ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS (タラソワのコメント・男子シングル)

<<   作成日時 : 2009/04/04 02:20   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

4/15 間違いを教えて頂いたので訂正しました。


世界選手権の総括記事なのですが、長くて難しいので
タラソワのコメント部分を中心に抜粋翻訳します。
細かい間違いは必ずあると思いますので、どうかご了承ください。
今回は男子シングル、次回はアイスダンスについてです。
残念ながら、女子シングル・ペアに関するコメントはありません。





 (序文・略)

<ジュベールも天才>


 (男子シングルについて・略)


 男子の競技終了後、ミックスゾーンでジュベールを見つけたタチヤナ・タラソワは、ロシア語と外国語が入り交じった大きな声でひとり喋っていた。「4回転トゥループよ。分かった?」と彼女は問いただした。
 フランス人はショートプログラムでトップに立ち、当然ながら“金”を期待されていたが、この時はすっかり気落ちし、まるで失敗をやらかした生徒のように頭をふって頷いた。

 後になってタラソワは、ロシア人ジャーナリストたちに次のように説明した。
 「人はそれぞれ自分自身の道を進むべきで、自分に楽をさせてはいけないのです。私はジュベールに、あなたは大きな間違いを犯したと言いました。彼の道は、4回転ジャンプです。彼にはそれができます。そして勝つためには、その4回転に対する高い目標を掲げなくてはいけません。
 ジュベールは、その超人的なパワーと能力で会場を一杯にすることができます。その力を発揮すれば、つまり彼が会場をエネルギーで、素晴らしいクオリティーで満たすことができれば、彼はすべてを手に入れるでしょう。このフランス人は、4回転を2本跳ぶときに奮い立つのです。自分を甘やかしてはいけません。これはスポーツ選手ならきっちりと身につけるべきことです」

 「ライサチェクはまた別のケースです。彼には大きなジャンプはありません。その代わり、豊かな経験と明晰な頭脳を持っています。あの身長でジャンプを跳ぶのは非常に難しいことです。彼のトレーニングを見れば、いかにジャンプに苦労しているかがわかりますよ。誰にも望まないでしょう(?)。
 でもイワン(タラソワはアメリカ人の名前をロシア風に言い換えた―筆者注)は、勝つためには何をすればいいのか分かっていました。彼はすべてを簡単に手に入れたわけではありません。勝利というのは簡単に手に入るものではありません彼はすべてを簡単に手に入れているわけではありません(何を習得するにも苦労しています)。だけれど、そうやって何にでも苦労する人間こそが、勝つのです。

 「以前は、2本目の4回転ジャンプの質と出来ばえで勝者が決まっていました。ジュベールも天才です。もし彼が4回転を2本、もしくは3本跳んでいたら、彼は頂点に立てたでしょう。評価を下げるべきではありません。
 現在のルールは確かに選手を弱体化させています。難しいエレメントやジャンプを回避することが可能です。今回の選手権で銀メダルを取ったカナダのパトリック・チャンを見てください。私たちは彼が名手で、素晴らしいスケーティング技術を持っていることが分かります。私は彼のトレーニングを見ました。アクセルに苦労していて、転倒して背中を打ったり頭を打ったりしています。でも試合でアクセルを抜いているわけではありません。しかし同時に彼は、自分が持っている質の高さと戦術をよく知っていて、それを利用しているのです。つなぎ、部分(※ピース?トリック?)、そして、とても複雑な“ごちそう”。これが彼のスケートです」


 (続)


2009年3月30日
オリガ・エルモリナ
ロサンゼルスより



<原文>
http://www.vremya.ru/2009/52/11/226005.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
うわー、すごく読みたかった内容の訳をありがとうございます。タラソワさんのお言葉だけあって説得力がありました。イワン(←誰?って思いましたよ^^;;)とジュベールの比較にふむふむとうなづきました。

自分を甘やかしてはいけない、耳に痛いです。。。

ユリ
2009/04/04 22:36
こんにちは!初めてきました。よろしくm(_ _)m

ミーシン大師もそうですが、やはりロシアの重鎮たちの価値観は我々日本人に近いみたいですね。
真央のコーチを引き受けてくれた理由が判りましたよ。

今後ともロシア関連の情報、よろしくお願いします。
あてにしてますので。
kalaf
2009/04/04 23:29
こんばんは。ここ1週間程、ちょくちょく覗かせて頂いてます。ロシア語ソースのフィギュアスケート情報が詳細に拝見できるのがとても有難いです。自分も勉強したくなってきました!今後の記事も楽しみにお待ちしております!!(^−^)
meke
2009/04/05 00:31
ユリさん
「エヴァン」→「イワン」への変換、笑いました(笑)
でも、「人はそれぞれ自分の道を進むべき」という言葉には納得です。ライサチェクは今季なかなか結果が出なかったけれど、自分の道を進み続けて最後に勝った。ジュベールは来季こそ「4回転の道」を進むのでしょうね。Pチャンの道は「ごちそうの道」!? ここがよくわからなったのがとても残念です。。
eco
2009/04/06 00:31
kalafさん
はじめまして、こんにちは。
確かにミーシン教授もタラソワ女史も、けっこう精神論を語っている感じがしますね。今回は残念な結果になりましたが、それでも真央ちゃんには「トリプルアクセルの道」を歩ませ続けるのだろうなと思いました。

これからシーズンオフに入るので、残念ながら更新頻度は下がると思います。でもオフ中に勉強して、来季は翻訳の精度を上げられるようにしたいと考えていますので、よろしくお願い致します。
eco
2009/04/06 00:48
mekeさん
ようこそお越しくださいました^^
ロシア語ブログのつもりで始めたのですが、ほぼフィギュアスケートブログと化していますね(笑)
でも、途中で挫折しやすい語学の勉強も、自分の好きなもののためなら続けやすいので、mekeさんも是非ロシア語に挑戦してみてください!
eco
2009/04/06 00:48
サーフィンしていたら面白いブログにあたってうれしいです。
私もスケート、ロシア語ともに好きなもので…
ジュベについてのコメントですが、「彼はすべてを簡単に手に入れるわけではない(何を習得するにも苦労している)。だけど、そうやって何にでも苦労する人間こそが、勝つのよ。」だと思います。
色々な記事をよくお読みになっていますね。参考にさせていただきます。
通りすがり
2009/04/15 01:16
通りすがりさん
コメントありがとうございます^^
あっ、ほんと、仰るとおりですね!やっとこの文章の構造がわかりました…なぜか勝手に過去形にしてるし、お恥ずかしい限りです。。
有り難いことにたくさんの方が読みに来て下さっているので、間違いを教えて頂けると本当に助かります。これからも何かお気づきの点があれば、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>
eco
2009/04/15 20:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(タラソワのコメント・男子シングル) ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる