ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS ベステミアノワ<すべては政治>

<<   作成日時 : 2017/04/01 07:50   >>

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

ベステミアノワはソ連時代、ブキン(ステブキ組のイワン・ブキンの父)と組んで世界選手権4連覇、カルガリー五輪優勝。イギリスのトービル&ディーン組とも戦いました。いろいろと思うところがあるのでしょう。もちろんカナダとの因縁も…



2017年3月31日
エレーナ・ヂヤチコワ

ナタリア・ベステミアノワ

これはすべて政治。デュブレイユとローゾンが裏で糸を引き、ロシアはすべてを失った。



五輪チャンピオンのナタリア・ベステミアノワはこう考えている。マリー=フランス・デュブレイユ&パトリス・ローゾンコーチという名のカナダのロビー活動が、ヘルシンキ世界選手権でショートダンスの結果に影響を与えたと。

ショートダンス終了時点で上位3組を占めたのは、デュブレイユ&ローゾンの生徒たち。カナダのテッサ・ヴァーチュー/スコット・モイア組、フランスのガブリエラ・パパダキス/ギョーム・シゼロン組、アメリカのマディソン・ハベル/ザカリー・ドノヒュー組だ。


 「これはすべて政治です。世界最高のカップルたちをコーチしているデュブレイユ&ローゾンという、カナダのコングロマリット(複合体)。彼らのもとで練習しているアメリカ3番手のカップルは、シーズン初めの滑りは悪かったのに、今回突然、他のアメリカ組より良い滑りをしています。彼らは裏であらゆる糸を引いているため、何もかも自分たちに都合のいい形でやっている。一方、ロシアのカップルたちはそういうものをすべて失いました」

 「悪いのはロシアフィギュアスケート連盟でしょうか?もっと上を見てください。ロシアには技術委員会のメンバーがいるのですよ。アーラ・シェホフツォワのことです。私たちが現役で滑っていた頃、ISUにお国(ソ連)の人間はいなくて、イギリス人が私たちのために戦ってくれたのです!今はそこ(※ISUの技術委員会)にロシア人が座っているのに、私たちのために仕事をしない。いったいどういうことでしょうか?」とベステミアノワは指摘した。




<原文>
https://www.sports.ru/figure-skating/1049862970.html
<原文の元記事>
http://rsport.ru/figure_skating/20170331/1118403069.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベステミアノワ<すべては政治> ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる