないですね(笑)
今回のジュベールのショートは、ショートなのにエキシビみたいで、めったに見られないレベルの素晴らしい演技だったと思います!
eco
2008/11/23 19:41
これで今日何回目の投稿か(^^;;

ecoさんのジュベールべた誉めで動画を見てきました。ジュベらしさ満開でジャンプも決まりめちゃのりのりでしたね!!エキシビっぽいんだけどちゃんと競技用として通用しているし。
演技と関係ないんですけど、長さ的にロシア国旗なのに向きを変えてフランス国旗にしてたり(色の順番がフランスと違うけど)、ロシア国旗をそのまま振る観客を見て微笑ましかったです。とにかく国旗を振りたい衝動にかられるくらいエキサイトしたんだ、というのが伝わってきました。

ecoさんの好きな選手、私も何人かかぶってます(^^)
見ているとどんどん増えていって、本当に数え切れなくなりますよね。
ユリ
2008/11/23 22:24
ユリさん
連投ありがとうございます、おつかれさまです(笑)
ロシア国旗を縦にして振る観客!なるほど、フランス国旗ということにしたかったんですね!うん、きっとそうに違いない!
タラソワさんのスタオベも面白かったですね〜。横から見ると、本当にでかい!!(笑)
eco
2008/11/24 15:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
<それでも我々は“6.0”の住人だ>アレクセイ・ヤグディン ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる