(タラソワのコメント・アイスダンス)

アイスダンスの放映(Jスポ)が待ち遠しいです。
YouTubeの小さい映像ではよくわからないので…




<突飛さとウルトラC>


 (ペアについて・略)


<明瞭なもの、信じがたいもの(?)>


 (アイスダンスについて・略)

 試合後、タチヤナ・タラソワは次のように語った。
 「私は国家公務員のように採点を見て見ぬふりをすることはできません。ただ、私はカナダのヴァーチュー&モイアをとても気に入りました。彼らの独創性を。彼らは他に類のない、今日誰にもできないことをやりました。私は革新的なものが好きです。でも、いいですか、我が国のドムニナ&シャバリンの場合、マクシムの痛めた足でそういうことをするのは難しいのです。
 私たちには審判の資格を疑うことはできません。でも、彼らの進歩性を疑うことはできます。かつてのベスチェミヤノワ&ブキンの時のように。私たちが審判を批評できないのは、そのことで私たち自身に不幸を招いてしまうという理由からではなく、審判がまるで法廷のように、いつも法律の文字でもって私たちに異議を唱えるからです。あなた方は赤がお気に入りだが、私たちは白がいい、という具合にね」

 「それでも、私たちは我が国のダンスをリードする選手たちを愛するべきです。ホフロワ&ノヴィツキーはここで素晴らしいフリーを滑ったと思います。
 ヨーロッパ選手権後の期間に起こったことは、私には理解しがたいことです。1ヶ月半前に行われたその試合では、彼らとフランスのペシャラ&ブルザとを比べる審判は1人(1チーム)もいなかったというのに。確かにその時はドムニナ&シャバリンは滑りませんでしたが。審判団が未熟なのでしょうか?それともこの1ヶ月間でそれほど超人的に成長したということでしょうか?
 しかし、こういう状況から抜け出す出口は1つしかありません。練習して、先へ進むことです。観客を立ち上がらせるために。それでもいつか挫折を味わうことでしょう。でも、それ以外の道はないと思います。
 今日1位を争ったロシアの組とアメリカの組とでは、我が国の方が良かったですね」

 ロシアのもう1つの組、2009年ヨーロッパチャンピオンのヤナ・ホフロワ&セルゲイ・ノヴィツキーは、ロサンゼルスでは6位だった。
 「僕たちは、この世界選手権のすべてのことに対して準備ができていました。勝つことにも、負けることにも。スポーツと政治と、どちらがより結果を左右したかって?それは僕たちにする質問じゃありませんよ」とノヴィツキーは言った。


<女子はまた今度>


 (女子シングルについて・略)


 (終)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • kalaf

    「私は革新的なものが好きです。」(タチアナ)
    オレもです!V^△^
    2009年04月04日 23:34
  • TSUGUMI

    ecoさん 翻訳ありがとうございます。
    タラソワさんがテッサ達のことをほめてくれたのが、とても嬉しいです。

    地上波は上位3組しか放送してくれなかったのですが、怪我のため滑り込みが足りないようで、ところどころに粗さが見えましたが、とても素敵なプログラムだと思いました。リフトもものすごくアクロバティックで恐いですね。
    来年はオリンピックイヤー、振り付けのズエワさんがオリンピックイヤーは得意な路線で行く、と言っていますので、またラブストーリーかな、とそれも楽しみにしています。

    それにしてもロシア人って思ったことをはっきり言いますね!

    怪我をして練習不足の中、出来るだけのことをやった彼らのガッツをファンとして誇りに思っています。

    採点については
    2009年04月05日 17:30
  • TSUGUMI

    すみません、途中でした。
    採点については?なところもありますが、最後は観客とジャッジを誘惑した組が勝つと思っています(笑)
    2009年04月05日 17:32
  • eco

    kalafさん
    革新的なフリーダンス、はやく見たいです。
    2009年04月06日 00:50
  • eco

    TSUGUMIさん
    タラソワさん個人としては、テッサ&スコットがいちばん気に入ったような感じですね☆同胞のロシア人が優勝しているというのに、外国人選手の方を素直に褒めるタラソワさん、素敵だと思います。あ、でも、だからこの発言はロシアのメディアに出回っていないのかも!?(通常の検索には引っかからない記事なんですよ)
    私の住んでいる地域ではアイスダンスの地上波放映がなかったので、はやくJスポで見たいです。

    >最後は観客とジャッジを誘惑した組が勝つ

    「誘惑」って、誰かさんの得意技じゃないですか!?(笑)
    でも、本当にそうだと思います。観客を総立ちにさせ、ジャッジに思わず9.0をつけさせる選手が、最後に勝つんですよね!
    2009年04月06日 00:50
  • kalaf

    「革新性」とは、タラソワやミーシンの言うように、「進歩」と「独創=典型性=個性」なんでしょうね。

    最近はシングル部門がちょっと低調みたいですが、ロシアフィギュアの伝統は、このへんの哲学をしっかり押さえている「伝統」なんだと思います。
    劣化エピゴーネンやパッケージショーとは無縁です。

    プルしかり、カーチャしかり、そして本当に素晴らしい「外国人選手」もまた、然りです!
    2009年04月06日 10:24
  • eco

    kalafさん
    私はロシアのこともフィギュアのことも決して詳しくないんですよ。タラソワやミーシンコーチの発言を読み始めたのは、やっと半年ほど前からですし…カーチャはエカテリーナの愛称だから、ゴルデーエワか誰かのことですか??
    2009年04月07日 20:26

この記事へのトラックバック