ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS 未来の五輪選手は身体的素質と芸術性で選ばれる

<<   作成日時 : 2010/04/29 02:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 3

イリヤ・クリムキン発見!ということで取りあげてみました。
記事ではズークの発言となっていますが
動画ではクリムキンが同じようなことを話しています。
両親が太り気味だと90%の子どもは滑れなくなる??
みたいなことを言っているような気がしますが
(イリヤさんの滑舌はちょっとハードルが高いです・汗)
プルシェンコのお母さんはかなり大きかったような…
しかし、確かにみんなスタイルが良くて所作が美しいですね!!




2010年4月28日
ローラ・サイトメトワ、セルゲイ・ベズノソフ

未来の五輪選手は身体的素質と芸術性で選抜される


 モスクワにあるゴメルスキー・オリンピック予備学校では、4種目で1600人の子どもたちがトレーニングに励んでいる。その厳格な選抜は小さな選手たちだけでなく、両親たちにも行われている。

 アイスダンスロシア代表チームのコーチ、イリーナ・ズークの言葉によれば、フィギュアスケート部に入る子どもを選ぶ規準の中で重要なのは、その子の身体的素質と芸術性、そして、奇妙なことだが、スタイルの良い両親であることだ。

 「私たちは必ず両親にも目を向けます。なぜなら、ママとパパが太りやすい体質だと、子どももそうなる傾向があるからです」と、ズークがノーボスチ通信に語った。


 (略:バスケットボール部の話)


 オリンピック予備学校の生徒は全員、小さい頃から健康的な生活を送り、正しい食事をしなければならない。最も厳格なダイエットを行うのはフィギュアスケーターで、甘いものやカロリーの高いものは食べられない。水泳選手はその逆で、厳格な規則はない。

 「水泳部の子どもたちは何でも食べます。なぜなら、たくさん泳ぐためにはパワーが必要だからです……」


  (略)


 コーチたちが言うには、子どもたちがしかるべき結果を出すためには、10〜12年間のトレーニングを積む必要がある。




<原文・動画>
http://sport.rian.ru/sport_videos/20100428/227743069.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。お久しぶりです。いつも本当に楽しみに拝見させていただいています。

以前はソ連・ロシアで両親の体型による事前審査をしていたが、それは70年代には廃止されて、親が太っているからという理由で即切られることは無くなった、というようなことをバレエ関係の本で読んだ気がしてたのですが、やはりまだその意識は根強いのですね!もう無くなったんだと思ってたんで少し驚きました!

それくらい(足切りしなきゃならないくらい)フィギュアスケート学校に入りたい子供が多いってことなのかな、とも思いました。
プルシェンコのお母さんは確かに痩せてはいませんが、お父さんが痩せ型ですね。それに加えて数少ない男の子だったから、足切りされなかったのかな?なんて(^-^;
茸の女王 aka Лена
2010/04/30 12:55
両親の体型を資質遺伝的観点から問題にするのって、どうなんでしょうね?ロシアには旧ソ連時代のルイセンコ学説のような「前科」もあることだしw

アメリカでもブッシュ政権の国務長官だったライス女史のIQが非常に高いことを大宣伝するような蒙昧が見られましたが、人間の能力ってそんなに一面的、先天的なもので測れるのでしょうか?隔世遺伝や後天性獲得形質遺伝を考慮することだって必要だし、あの頭脳明晰なハズのライス女史だってイラク戦争でブッシュの提灯持ちを続けたあげく大失敗してしまいましたからねwww

ま、それでもフィギュアをやりたい人は、国家支援なんてあてにせず完全な趣味でやれば、ということかな?
kalaf
2010/04/30 15:12
茸の女王さん
お久しぶりです!
バレエのお話、教えてくださってありがとうございます。私は今でもワガノワバレエ学校などは、親戚に太った人が1人いても入学できないものとばかり思っておりました…認識が古すぎ!?

動画の中で、この予備学校にある4つの競技の中でフィギュアが一番人気だとレポートされている(ここはなんとか聞き取れました)ので、それぐらいの選抜をしなきゃいけないのかもしれません。

プルシェンコのお父さんは確かに痩せ型ですが、外見はマーマそっくりのような…太りにくい体質でもなさそうですし(汗)。でも、一年で10kgのダイエットができるアスリート魂の方がずっと重要ですね、きっと!!




kalafさん
私の両親は二人ともいわゆる肥満体型ですが、私自身はどちらかというと細い方で、完全に隔世遺伝(祖母そっくり)です。なので、もし自分がこんな風に選考されると悲しいだろうなと思います。

ただ、実際に五輪選手を育てているコーチの言葉ですから、それを簡単に否定することもできません。難しいですね。
eco
2010/04/30 21:47

コメントする help

ニックネーム
本 文

未来の五輪選手は身体的素質と芸術性で選ばれる ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる