ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS タラソワ<コフトゥンは青い滑りをした>

<<   作成日時 : 2013/11/24 18:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 1

似たような内容の記事がいくつか出ているので、それを参考に足したり引いたりしてちょっと適当に訳しています。
ブイアノワコーチももう50歳なのですが、タラソワコーチから見れば娘みたいなものなのでしょうか?そして、66歳の自分は150年スケートをやっていると…まさに荒れ地の魔女のような発言(笑)。でも、いつもどおり若いコーチ、若い選手への愛にあふれていて素敵だと思います。



2013年11月23日
イネッサ・ラスカゾワ

タチヤナ・タラソワ
マクシム・コフトゥンは若い魚。
今日は終始若いスケートだった!



 ロシア代表チームとマクシム・コフトゥンのコンサルタントを務めるタチヤナ・タラソワが、グランプリ・モスクワ大会での彼のフリープログラムの演技についてコメントした。マクシム・コフトゥンは総合得点で2位となり、グランプリ・ファイナルのメンバーに選ばれた。とはいえ、フリーではかなりのエレメンツを失敗し、フリーのみの順位は4位にとどまった。


 今日マクシムは、現ヨーロッパチャンピオンのハビエル・フェルナンデスの隣で滑ったという事実から話を始めましょう。このような状況で緊張せずにいられるでしょうか?言うまでもなく彼は緊張しました。緊張しないはずがありません。だって私たちのマクシムは青二才の魚なのですから。今日の彼は終始青い滑りでした。

 それに彼のコーチもとても若い。これからのコーチであるエレーナ・ブイアノワとピョートル・チェルニショフです。その隣にいる私はというと、150年スケートをやっています!でも、150年やっている私もまだ学んでいます。ショートプログラムでいちどに2本の4回転ジャンプを跳べるようにするという経験は、私のこれまでの人生にはありませんでした。1本ダメにすれば、たちまち大量の得点を失ってしまうのです。

 大切なのは、こういうショートプログラムの後の練習で何をするかです。リンクへ出て少し滑って切り上げるのか、それともまったくリンクへ出ないのか。こういったことをすべて、私たちはともに学んでいます。

 そう、私たちはリスクを冒しています。私たちは急いでいます。私たちは、彼が両プログラムあわせて5つの4回転を跳ぶという自身の課題に、昨日の時点から取りかかれるようにしたかったのです。でも、昨日はうまく行かず、今日はご覧のとおりで…これはつまりどういうことでしょうか?待ってほしいということです。もし私たちが信じるように彼を信じるのなら。待ってください。明日という日があります!



<原文>
http://www.sovsport.ru/news/text-item/661968

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
コフトゥンって、技術面でも表現面でも日本勢より意欲的・攻勢的ですね。あのクワド5回だけでなく、エキシビを観てもそれが判る。彼は、アメリカ文化にも舞踏的表現にも意欲的です。その辺が羽生や町田より幅広い。コフトゥンは、物語再現や抒情表現のみならず、パーカシブルやアフタービートも視野に入れている点で、日本勢やミーシャ、ジョニー、大輔フォロワーのフランスジゴロたちよりも万能型だと感じます。

それにしても、彼らに比べるとチャンの表現は貧しいですねw
今のリプニツカヤや14、5歳の頃の真央がそうでしたが、シングルスケーターもエレメンツ表現やスケーティング技術に溺れているだけではダメだと思います。あの四分音符一本槍のスローワルツみたいなオンビートノリ表現だけではあまりにも貧しい。知人のダンサーが「まるで蝶々のマネだね」と笑っていましたが、あれって、スケーティング技術と不可避に連動している単調さなんでしょうかね?w
いずれにせよ彼は、舞踏や演劇世界、ジャズやラテン、そして何よりもヨーロッパ伝統文化と文学的イメージ世界をもっと摂取すべきでしょう。

タラソワ女史もコフトゥンの教育ではチャンの現状を反面教師としてあまり促成栽培に陥って欲しくないですね。コフトゥンは、プルシェンコさえ超えられる可能性をもつ若手ナンバーワンの逸材なんでしょうから。
kalaf
2013/11/25 09:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
タラソワ<コフトゥンは青い滑りをした> ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる