<タラソワはヤグディンをマイアミビーチへ行かせた>エフゲニー・プラトフ

オンラインでは一部しか読めないようですが
ちょっと面白いミニ記事を見つけたのでご紹介。
ヤグディンファンの間では有名な話なんでしょうか?



2012年4月4日
Pressball

エフゲニー・プラトフ
タラソワは五輪前にヤグディンをマイアミビーチへ行かせた


 二度のオリンピックチャンピオン、エフゲニー・プラトフが、タチアナ・タラソワのコーチングメソッドについて語った。詳細はPressball最新号にて。

 (タラソワは)いつ、どれだけ滑るべきかを知っている人でした。いや、選手を「滑らせすぎる」ということを知ることはできるんです。でも、感じることができないんですよ。そう、氷上練習の時間が5時間あると、その5時間ずっとコーチに追い立てられるようなことがよくありましたからね。これは正しくありません!例を挙げましょう。
 リョーシャ・ヤグディンがオリンピックの準備をしていた時のことです。タラソワは、彼がすでに回転しすぎで、練習しすぎだと感じているようでした。「リョーシャ、ここから出て行きなさい」―「どこへ?」―「つまりね、陸上トレーニングをするの。私はあなたの顔を1週間見たくないわ。マイアミがいいわね!砂浜を走ってらっしゃい!」―「氷は?」―「あなたに氷は必要ないわ」
 お分かりになりますか?すべてのコーチがこんな感覚を持っているわけじゃありません。



<原文>
http://www.pressball.by/news/other/104219

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • ROSE

    こんにちは。
    この話を聞くと、欧州選手権で全く良い所無しだったレオノワ選手に、モロゾフコーチが「1週間スケートに関わる事も観る事も禁止」と言い渡して休ませたのを思い出しますね。
    モロゾフコーチは彼女の体を休ませたかったのと同時に、精神的に立ち直らせたかったのかな?と思っております。
    それが功を奏して今回の結果となりましたが、タラソワ先生同様、モロゾフコーチもいつ、どれだけ滑るべきかを知っている人ではないでしょうか。
    2012年04月07日 06:59
  • eco

    ROSEさん
    こんにちは^^
    そうですね、モロゾフコーチもそういう卓越した感覚の持ち主なのかもしれませんね。レオノワも、アモディオも、イリカツも、きちんと結果を出してますもんね。やっぱり凄腕のコーチなんだなぁと思いました。
    2012年04月07日 20:37

この記事へのトラックバック