ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS ミーシン<4回転ルッツかフリップが美に勝つ>

<<   作成日時 : 2017/03/26 16:48   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

3/27 0:32 訳し忘れている部分等に気づいたので、全体に少し手を入れました。


ミーシン先生の電話インタビュー。いつもの教授という感じですが、パトリックの振付をさらっと褒めていらっしゃるところで「おっ」と思いました(^^)



2017年3月25日
アナトーリー・サモフヴァロフ

アレクセイ・ミーシン

世界選手権の男子シングルでは、4回転ルッツまたはフリップが美しさに勝つだろう


 (前文略)


 「かつて、バンクーバーオリンピックの前、パトリック・チャンと(エヴァン・)ライサチェクはこう言っていた。『僕たちに4回転ジャンプは必要ない。いったい何のために?僕たちは(エフゲーニー・)プルシェンコに“トランジション(エレメンツ間のつなぎ)”で勝ちますよ』と。その後、チャンはできるだけ多くの4回転を跳ぼうと懸命に藻掻(もが)いた。あれから7年が経ち、ヘルシンキの世界選手権は息詰まるような、予測の難しい戦いとなるだろう。だが、それでもやはり私は、プログラムに追加される1本の4回転ルッツまたはフリップが美しさに勝つと思う」とミーシンが電話取材に答える。

 と言っても、フェルナンデスに金メダルのチャンスがないと考えているわけではない。「彼には大きなチャンスがある。2種類の4回転を持っている。しかし、あとの選手たちは自分にできることをやらねばならない。フェルナンデスとパトリック・チャンはハイレベルな振付を具象化しているのだから」と念を押す。

 「今回の世界選手権は、男子シングルがフィギュアスケート全種目中のリーダーであることを示すだろう。しかも技術面だけでなく審美面の濃度においてもそうであると。ちなみに、今年は神化が起きるだろう。なぜならまさに今シーズン、(4回転ジャンプの)量が質になったからだ」とミーシンはまとめた。




<原文>
http://rsport.ru/figure_skating/20170325/1118140507.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミーシン<4回転ルッツかフリップが美に勝つ> ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる