セルゲイ・ヴォロノフがシーズン開幕で勝利ーサンクトペテルブルク杯1位ー

ヴォロノフ選手、優勝はしたけれど得点が…と思っていましたが
相当ハードなスケジュールだったようです。
本人の感触は良さそうなので、GPが楽しみですね!




ロシアで現役最高のシングルスケーターであるセルゲイ・ヴォロノフが、サンクトペテルブルク杯で1位となり、新シーズン開幕を勝利で飾った。彼は昨シーズンのロシアチャンピオンで、ヨーロッパ選手権4位、世界選手権では7位の成績だった。自身の活躍について、セルゲイ・ヴォロノフが「オールスポーツ」スポーツ情報局に語った。


―成績には満足していますが、ちょっとハードでした―セルゲイ・ヴォロノフは告白した。
10月1日に『アイス・ヒストリー』(または『アイス・ストーリー』※ロシア語のисторияには“歴史”“物語”両方の意味がある)のショーで滑って、翌日にはもうショート・プログラムをやらなければなりませんでした。ショーではまったく新しいプログラムを3つ披露しました。これらはこのショーのために特別に用意されたもので、その内2つは生演奏で行われました。ディアナ・アルベニナとエヴゲーニー・ジャトロフが歌ったんです。それから、ミュージカル『ノートル=ダム・ド・パリ』より『ベル』のロシアバージョンもありました。たぶん、僕はクロード・フロロー(※主人公カジモドの育ての親。悪役)だったんですが、確信はありません(笑い)。
とても大きなプログラムばかりで、長さはだいたい3分30秒。これらをショーの前の2~3日で用意したので、試合のときにはすでにへとへとになっていました。ショート・プログラムには全く影響ありませんでしたが、フリーでは少し固くなってしまいました。それでも、大きなミスはありませんでした。ただ、回転不足とか、持続時間の不足などで、レベルは相当落としてしまいました。
来週はフィンランディア杯に出場する予定です。グランプリ・シリーズ開幕前の、中間的なスタートの最後の試合となるでしょう。


男子シングル:1位―セルゲイ・ヴォロノフ、2位―コンスタンチン・メンショフ、3位―アンドレイ・ルタイ、4位―アレクサンドル・カザコフ、5位―ウラジスラフ・セズガノフ




2008年10月4日
「オールスポーツ」紙

<原文>
http://www.allsportinfo.ru/archive.php?id=19314&s_s=106&s_d=11&s_m=10&s_y=2008&b=0&l=40

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック