ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS アニシナが男の子を出産

<<   作成日時 : 2009/01/12 05:38   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

アニシナの夫、ニキータ・ジグルダは1961年生まれの47歳。
ロシアの俳優、シナリオライター、映画(舞台)監督、詩人、バルド(吟遊詩人)。
(※ロシア語版ウィキペディアより)

この記事を読む限りでは、型破りでおもしろそうな方ですね〜^^






アニシナがジグルダの息子を出産

男の子はすぐに4つの名前をもらった



今週の水曜日、1月7日(※旧暦のクリスマス)に、世界的に有名なフィギュアスケーターであり、ニキータ・ジグルダの妻であるマリーナ・アニシナが、フランスで男の子を出産した。

33歳のスポーツ界のスターは、すでに2ヶ月前にビアリッツ(※フランスの都市)へ移った。第一子の出産という、自らの人生で最も気をもむ事件に備えるためだ。マリーナの言葉によれば、彼女は待ち受ける試練をまったく恐れなかったという。なぜなら、夫が“恐がることを禁止”したからだ。
 
若い母親も坊やも産後の経過は順調だ。マリーナ・アニシナはすでに3月初めからヨーロッパツアーに出る計画を立てている。

『トゥヴォイ・ジェーニ(君の日)』のリポーターとの会話の中で、ニキータ・ジグルダという突飛な人物は、この幸せな事件のことを次のように語った。


 「ことは天のご計画どおりに起こったのだ。処女マリア・アニシナは、キリスト降誕の日に、自然の法則に則って神聖な男の子を産んだ。ビアリッツの街はこの慶びに敬意を表し、自らを甘やかすことなく雪で覆った」


名前


息子を溺愛する二人は、彼にただちに与えた…4つの名前を!


 「ひとつはフランソワに決まっている!私の愛するフランスの詩人、フランソワ・バイロンに敬意を表してのことだ。我々は息子に王の名を見つけようとしている。母親のマリーナが気に入っているのは、例えば、ルイ、それからフィリップ…しかし、ロシアではフィリップはそぐわない(?)。ルイも同じだ。健康的でないイメージをもたらす可能性がある。我々は総合的に考えている。早急にはっきりとした結論を出そう。私がそうしたいのだ。ばんざい!」



2009年1月11日
『トゥヴォイ・ジェーニ(君の日)』




<原文>
http://www.tden.ru/articles/037000/
<出産直前?の写真>
http://www.zhizn.ru/upimg/-314/dji_2.jpg



<自習メモ>
запреща'ть/запрети'ть 禁止する
гастроль 客演、巡業

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アニシナが男の子を出産 ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる