ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS ミーシン<コストナーは帰ってきた、プルシェンコを待て>

<<   作成日時 : 2017/02/01 02:03   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

ミーシン節が冴えわたるインタビュー。
ざっくり訳ですが雰囲気をお伝えできれば。
タイトルはフィッシングですね(笑)



2017年1月30日、オストラヴァ
コンスタンチン・ビャリスキー


アレクセイ・ミーシン(ロシア功労コーチ)

コストナーは帰ってきた、プルシェンコを待て。



 (前文略)


《フルシチョフ時代の無料のパン》


 ― アレクセイ・ニコラエヴィチ、(コストナーとは)どのような経緯で一緒に仕事をするようになったのですか。

 詳細には触れず、ワンフレーズに抑えよう。「彼女は私を探し、見つけた」。イタリアフィギュアスケート連盟はカロリーナの資格停止処分以降、何のサポートもせず、やがて彼女はショーへ招待されることもなくなり、愛するイタリアのリンクでトレーニングすることを禁じられた。ヨーロッパ選手権への準備費用を彼女は、昔の蓄えから出した。

 ― ロシアフィギュアスケート連盟の幹部筋からクレームが来ませんでしたか?自国選手のライバルをこれほどいい状態に仕上げたのですから。

 ロシアの専門家と外国のスケーターがタッグを組むことは、ロシアのスポーツ選手に前例のない圧力がかかっている(これはフィギュアスケートに限ったことではない)今の状況において、マイナスよりプラスの方が大きいと確信している。これは、私たちがフィギュアスケートの発展に貢献することでもあるし、もう一方では、影響力のあるスポーツ役人たちの目に、ロシアの肯定的なイメージを作り上げることでもある。アメリカフィギュアスケート連盟の会長までもが、ロシアのコーチたちの仕事における肯定的側面に気づくようになった。

 ― カロリーナは、あなたのロシアの教え子たちと何が違いますか。

 彼女はとても賢い子で、コーチの言葉ひとつひとつを大切にする。ロシアのスケーターたちは私の助言を、あたかもニキータ・セルゲーエヴィチ・フルシチョフ時代の無料のパンのようにみなしているが、カロリーナはすべてを消化吸収する。趣向を凝らした料理のように。

 ― では、ソチオリンピックの銅メダリストとの仕事から、あなたは何を得ましたか。

 これは私のコーチングシステムの実効性に対するもうひとつのテストだったが、ポジティブな結果を得られた。正しいメソッドを用いることによって、それを欲し、またその才能を持つ選手を相当のレベルへ導くことができると確信した。


《カロリーナは「愚かな子」と言われてもふてくされない》


 ― イタリアのスケーターと一緒に仕事をして、ロシアの生徒たちに注意を払うことへの影響はありませんでしたか?

 逆にコストナーは、私のコーチという権威の代行者だと言える。グループの雰囲気はコーチだけでなく、全スケーターがつくるものなのだから。もっと言えば、カロリーナはグループの振付師の役目を果たしていた。

 ― ミーシン教授のマスタークラスには、後にヨーロッパチャンピオンとなるスイスのステファン・ランビエルやサラ・マイヤー、マジャール人(※ハンガリー)のユリア・セベスチェンが来ていました。そして、あなたの力添えがあって自分は勝つことができたと口をそろえていました。マスタークラスと長期にわたる仕事、そして個人コーチという役割とではコストナーの場合、どんな違いがありますか?

 私のマスタークラスへやって来た有名スケーターの一覧は、あなたの新聞の1頁を占めるだろう。スケーターと過ごした時間の長さは重要ではない。自分の知っていること、選手が吸収したいことすべてを注ぎ込むか、あるいはすぐに協働を断るかどちらかだ。先ほど述べたように、カロリーナは私たちのグループでとても創造的な雰囲気をつくってくれた。彼女には学び甲斐のあるスタイル、間(ま)や姿勢の感覚、音楽を感じる能力がある。

 ― トレーニングの過程で言葉が壁になることはありましたか?

 私の英語で十分だった。十分でないときはジェスチャーを使った。それに、必須のコーチ用語はいくらかイタリア語で言える。高く、低く、速く、膝、足、木の頭(※間抜け、愚かな人の意)など…。カロリーナの母国語で「愚かな子」という言葉を発音したときですら、彼女はふてくされたりしなかった。とても賢い子だ!

 ― あなたのグループの先住者たちは、新しい生徒をどのように受けれ入れたのですか?

 ロシアのスケーターたちは、コストナーと一緒に練習するようになってから、国や市の連盟がつくる環境を高く評価しているはずだ。というのも、新しいコスチュームひとつ作ることすらカロリーナにとっては問題となったのだから。私は彼女の衣装を文字どおり変えさせた。甘やかされた温室環境にいるロシアの選手たちと違って、カロリーナはとてもよく理解しているのだ。まずは勝って、その後に物質的な問題を提起する必要があることを。

 ― エフゲニア・メドベージェワの「フーリガン行為」をどう評価されますか。フリープログラムで余分なコンビネーションジャンプを跳びましたが。

 あれは素晴らしかった!全体としてロシアの女子はよくやった。

 ― エフゲニア・メドベージェワとアンナ・ポゴリラヤがコストナーに勝ったのは、技術の基礎点がより高かったからでした。コストナーはジャンプの難度を上げることができますか?

 できるだけでなく、やっている。とはいえ、メドベージェワのレベルまで行くことはまずないだろう。

 ― 復帰を果たして華麗なる実験を終えたコストナーは、エフゲーニー・プルシェンコのもう何度目かの復帰を待つ甲斐があるでしょうか?

 お待ちなさい!




<原文>
http://www.sportsdaily.ru/articles/zasluzhennyj-trener-rossii-aleksej-mishin-kostner-vernulas-zhdite-plyushhenko


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミーシン<コストナーは帰ってきた、プルシェンコを待て> ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる