<採点システムの客観性は30%>アレクサンドル・ラケルニク

ISUのペア及びシングルスケーティングの技術委員長を務める
アレクサンドル・ラケルニクの談話を一部抜粋でご紹介します。
そうなのですね、ゼロから30に上がったのですね・・・
少し難しかったので、分かりにくい点があればご指摘下さい<(__)>



2012年1月3日
マリア・ボロヴィヨワ
ウラジーミル・イワノフ

アレクサンドル・ラケルニク
6.0システムの客観性はゼロだったが 今は30パーセント


 (※略:ロシア選手権ではペアの選手たちがいちばん良かった等)


 ― ところで、今回と同じくソチで行われたグランプリ・ファイナルでの、ヴォロソジャル&トランコフ組の演技が大きな論議を呼びましたね。男性がフリープログラムで大々的に転倒したにも関わらず、彼らは優勝しました。どうしてこのようなことが起こり得るのか、説明して頂くことはできますか。

 新採点システムは、最終結果がどうなるのかすぐに言うのが非常に難しい作りになっています。フィギュアスケートの技術的側面に関しては、おそらく私は最も経験豊かな人間のひとりですが(微笑む)、その私ですら、全てがどのように幕を閉じるのか分からないことがあります。新システムでは各エレメンツが個別に評価されます。グランプリ・ファイナルでターニャ(ヴォロソジャル)とマクシム(トランコフ)は2つの重大なミスを犯しました。(※中略)しかし、残りのエレメンツは非常にレベルが高く、出来栄え点でプラス2やプラス3まで付いています。ここで、すでに混じりけ無しの数学が始まっています。グランプリファイナルで優勝すべきはヴェーラ・バザロワ&ユーリ・ラリオノフだと、直観的には思われたかもしれませんが、数学的にはまったく違う結果になったわけです。

 ― このような衝突はよくあることなのですか。

 いちばん新しい例をあげましょう。(※中略:全露のコフトゥンの演技を例にあげて説明)現在の採点システムは数学と結びついています。これは良くもあり、悪くもあります。悪い点は、何かエモーショナルな場面(側面)が考慮されない可能性があること。良い点は、全選手が同じ扱いを受けられることです。計算結果で言うと、旧の6.0システムの客観性はゼロでしたが、今は30%です。まずエレメンツの価値が客観的です。トリプルアクセルは全選手にとって同じ配点で、プラスとマイナスはその配点に影響を及ぼしますが、そこには固定された点数があります。この配点表が選手の総得点に及ぼす影響が約30%で、これは全員にとって同じです。

 このシステムには何らかの問題点はありますが、その代わり客観的です。もし誰かがジャンプを跳んでスピンをやらなかったとしても、旧システムのようにはなりません。つまり、その選手が無名で若い場合は何も受け取れない、ということは起こりません。時には綿密に識別し、計算しなければならない結果が現れることもあるでしょう。私は、出版物やインターネット上のエモーショナルな発言も、熟考されたものであるべきだとつけ加えたい。我が国のペア競技のリーダーはどの組なのかを記者が判定し始めても、ロシアのフィギュアスケートにとって良いことは何もありません。


 (※以下略:全露の男女シングル・アイスダンスについて)




<原文>
http://www.team-russia2014.ru/article/figur/7547.html



<自習メモ>
схо’ду (口)=быстро

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

  • YY

    あけましておめでとうございます。
    今年もお世話になります(笑)
    沢山の更新ありがとうございます。

    アレクサンドルさんの旧採点システムの客観性は0、現採点システムの客観性30%は何となく納得です。旧採点では試合前に順位を予想しておくという方法でしたから、まあ客観性はなかったといってよいと思います。順位が予想できない新人は最終グループ外にまとめれていましたよね(苦笑)
    あとの70%はまだまだ問題ありと観ているようですね。
    現採点システムになってから段々個性的な技や演技があまり出て来なくなり、個人的には楽しみが少し減ってしまいました。トップ選手でなくとも演技を楽しみにしていた選手もいましたから・・・欧米で人気が下がったのが分かる気がします。この解決のため今季から新ルールでなんでもやっていいいコレオをいれたのだと思いますが、もう少し時間がかかりそうですね。こうしてみると一度途切れたものを復活させるのは大変だなと感じます。
    2013年01月05日 22:43
  • ぴのこ

    採点システム、30パーセント。
    競技で30パーセントはかなりひどい。
    心情的にひどさはわかります。

    6.0もひどかったけど今の状況が6.0より良いのかはかなり疑問。
    2013年01月06日 01:01
  • eco

    YYさん
    新年おめでとうございます。こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いします^^

    客観性は30%って堂々と発言することなの?!とちょっと思ったんですが、6.0時代は0%だったと言われると、まぁ、確かにそうなのかもなぁと。うーん、納得いくような、いかないような、筋が通ってるような、うまく言いくるめられてるような…ソチ五輪はすっきりした結果になってほしい!
    2013年01月08日 00:47
  • eco

    ぴのこさん
    ですよね、30%ってひどいって思いますよね。でも、昔はゼロだったのがこんなに増えたよ!と言われると、今のところは返す言葉に困るというか。100点満点のシステムはあり得ないにしても、もう少し何とかならないものかと思います…
    2013年01月08日 00:51
  • effect

    ecoさん 沢山のアップありがとうございます。

    採点法 試行錯誤しながら よい方向に向かっていくことを祈ります。

    トランコフは デススパイラルで転けてみたり 今回のような派手な転倒をしたりと ロシアのトップ・ペアらしからぬミスが目立ちますね。

    バザロワ&ラリオノフ組のフリーは このペアを最初に見たときから滑ってほしいと思っていたスパルタカス(贅沢言えば オリンピックシーズンまで残しておいて欲しかったな)なので とても嬉しいです。
    いかにもロシアペアらしいラリオノフの静かで力強いリフトが大好きです。
    2013年01月08日 14:35
  • eco

    effectさん
    そうですね、試行錯誤を繰り返しながら、少しずつ良くなってくれれば!

    トランコフ選手は運動能力が高く、芸術的嗜好も強く、負けん気も強いのに、なぜかここ一番でやらかす傾向がありますよね。あの転倒のし方には本当にびっくりしました。バザロワ&ラリオノフ組のスパルタカス、とっても素敵だと思います☆来シーズンもこれで行く可能性はありますよね?ジュニアのペアはロシアが上位独占状態なので、これからますます楽しみです。

    今年もどうぞよろしくお願いいたします^^
    2013年01月10日 18:06

この記事へのトラックバック