ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS プルシェンコが母の葬儀のため日本から帰国

<<   作成日時 : 2015/07/11 23:26   >>

驚いた ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 5

ひとつ前のエントリーに使用したロシア語記事が、いつの間にか加筆・編集されていました。けっこう内容が違うので、別エントリーとしてUPさせていただきます。



2015年7月11日
tv100.ru


エフゲーニー・プルシェンコが母の葬儀のため
日本からペテルブルクへ戻ってきた



 エフゲーニー・プルシェンコはすでにペテルブルクにいる。母の死の知らせを受けた彼は日本でのツアーをキャンセルし、前日の夜に戻ってきた。これについて、彼をサポートするアリ・ザカリアンが弊局の取材に答えた。

 「病気は重く、長きにわたるもので、彼はこの間ずっと耐え、出来ることはすべてやりました」とアリ・ザカリアンは話す。「一時は良くなりましたが、現在の医学はまだ非力です。一昨日、彼は日本にいました。そして昨日、私たちはこちらへ到着しました。彼が莫大な費用を投じていたこと、最高の薬を手に入れていたことを私は知っています。しかし、このような場合、もう何も役に立たないと思います」

 いま、このスケーターは母親の葬儀の準備をしている。タチヤナ・ワシリエヴナは不治の癌のため59歳で死去した。葬儀は7月13日(月)、ペテルブルクで執り行われる。

 タチヤナ・ワシリエヴナ・プルシェンコは、エフゲーニーの最初のコーチと呼ばれる。スポーツ学校のレッスン以外に、彼女自ら家で追加的にトレーニングを行っていたのだ。1994年、母は彼をボルゴグラードからペテルブルクへ連れてきた。伝説的コーチ、アレクセイ・ミーシンのトライアルを受けるために。そのときエフゲーニーは満11歳。数年間、彼女は2つの町で暮らした。ペテルブルクでは息子と、ボルゴグラードでは夫と娘とともに。はやくも15歳でエフゲーニーは世界選手権とヨーロッパ選手権のメダルを勝ち取った。彼の全キャリア通じて、ママは彼にとっていちばんのサポーターであり支柱であり続けた。




<原文>
http://www.tv100.ru/news/evgenij-plyushenko-pribyl-v-peterburg-na-pohorony-materi-109152/


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
最近特に気になっていましたが、お元気なのかな〜??と。重篤な癌だったのですね。お悔やみと感謝を伝えたいです。
るしー
2015/07/12 10:13
彼の生い立ち、幼いころの苦悩、未来
全てを支えてくれた大切なお母様でした。
ご冥福をお祈りします。
スケートファン
2015/07/12 12:00
るしーさん
最近はむしろパパさんの方がテレビに出てきてましたし、体調が良くないとは聞いていましたが、癌だったとは…ご冥福をお祈りするばかりです。ジェーニャもはやく元気を取り戻せますように。


スケートファンさん
今いろんな記事を読んでいますが、このお母さまがいなかったら、皇帝エフゲーニー・プルシェンコは本当に存在しなかったのだなあとしみじみ思います。偉大なお母さまに敬意と感謝を。
eco
2015/07/13 23:05
お母様の最後に立ち会えなかったということですよね
なんとお気の毒な・・
ご冥福をお祈り申し上げます。
エンゼル
2015/09/09 16:57
エンゼルさん
お返事がたいへん、たいへん遅くなってすみません!!
お母さまのことは本当にお気の毒でしたが、なんとなく覚悟していたのかなぁとも思いました…ご冥福を祈るばかりです。
eco
2015/09/20 00:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
プルシェンコが母の葬儀のため日本から帰国 ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる