ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS シーズン間のニュース

<<   作成日時 : 2009/05/14 22:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

ペア解消やコーチの変更って多いんですね…
アイスダンスのことは全く詳しくないのですが
これからソチに向けて少しずつ情報収集していこうと思います。




シーズン間のニュース


 今日までの間に、早くも(一度に?)数組のダンサーがコンビの解消、またはコーチの変更を行った。
 まず、ジュニア世界選手権の銅メダリスト、エカテリーナ・リャザノワ/ジョナサン・グレイロ(コーチ:スヴェトラーナ・アレクセーエワ、エレーナ・クスタロワ「シーニャヤ・プチーツァ(青い鳥)」)がペアを解消した。エカテリーナは現在、オジンツォヴォのリンクで、イリヤ・トカチェンコ(2005年ジュニア世界選手権銅メダリスト)と組んでトレーニングしている。
 ジョナサンはエカテリーナ・プシュカシュ(2009年ロシア(※ジュニア)選手権2位。当時のパートナーはドミトリー・キセリョフ)とコンビを結成し、アレクサンドル・スヴィーニンとイリーナ・ズークコーチのいる「ソコルニク(鷹匠)」へ移った。

 先日のロシアカップ・ファイナルの勝者、アナスタシヤ・プラトノワ/アレクサンドル・グラチョフ(コーチ:スヴェトラーナ・アレクセーエワ、エレーナ・クスタロワ「シーニャヤ・プチーツァ(青い鳥)」)は、コーチの変更を決意し、アレクサンドル・ズーリン(「セントラル」リンク)の元へ移った。ズーリンのグループには、フランスのナタリー・ペシャラ/ファビアン・ブルザがおり、ロシアの前途有望なペアであるエレーナ・イルイニフ/ニキータ・カツァラポフもトレーニングしている。
 しかし、それと同時に、ズーリンについていた別のペア ― ナタリヤ・ミハイロワ/アルカジー・セルゲーエフ ― が姿を消した。

 変更を行ったのはロシアのダンサーだけではない。フランスの3番手、ペルネル・カロン/マチュー・ジョスト(2009年ヨーロッパ選手権6位)の二人も別れた。現在ペルネルは、ウェールズ人のロイド・ジョーンズという無名のコーチの元で、試験的に滑っている。


2009年5月5日
Fenomen(FSNEWS)



<原文>
http://fsnews.ru/index-m-single-id-615.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
シーズン間のニュース ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる