<僕は僕の仕事をする>セルゲイ・ヴォロノフ

こちらも古くなってしまいましたが
スケートカナダ直後のインタビューです。
ロシア大会ではどんな演技を見せてくれるのでしょうか。





セルゲイ・ヴォロノフ

審判を非難したくない
彼らは彼らの 僕は僕の仕事をする



 昨日11月2日に閉幕したフィギュアスケートのグランプリ・シリーズ「スケート・カナダ」(於オタワ)で、男子シングルのセルゲイ・ヴォロノフは6位という成績だった。自身の演技をセルゲイ・ヴォロノフが『オールスポーツ』紙スポーツ情報局に語った。
 

 「包み隠さずに言うと、僕のスケートは決して非の打ち所のないものではありませんでした。全体的には、シーズン始めとしてはまずまずの出来だったと思います。エレメンツには満足しています、特にショートプログラムの方は。でもフリーでは、すべてが得られたわけではありません。
 採点については何も言いません。すでに皆さんがいろいろと仰ってますからね。もちろん、僕もコーチのアレクセイ・ウルマノフも、すべての点数に同意しているわけじゃありません。でも、審判に文句をつけたくないんです。審判は審判の、僕は僕の仕事をします。
 スケートカナダが終わった後、僕とコーチは一連の結論に達しました。それを計算に入れて次の試合への準備に当たります。どんな結論かって?それは業務上の秘密ということで(微笑)。スケーティングのレベルとエレメンツの質を上げていきます」

 またセルゲイ・ヴォロノフは、オタワの試合に出るのはとても気持ちが良かったと語った。

 「カナダは僕の好きな国のひとつです。僕は喜んでここに住みますよ。グランプリ・シリーズの2試合目はモスクワで行われますが、こちらも僕の好きな街です。そんなわけで、今シーズンの僕はすっかりチョコレートの中にいますよ(※最高、順調という意味だそうです)!」とセルゲイ・ヴォロノフは叫んだ。




2008年11月3日
『オールスポーツ』紙

<原文>
http://www.allsportinfo.ru/archive.php?id=20208&s_s=106&s_d=11&s_m=11&s_y=2008&b=2&l=40



<自習メモ>
что греха таить 何を隠そう、白状するが
сделать вывод 結論を出す
так что それ故に、こんなわけで

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック