ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS <ミーシンコーチはおもしろい人>トゥクタミシェワ

<<   作成日時 : 2011/04/17 21:56   >>

かわいい ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 4

「モスクワ・ニュース」という初めて見るサイトに載ったインタビュー。
子どもらしさと分別とが同居しているという感じでしょうか…
ミーシン教授を怖がってはいないようでホッとしました(笑)



2011年4月13日
オリガ・エルモリナ

エリザベータ・トゥクタミシェワ
ミーシンは良いコーチで面白い人

ロシアフィギュアスケート界の希望エリザベータ・トゥクタミシェワは
ライバルを羨んではいない


エリザベータ・トゥクタミシェワは、年齢制限のため、モスクワで開かれる世界フィギュアスケート選手権には出場できない。この才能あふれる若い選手は、エフゲーニー・プルシェンコを育てたアレクセイ・ミーシンの指導のもと、ソチ五輪に照準を定めて準備をしている。シーズンを締めくくる大会を前に、14歳のスケーターがチームでの自分のポジションについて話してくれた。

 ― アレクセイ・ミーシンコーチは、あなたの準備のスピードを上げる必要はないとお考えです。同い年のアデリナ・ソトニコワがすでに二度ロシアチャンピオンになって、その陰に隠れているのは悔しくないですか?

 もちろん悔しいです。少しイライラもします。でも、トレーニングをすること、待つこと、自分を信じることが必要です。

 ― でも、あなたを見ていると、自分に自信を持てない選手という印象は受けませんが?

 見せないように努力しているだけです。と言っても、リンクへ出る前にふるえることもあります。でも、それを誰かに見られたくないんです。

 ― あなたはグラゾフ出身で、そこには強いフィギュアスケート学校はありません。いったいどんな経緯で氷の上へ運ばれてきたのですか?

 どうだったのか自分ではわかりません。4歳か5歳のときなんですが、ママとパパと2つの説があるんです。私の両親はスポーツをしています。パパはサッカーのコーチで、それまではスキーの等級を持っていました。ママはバレーボールをやっていて、今は小中学校で代数と幾何の先生をしています。5年生から9年生まで、ママは私のクラス担任でした。
 ママの説によると、自分の生徒の中にフィギュアスケートのコーチ、スヴェトラーナ・ミハイロヴナ・ヴェレテンニコワの娘さんがいたそうです。ある日そのナスチャが家で私の話をして、それでコーチが私をリンクへ連れて来るようにすすめたんだとか…でもパパの説はぜんぜん違うんです。夏にスポーツ合宿があって、そこへコーチとして参加したとき、私を一緒に連れて行ったんだそうです。そこでフィギュアスケートを始めたばかりの子と親しくなって、それでこのスポーツを選んだと言うんです。

 ― そしてミーシンコーチがあなたに目をつけた?

 ベルゴロドに「ミーシン杯」という名前の試合があるんです。私はコーチに連れられて出場しました。9歳のときで、私は1位になりました。フリープログラムが終わって、嬉しくて、幸せな気分で、リラックスしていたとき、突然スヴェトラーナ・ミハイロヴナが走ってきたんです。「服を着て。トレーニングに行くわよ。ミーシンが来るの。あなたを見たいそうよ」って。

 ― どういう人なのか知っていましたか?

 その頃はフィギュアスケート界の人を誰も知りませんでした。なぜそんなことをするのか、何のためなのか分かりませんでした。リンクへ出て、ただトレーニングをして、エレメンツをやりました。終わってからミーシンコーチが「電話をするから待っていなさい」と言いました。そして次の日に電話がかかってきて、「ピーテル(※サンクトペテルブルク)へいらっしゃい」と言われたんです。

 ― あなたはどんな反応を?

 その時はたった10日間行っただけだったので、冷静に受け止めました。私は少し周りの様子を見ていました。そして心の中で「素晴らしいわ。プルシェンコと一緒にトレーニングができる」と思いました。結局、彼はトリノ五輪の後に引退してしまって、それを知ったときはがっかりしました。でもすぐに「何でもないわ」と思いました。アレクセイ・ニコラエヴィチはとても良い人で、ぜんぜん厳しくないとわかりました。コーチは経験豊かで、いつも選手のことを分かってくれます。ミーシンは良いコーチで、おもしろい人です。

 ― ペテルブルクでの生活ですが、最初の頃は大変でしたか?

 とても大変でした。テクニックを全部変えることになりました。それだけでこの街を憎らしく思ったぐらいです。ピーテルへ行きたくなくて、スケートをやめることも考えました。でも、問題はトレーニングだけじゃなく、スヴェトラーナ・ミハイロヴナに監視されて生活していたこともありました。他の子たちはおばあちゃんや、おじいちゃんや、両親と一緒に来ていたのに…

 ― 彼らはわが身の不幸を嘆いたでしょうね(?)。

 うん…でも、私は泣くのは嫌いなんです。ママやパパの前でも泣きません。泣くのは一人でいるときだけです。でも、色んなことをなんとか乗り越えてやっています。

 ― 他の選手たちと違うグループに分けられていることを、どんな時に感じますか?

 正直言って今もわかりません。とにかくトレーニング、トレーニングです。朝1時間半、夜2時間。毎日です。私たちのリンクはグラゾフにあって、試合前になるとピーテルへ合宿に行くんですが、どちらにしても家にはあまり居られません。ジャンプは最初からできました。でも、自分がどうやって跳んでいるのかは説明できません。「どうやってジャンプしてるの?」という質問は嫌いです。行って、跳ぶ。素早く回って、着地する。これは私にとって、例えば息をするのと同じぐらい自然なことなんです。

 ピーテルへ来るまで、私のプログラムは少しぎこちなく見えました。大きな街のスケーターと違って、グラゾフのリンクには振付師がいなかったからです。私が習ったのは、ジャンプと、(スケートで)前へ進むことだけです。今ではプログラムもあざやかになって、2人の振付師と一緒に練習しています。順調に進んでいますが、完璧さへの限界はありません。アレクセイ・ニコラエヴィチから、リンクへ出る時によくこう言われます。「どうしてそんなに固くなっているのか」って。今のところ、自分と他の人とは何かが違うとは感じないんです。きっと、そうですね、私はそういう性格じゃないんです。私は一緒に戦う選手のことを敵だとは思っていません。そう、人に対してすごくオープンなんです。仲良くするのが好きだし、仲良くすることができます。それに、私のことを好きじゃない人に対しても、その人が私に反感を持たないようにするんです。

 ― スポーツの世界でそういう性格だと、きっと厄介なのでは?

 厄介です。私は子供っぽいおバカさんなんです。みんなが天使で、良い人だと信じてるんです。実際はそうだとは限らないのに。でも、今はまだ人を見分けることができません。変わらなくちゃいけませんね。



<原文>
http://mn.ru/sports/20110413/300996909.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 55
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
リーザのインタビュー訳ありがとうございます。
見た目の雰囲気と、人柄とが随分違うので、意外でした。
凄く大人びているし、キスクラでミーシンを鼻にも掛けない(笑)雰囲気なのが、とても面白いなあ〜なんて思っていたのですが…。
人を疑う、と言う事をまだまだ知らない年頃なのでしょうね。周りが大切に見守っていれば、成長して行くと共に、素敵な女性になっていきそうです!
ケロ
2011/04/18 00:31
ケロさん
ほんとですよね、私も「うーん、つかめない子だ…」なんて思いながら訳してました。ひょっとすると、インタビュアーの持って行き方が良くなかったのかもしれませんが(^^;
今シーズンはGPシリーズに出てくると思うので、今から本当に楽しみです☆
eco
2011/04/18 00:42
訳ありがとうございます。今年の12月のカナダファイナルでリーザを知ってファンになりました。純粋さが随所に見えますね!とっても可愛い。のびのびスケートを楽しんで欲しいですね。

2011/12/12 08:47
山さん
懐かしい記事へのコメントありがとうございます。
といっても、この時からまだ1年も経ってないんですね。最近のインタビューを読んでいると、短期間でずいぶん大人になったんだなぁと改めて感じました。4回転もそのうち跳べるようになると思うと発言してますし、これから本当に楽しみですね!
eco
2011/12/14 13:31

コメントする help

ニックネーム
本 文

<ミーシンコーチはおもしろい人>トゥクタミシェワ ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる