ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS メドベージェワ<ロンドンへ行ってカンバーバッチに会いたい(上)>

<<   作成日時 : 2016/04/16 22:44   >>

面白い ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 2

「イズベスチヤ」紙の記事。彼女のインタビューにはいつもククッと笑わされる感じです。



2016年4月15日
エカテリーナ・クリニチェワ

エフゲニア・メドベージェワ

ロンドンへ行ってカンバーバッチに会いたい

 (前文略)


 ―世界選手権の後、銅メダルのアンナ・ポゴリラヤと一緒にロシアの大きなテレビ局・ラジオ局はぜんぶ回ったみたいですね。どんな感じですか。自分は望まれたメディアパーソンだと感じますか。

 あれは仕事の一部で、必要なものです。私たちは楽しみました。誰かと一緒の方がいつだって楽しいし。それにこういうイベントは、私たちのスポーツ生活の中で、環境に変化を与えてくれる良いものなんです。

 ― 今回のようにあなた個人に向けられるインタビューについてどうお考えですか。

 まずはコミュニケーションの経験。生放送に呼ばれ始めたばかりの頃は、試合のときよりも緊張しました。今はずいぶん落ち着いてできるようになっています。何を話せばいいのか、だいたいどんなことを聞かれるかわかりますから。

 ― 人前で話すという経験は試合に役立ちますか。

 そうは思いません。テレビの生放送と試合はやっぱり別物。でも、試合にもたくさんの観客がいて、最初は恐いけれど慣れてきますよ。

 ― フィギュアスケーターは常に自分の外見を重んじます。テレビ用に何を着るか、どんな髪型にするかを決めるのはどれくらい難しいですか。

 とんでもない!難しくなんてありません、素晴らしいことです。それに私は、服装の問題はいつだって素早く解決するんです。こんなイベント、あんなイベントがあるよと言われたら、何を着ればいいかほとんどすぐに、ちゃんとわかります。

 ― イワン・ウルガントの「1チャンネル」にも行かれていましたが…

 あの撮影が多分いちばん楽しかったです。ぜんぶ1テイクだったんです。座って、しゃべって、退場するまで。ちなみに楽屋では、アーニャとちょっとバカなことをやってました。

 ― ウルガントは、みんなよく知っているように、リスキーな質問をしたり、いろんな解釈のできる話題を提起することがあります。怖くありませんでしたか。

 いいえ、私たちのときはそういうことはありませんでした。

 ― 有名人の中で、ロシア人でも外国人でも結構ですが、会ってみたい人は誰ですか。

 好きな俳優さんが2人います。グラント・ガスティンとデイヴィッド・テナント。一緒に写真を撮れたらいいですね。あともうひとつ、ちょっとした願いごとがあって、ロンドンへ行ってベネディクト・カンバーバッチに会うこと。でも、ほとんどかなわぬ夢だということはよく分かってます。

 ― カンバーバッチの役で好きなのは『シャーロック』ですか。

 はい。あと、『スタートレック』の悪役も良かったです。

 ― 世界選手権が終わってから、自分の優勝演技を見返しましたか。

 先日、スポーツ省の授賞式で初めて見ました。

 ― どんな感じですか。

 笑えます。

 ― でも、気に入ったでしょ。

 クリーンな滑りだったことには満足。ええ、気に入りました。

 ― お母さまはフィギュアスケートをされていましたね。あなたが優勝してどんな反応でしたか。

 ママは私の演技をライブでは見ないので、私が世界選手権でフリーを滑っていた時間は寝ていました(笑)。朝5時とか6時に起きる人がいるのは知ってます。事実上まる一日をフィギュアスケートのために犠牲にするんです。私たちのためにですよ!とても嬉しいことだけれど、びっくりします。

 ― スペインのハビエル・フェルナンデスや日本のユヅル・ハニュウといった現在の男子シングルのリーダーたちは、複数の4回転ジャンプや高難度のつなぎからのスピン(?)を行っています。その姿をリンクで見て、彼らがどうやってそれをやっているのか分かりますか。

 とても軽々とやっているように見えますが、どうすればできるのか分かりません。私もあんなふうにできるようになりたいけれど、今はまだできません。

 ― 彼らに直接聞いてみようとは思いませんか。

 ハニュウには聞いてみました。「ユヅ、どうやってるの?」って。答えとして彼は微笑んで、両手を広げただけでした。


 (つづく)


http://izvestia.ru/news/610158

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
SHERLOCKの番外編がやっと来月放送ですね!
ジェニャアちゃんは宮崎駿作品の犬のホームズは知ってるのかな?そのうち試合でソルトレイクに行ったら、緋色の研究を思い出したりするのかな?(笑)

ワールドはなんだか盛りだくさんでしたね。
コリャダ君は素晴らしかったです。スケートの基礎が上手くて、ジャンプも良いですが、スピンでもビールマンの移行とかすごくスムーズ。今後も怪我なくがんばってほしいですね。

それと例の一件、私は「似た者同士・可愛いけど猛獣!おこじょVS貂の縄張り争い!」だと思いました。御免!(笑)
今後は仲良くけん制しながらテリトリーを分け合うことでしょう。
毎年結局面白いスケート世界です!
るしー
2016/04/23 11:33
るしーさん、こんにちは!!いつもながらお返事が遅くなってすみません。
シャーロック・シーズン3の再放映が今日終わりましたね。そしていよいよ番外編の「忌まわしき花嫁」。私はいちおう映画館で見てるのですが、テレビでもう1回見ますよー!犬のホームズ、なつかしいですね〜。あれは名作なのでジェニャア(ジェーニャとの正しい書き分け?!)ちゃんも気に入るかもですね。

コリャダ君は、私の今シーズンいちばんのお気に入りになりました。アクセルもルッツも美しいし、そうそう、ビールマンとかもきれいですよね。とにかく「これからが楽しみ!」と思わせてくれる選手で、Жにゃも大いに期待しているようで嬉しいです。

なるほど、あの件の真相はそういうことだったのかー!!!(笑)いや、ほんとにガッテンな解釈で素晴らしいです。おこじょに似てますね、うんうん、かわいい(笑)。

「毎年結局面白い」、ほんとに仰るとおり。なんだかんだ言って毎年面白くて、来季もなんだかんだ言ってスケオタ生活が続きそうです^^
eco
2016/04/30 23:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
メドベージェワ<ロンドンへ行ってカンバーバッチに会いたい(上)> ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる