ヴォロノフはループ、ボロドゥリンはアクセルに泣く

ボロドゥリンは練習どおり落ち着いて。
ヴォロノフは練習とは別物の気合いで。
二人とも納得のいく良い演技をしてほしいですね。
ついでにメダルもついて来ますように!




ヨーロッパ選手権でヴォロノフはループ、ボロドゥリンはアクセルに泣いた



ヘルシンキ、1月21日、РИАニュース、オリガ・ティモシェンコ


 フィギュアスケート・ヨーロッパ選手権で、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフは現在6位。ショートプログラムでは、また例によってループに泣かされたと嘆いた。

 「たぶん、より難度の高いフリップに変更しなくてはいけませんね。このデジャヴ(※既視感)に悩まされるのはもう3年目ですから。最初は世界選手権で、今度はこのヨーロッパ選手権でしょ」と、ヴォロノフはジャーナリストたちに言った。
 「でも、これはスポーツですから、失敗が無いということは無いんです。それにだいたい、僕の練習での滑りは、試合でお見せしているものとは比べられません。というのは、僕は練習ではたいてい何も出来ないからです。正直に言うと、今日は僕に出来ること全部をそろえたんです。会心の出来とは行かなかったけれど、まずまずの滑りでした」

 練習での不出来と、今回の公式戦での上出来についての話を続けながら、このようなパラドックス(※逆説)が起こったのは自分だけではないことに、ヴォロノフは言及した。

 「ヤグディンにもこのようなことがあったそうです。これはただの噂ではありません。もし1人の人間に出来るのなら、たとえ良くはならなくても(?)試してみない手はないでしょう。だって、あなたにも出来るんですから」(※この2文はよくわかりませんでした)

 メダル争いのチャンスについては、フリープログラムの前に語ることはなかった。
 「明日は誰かとではなく、自分自身と戦うことになるでしょう。メダルの話はその後にしましょう」

 つづいて、ヘルシンキに出場しているロシア人スケーターのひとり、アルチョム・ボロドゥリンがコメントした。彼もまた1つのジャンプに泣かされた。アクセルだ。

 「僕が悪いんです。急いでしまいました。すごく跳びたかったので」と彼は言った。
 「このジャンプは今朝の練習でも成功していたし、6分間練習でも1本目から軽くクリアしていました。だから試合でもすべてバーンとうまく行くと思ったんです。でも、違いました」

 「練習では彼はいつも安定してるんですよ。なのにこの試合では…運命みたいなものですね」と、ヴォロノフがフォローした。

 ショートプログラム終了時点で、ヴォロノフ6位、セルゲイ・ルタイ(※名前を間違われてる!?)8位、ボロドゥリンは15位。


2009年1月21日
オリガ・ティモシェンコ



<原文・写真>
http://www.rian.ru/sport/20090121/159798344.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • ksenia

    アルチョム君はもっと上位に行くと思ってました。
    アクセルが回転不足と2フットで、着氷後『しまったー』みたいな顔をしてました。
    ステップ・スピンが良いだけに、もったいないです。
    精神的にも強そうなので、もっと活躍できると信じています。

    シニアになって笑う姿を見て、正直驚きました。
    ジュニアの時は笑わない選手だったので、クールな子かと。
    ヴォロノフ君、フォローがさすがですね!
    2009年01月26日 11:21
  • eco

    kseniaさん
    ピセーエフ会長は、アルチョム君をとても褒めていましたよ。
    「ボロドゥリンは非常に美しい。本物の闘士だ。トリプルアクセルの失敗を除けば、SP、FPともにとても良い演技で、インスピレーションがあった。この青年は前途有望だ」

    ヴォロノフ君の方は、やはり少々厳しいこと(「練習では難しいジャンプの練習をあまりやっていない」等)を言われているので、これを機に練習で闘志を燃え上がらせて頑張ってほしいですね!
    2009年01月26日 21:48
  • ksenia

    ピセーエフ会長のコメントありがとうございます。
    会長のおっしゃるとおり、彼はもっと伸びそうな気がします。

    ただ樋口先生と本田さんが
    「アクセルが苦手だと(上位に行くには)厳しいかも」といったコメントをされていて、心配になりました。
    克服して欲しいですよね。
    ステップの音楽表現・手と顔の動きはプルシェンコのジュニア時代にそっくりだとも指摘されてました!

    そういえば、S
    2009年01月27日 15:08
  • ksenia

    すみません、コメントが途中で切れてしまいました!
    大変失礼しました。

    続きなんですが、
    アルチョム君、SPの時、コーチにけろっとした表情で「ясно」(わかったよ~)と発言してて、面白かったです。(コーチの発言はわからなかったんですが)
    2009年01月27日 15:23
  • eco

    kseniaさん
    そうですか・・・本田君のアクセルは美しかったですからねぇ。その彼がそう言うということは、やっぱり厳しいんでしょうか・・・
    確かに、ステップはプルシェンコそっくりですね!ルタイ君も着氷姿勢なんかがすごくプルさんに似ていると思います。同じミーシン先生ですしね。

    コーチに「ясно」はおもしろいですね~(笑)私も動画を探して聞き耳を立ててみようかな。
    2009年01月27日 21:10

この記事へのトラックバック