ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS シハルリドゼはペアとダンスのメダルを期待している

<<   作成日時 : 2009/03/18 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シハルリドゼは 2009世界選手権において
ペアとダンスでのメダル獲得を期待している



モスクワ、3月16日、RIAニュース

2009年のフィギュアスケート世界選手権で、ロシア選手団からはペアとダンスのメダルを期待できる ― 五輪チャンピオンでロシア連邦国家院議員のアントン・シハルリドゼはそう考えている。

2009世界選手権のメダルの展望を、『RIAニュース』が聞いてみた。
 
「もちろん、我々はダンスのメダルを期待しています。ペアでも獲れると思いますよ。でも、男子と女子は(メダルのことを考えるのは)まだちょっと早いでしょう」

シハルリドゼは記者との会話の中で、今ロシアのフィギュアスケート界では世代交代が行われていると指摘した。

「これは避けられないことでした。なぜなら、天才的世代と言っても良いスケーターたちが引退してしまったからです。今は次の世代が育っているところです。ライバル選手たちと同レベルでの戦いができるようになるまで、彼らには時間を与えてあげる必要があります。毎年毎年わがチームの結果は、もちろん今のところという意味ですが、勝っているとは言えないし、良くなっていません」

「バンクーバーオリンピック(2010年)には、当然メダルをいくつか期待できると思いますよ」と、これらの賞の価値を詳しく説明するわけでもなく(?)、シハルリドゼは付け加えた。

国家院議員いわく、今回の世界選手権で興味があるのは、ロシアのスケーターたちを見守ることだそうだ。他の国には気に入った選手がいないらしい。

「自国の選手たちには本当に夢中になっています。彼らの演技を見る方が面白いのです。フィギュアスケート界には今、明るい星(※スター)が見あたりません。世代交代が行われているのはロシアに限ったことではないのです」

「現在のフィギュアスケート界には、押しも押されもせぬ権威というものが存在しません。そういうことも含めて(?)、我が国の若い選手が近い将来、世界選手権やオリンピックで勝つ可能性は十分ありますよ」と、五輪チャンピオンはしめくくった。

 2009年フィギュアスケート世界選手権は、3月23日〜29日、ロサンゼルス(アメリカ)で開催される。


2009年3月16日
『РИАニュース』



<原文>
http://www.rian.ru/sport/20090316/165054931.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

シハルリドゼはペアとダンスのメダルを期待している ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる