ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS エフゲニー・プラトフ BOSS (6・完)

<<   作成日時 : 2013/09/12 16:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

最後は仕事観のお話。いつかプラトフ先生のもとから五輪チャンピオンが育つといいなと思います。




仕事に精魂を傾けられないと すぐ駄目になってしまう

 ― あなたはどうですか?誰かと組んで仕事ができたと思いますか?

 さっきお話ししたとおり、ボスでいる方が好きなんだ。マイア・ウソワとはしばらく一緒に仕事をしていたことがあって、たしかに彼女とは組んでたよ。ただ、となりにもう一人カリスマ的なコーチがいた場合、自分がどう振る舞えばよかったのかは分からないな。

 ― アンジェリカ・クリロワと同じリンクで練習していて、彼女にコーチやボスの素質を感じましたか?

 そのころの僕たちは周囲をぜんぜん見ていなかった。僕らの現役時代は、アイスショーでスケートを続けていけるチャンスがたくさんあったんだ。コーチという職業については、僕の世代の選手たちはほとんど考えてなかったな。その難しさをよく分かってたし。でも今は時代が違う。カー姉弟も、レベルの高い試合に出ながら誰かにプログラムをつくったり、誰かの相談役を務めたりしてたからね。アメリカではこれで十分な生活が保証されるけど、ショーの方は年を追うごとにどんどん少なくなってる。「アイス・エイジ」で仕事をもらえるのは、ロシアのスター選手たちとごく僅かのヨーロッパ人だけだよ。

 ― 自分にコーチの素質があるとは思っていなかったとか?

 コーチ畑でやって行くことはジュニアの頃から試してたさ。ただ、コーチというものがどれほど大量の知識を持ち、どんなにたくさん働かなくてはいけないか、現役時代にはちゃんと想像できなかった。

 ― ボスとしての自分の真価を発揮できる、何か別のビジネスを考えてみたことはありますか?

 グリシュクと一緒に滑るのをやめて、その後5年間ウソワとショーで滑っていたときは、氷も見たくないほどだった。自動車関係のビジネスを試しに始めてみて、結構うまく行って、いくらか収入が得られたぐらいだったんだよ。ただ、手応えも満足も感じなくてね。単純に面白くなかったんだ。創造的個性としての自分が死にかけていると分かったときに、選手のサポートを依頼された。これはサインだったよ。仕事に精魂を傾けられず、ただの稼ぎの手段として見ていると、駄目になっていくんだ。

 なんだかんだ言って僕たちは幸せな人間だ。好きなことをやって、それで収入まで得られるんだから。


 (終わり)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ecoさん。翻訳ありがとうございました。そしてお疲れさまでした(*^_^*)

コーチとしてのプラトフはまだまだこれからですね。今日のスポーツのコーチングとしては、名参謀が不可欠ですが彼は誰と一緒に仕事をしていくのか興味があるところです。

>モロゾフ氏は、テサモエとメリチャリのことを「ステップはワールド6〜7位ぐらいのレベル。ジャッジのレベル判定が甘い」みたいな発言をしているのですが、どうなんでしょうか??

さすがにそれはないと思いますけど…(汗)
彼流の「ふかし」のように感じます。今、彼はイリカツに相当入れ込んでいるみたいなので。
そういうこともあってか、アモディオやボロノフが出ていってしまいましたね。

そのボロノフを受け入れたエテリ先生。

>ただ、この2年間は正常な関係ではなかったそうで、「リンクへ花束を持って『ありがとう』と言いに来ることもなく、コーチ変更を決めてしまったのは人間としてとても残念」とコメントされています(泣)

タラソワやモロゾフ位露出が多くなければ、なかなか外野から人となりを推し量るのは難しいですよね。ですからエテリ先生とポリーナの関係がどういうものであったかはわからないですよね。
ただポリーナ側からみると、その愛情がだんだんユーリャに移って行ってしまったと感じたのかもしれません。

リニチュクから去ったグリプラしかり、ミーシンから去ったヤグディンしかり、ロシアの人ははじめに人同志の信頼感ありきですからね。それに、同じカテゴリーでトップ選手を2人抱えることは事実上あり得ませんし。

今後ユーリャとメドベデワが世界のトップレベルに躍り出ると思いますが、どうなるんでしょうか…

ペケモジャ
2013/09/14 01:42
ペケモジャさん
丁寧に答えてくださってありがとうございます^^

そうですよね、さすがにテサモエとメリチャリ6〜7位ってことはないですよね。ふかしすぎても戦略的に裏目に出るのではないかと思うのですが…
イリカツには全力で五輪メダルを獲らせようとしているのを感じます。レオノワは本当に大丈夫なのだろうかと、ちょっと心配。

ロシア人コーチと生徒の関係は、暑苦しいぐらいに密接か、冷え切って決裂するか、どちからという感じなのでしょうか。欧米の合理主義とも、アジアの儒教的な思想とも違いますよね。でも、ある意味羨ましくさえ感じますし、こういう関係にちょっと憧れている自分がいたりします。

いま読んでいるズーリンコーチのインタビューが面白くて、昔のアイスダンスにすごく興味が湧いてきています。またペケモジャさんのところで勉強させてもらいますので、よろしくお願いいたします^^
eco
2013/09/14 23:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
エフゲニー・プラトフ BOSS (6・完) ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる