ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS ソツコワ<メドベージェワに勝つことも不可能じゃない(下)>

<<   作成日時 : 2017/01/07 20:27   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

 ― アリーナ・ザギトワは、チェリャビンスクのロシア選手権であなたを上回ったわけですが、フリープログラムのジャンプエレメンツをすべて後半に入れました。もしあなたなら同じような作戦を成功させられましたか?また、それは必要なことだと思いますか?

 そうですね、アリーナが私を追い抜いたからには、その戦術は当たっているということですよね?だって私たちは基本的に同じジャンプの組み合わせを行っているのだし。つまり、どこで、何で加点をもらえるかを常に考える必要があるということです。

 ― たとえば、4回転ジャンプの習得によって。

 あの、もし私が自分で4回転ジャンプに挑戦しなかったら、なぜ男子選手が4回転を跳ぼうとしてあんなにしょっちゅうすっぽ抜けるのか、今も分からなかったと思うんです。あれは本当にとても難しいです。怪我をしないようにどのタイミングで踏み切って、どのタイミングで着氷すればいいかを理想的に計るのが難しい。4回転の後にもう一度3回転を跳ぶのが難しい。すべての感覚があまりに強く変わってしまうので。だから、4回転に取りかかる前に、とても良く準備をする必要があります。

 ― トリプルアクセルも同じ話ですか?

 答えられません。ジャンプを跳ぼうとする前に、それをきっちり頭に思い描けなくてはいけないので。トリプルアクセルは4回転トゥループと同じでまったく想像がつきません。どうやって跳ぶのか分かりません。4回転サルコウとは違うんです。

 ― ところで、急激に身体が成長したとき、ジャンプの前に恐怖心が出てきませんでしたか?

 ああ、あれはまったく雪だるま式でした。まず半月板を傷めるという怪我をしてしまって、世界ジュニア選手権へ行けなくて、結果として1か月半のあいだ滑りませんでした。その時点で12センチ伸びていました。リンクへ戻ったときはただ滑ることすら大変でした。あらゆる感覚が馴染みのないものになっていたので。すべてがとにかく酷かった。すべてを新たに立て直すことに耐えられなくて、何かスケート以外のことをやろうかと思ったほどでした。長い間2回転しか跳べなくて、その先どうすればいいのか本当に分かりませんでした。

 それに、ものすごく悔しい気持ちがありました。私はこんなにも練習をして、試合に向けてできる限りいい準備をしようと頑張ってきたのに、これは一体どういうこと?って。特にあの世界ジュニアに向けてはとてもいい準備ができていて、その記憶はとても新しいものだったので尚のことです。素晴らしいジャンプを跳ぶ小さな女の子たちがどんどん増えていて、そんな子たちに囲まれた中で起こった出来事でした。そういう状況下で、私はまったく何もできない“のっぽ”だったんです。

 ― 昨シーズンの末、心に秘めた願いは何かという質問に対して、「グランプリ・ファイナルに進出したいけれど、それ以外のことは言わないでおく」とコメントしましたね。今なら秘密を明かしてもらえますか?他にリストアップしていることは?

 当然、ヨーロッパ選手権と世界選手権の代表に選ばれたかったので、この課題をクリアできてとても嬉しく思っています。次の目標は、ユーロでもヘルシンキ(※世界選手権開催地)でもクリーンに滑ること。これは私にとって順位よりも重要です。点数はジャッジが計算すればいいんです。

 ― 大多数のファンは今、エフゲニア・メドベージェワに勝てる選手は世界に一人もいないと心から確信しています。このことについてあなたはどう思いますか?

 スポーツで不可能なことは何もないと思います。ただただ練習する必要があるだけ。メドベージェワのようにジャンプで「プラス3」をもうらうことです。彼女は実際にとてもいいジャンプを跳んでいますから。でも、彼女に勝つことがまったく不可能だとは個人的に思いません。

 ― フィギュアスケートはいま生活の中でどれぐらいの部分を占めていますか?

 大きな部分を占めています。朝10時にリンクへ来て、11時に1回目の氷上練習です。それから休憩をはさみますが、その間に振付や基礎体力トレーニングをするか、休息するか、あるいは先生が勉強を教えに来ます。そして2回目の氷上練習があって、それが終わったら帰宅。夜はまた先生と一緒に勉強です。

 ― あなたはいつもアデリナ・ソトニコワと比較されますが、イライラさせられますか、それとも心くすぐられますか?

 エレーナ・ゲルマノヴナのところへ移ったことで、私がアデリナと似てきたという話は、正直言ってさっぱり理解できません。スケーティングの質に関してなら一定の共通点があるかもしれませんが。私とソトニコワには詰まるところ、マクシム・ザヴォジンという一人の「スケート師」がいますから。アデリナはとても速く、広く滑るので、こういう滑りができれば良いことばかりだと思います。プログラムやスケーティングスタイルとなると、お互いに異なっています。

 ― あなたが完全に快適な状態にいるのは、今のところ、2つのプログラムのうちフリーのみという印象が残りますが。

 ショートは私にとってあまりに馴染みがなく、「タフ」で、速いものでした。もっと柔らかくて緩やかなイメージの方が性に合っているんです。

 ― 抒情詩とピンク色が?

 ええ、だいたい。でも、だからと言って、そういうスタイルで生涯滑り続けられることにはならないでしょ?

 ― 夜、地下鉄で家に帰るとき、頭の中は勉強のことでいっぱいですか?それともフィギュアスケートのことですか?

 どちらもでありません。本を読んでいるか、音楽を聴いているかです。

 ― せめて一日、何もかも投げ出して、ただ小さな女の子でいたいとは思いませんか?

 ときどき思います。でも、うまく行かないことは分かっています。私は、すべてをコントロール下に置くことに慣れ過ぎてしまったんです。自分の願望も含めて。


 (終わり)




<自習メモ>
по большому счету 真剣に、本格的に/基本的に
за счет を犠牲にして、によって
ровным счетом ничего=совершенно ничего

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソツコワ<メドベージェワに勝つことも不可能じゃない(下)> ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる