ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS ベルネル<プルシェンコを2度、信じなかった(下)>

<<   作成日時 : 2016/02/13 20:06   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

《 ヨーロッパに現れるのは個人だけ 》

 ― ヨーロッパの男子シングルのレベルは現在、ハビエル・フェルナンデスとロシア選手を除けば、それほど高くありません。あなたの目から見て何が問題なのでしょうか。

 えっと、フェルナンデスとロシア選手だけじゃなく、イスラエルだってすごくパワフルで、アレクセイ・ビチェンコが銀メダルを獲りましたよ。主な原因は、僕の考えでは、アジア人が4回転ジャンプをより軽く跳ぶことにあると思います。体形が適しているんです。彼らは僕たちヨーロッパ人よりも小さい。例えば身長160センチ、体重56キロの日本人と僕とを比べてみてください。僕の背は180センチ、“戦闘の(※ベストの)” 体重は71キロです。プルシェンコも180センチ。ブライアン・ジュベールは74キロでした。日本人との20キロの差は深刻な問題です。

 ― その問題とは?

 ユヅル・ハニュウや他の日本人選手を見ていると、プログラムを滑り終えてもほとんど疲れていないのがわかります。もし僕が56キロだったら、僕もフリープログラムの最後まで疲れることはなかったでしょう。でも、アジア人と競争する方法がひとつありますよ。“すごくたくさん練習すること”です(笑)。

 ― ロシアでは国がスケーターをサポートします。あなたの国チェコはそうではありませんね。

 無論です。僕はロシアのノヴォゴルスクへ行ったことがありますが、素晴らしい環境です。ホテル、食事、リンク、医師、理学療法士、プール、トレーニングホール。選手たちはそのすべてを公費で利用しています。アメリカでそういうものを見たし、カナダでも見ました。でも僕の国にはそういうものがありません。ヨーロッパでは見たことがありません。フィギュアスケートはとてもお金のかかる競技。衣装、リンク、コーチ、医師、宿泊費、すべて支払わなければいけません。そんな余裕のあるスケーターはほとんどいません。国が援助するべきです。でも、それがない。だからヨーロッパに現れうるのは、個人だけなんです。


《 コフトゥンは僕のよう。“イエス”だったり“ノー”だったり 》


 ― ヨーロッパ選手権で、ロシアの男子選手にはどのような印象を持ちましたか。

 ミハイル・コリャダをものすごく気に入りました。申し分ない滑りですね。アレクサンドル・ペトロフは素晴らしい演技をしました。ロシア一番手のマクシム・コフトゥンについてですが、彼には勝つためのものがすべてあります。4回転ジャンプがあって、スケーティングもある。ただ、安定性がありません。もうかなり経験も積んでいるのに、なぜなのかは分かりません。彼の演技はかつての僕のようですね。あるときは“イエス”で、あるときは“ノー”で(微笑)。

 ― 安定性身につけるためにはどうすればいいと思いますか。

 そうですね、自分がトップレベルで滑り始めた頃を思い出しますね。あの頃ロシアからはエフゲーニー・プルシェンコと、アレクセイ・ヤグディンと、アレクサンドル・アブトまたはイリヤ・クリムキンがヨーロッパ選手権へ来ていました。母国にいるときのように公式練習に出て、演技をして、メダルを持って帰りました。そういう試合にずっと行っていれば、安定性もついてきます。今のロシアは選手が変わるし、毎年ナショナルチームが新しくなります。グランプリシリーズでは、シニアでもジュニアでも、安定性を手に入れるのは難しい。でも、ロシアのフィギュアスケートにとって“長いベンチ”があるのはもちろん良いことです。それに全体として、ブラチスラヴァに出場したマクシムも、あとの2人のロシア男子も、やっぱりとても将来有望だと言いたいです。彼らはもう今シーズンにも世界レベルへと抜け出す力を持っています。そして、日本選手にとても近いところまで忍び寄る力をね。

 ― ご自分とマクシム・コフトゥンを比較したからには、どうすればより安定するのか彼にアドバイスをお願いします。

 何と答えればいいかわからないぐらいですね(笑)。僕は2010年まではフィギュアスケートに夢を持っていたんですよ。ところがその後、夢は消えてしまった。あなたがたロシアの選手には夢を見ること、何だってできるんだという確信を持つことを願いたいです。ハニュウは330点取ったけれど、だから何?あなたはそれと同じか、それ以上の点を取るためのものをすべて持っている。自分の考えに制限をかけないで。自分は世界チャンピオンになれると思ってリンクへ出てください。そう、これが僕からのアドバイスになると思います。

 ― あなたのその夢はなぜ消えてしまったのですか。

 ああ、その話をすると長くなります。手短に言うと、自分は上に突き抜けることができないとわかったんです。腰に問題を抱えていて、練習拠点を変えなくてはいけなくなって…そして僕は自信を失ってしまった。そこに結果もついてきます。だから、ロシアの選手の皆さんにもういちど言います。自分を信じて!それがいちばん重要です。


 (おわり)





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベルネル<プルシェンコを2度、信じなかった(下)> ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる