<団体戦では別の顔>エレーナ・ブイアノワ

4/9 0:05 間違いに気づきましたので、赤字で訂正しましたm(__)m


コーチがこういう発言をしてくれるのは嬉しいです。ロシアのキス&クライがますます楽しみ!




2013年4月7日
I・ラスカゾワ


エレーナ・ブイアノワ
団体世界選手権では私たちはまったく別の顔をしている


 ヨーロッパ選手権銀メダリストのアデリナ・ソトニコワと、ジュニア・グランプリファイナル金メダリストのマクシム・コフトゥンのコーチであるエレーナ・ブイアノワ(旧姓ヴォドレゾワ)が弊紙のインタビューに応じ、4月11日に日本で開幕する国別対抗戦に向けて、生徒たちの準備がどのように進んでいるのか話してくれた。


 私たちはいま一日中リンクで過ごしています。アデリナにとってはもう2回目の団体世界選手権で、マクシム・コフトゥンにとっては初めてです。アデリナと一緒に団体世界選手権へ行くのはもう2回目で、マクシム・コフトゥンとは初めてです。準備自体は基本的に何も変わりありません。私たちが日本で滑るのは、シーズンを通してやってきた自分のプログラムなのですから。

 ただ、団体世界選手権そのものが、その雰囲気や精神において何かまったく別物なのです。例えば、私はそこがすごく好きです。チームの精神が感じられます!もし皆さんがインターネットで写真をご覧になったら、団体世界選手権では私たちがまったく別の顔をしていることにすぐ目がとまるでしょう。

 いつもなら自分に入り込んで、他のコーチ達とはほとんど会話せず、自分の生徒以外の選手は誰も見ません。自分のこと、自分の生徒の滑りに集中し切ります。たいていは誰がどんな滑りをしたのか見ることすらできず、後からインターネットで録画を見るのです。これはちょっと違いますよね。それが団体戦だと…お互いに応援し合うのです。得点が出るのを二人で座って待っているというのがいつもの慣れたやり方ですが、国別戦では、自分の周りにチーム全員が立っているのですよ!



<原文>
http://www.sovsport.ru/news/text-item/599983

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • YY

    こんばんは。
    コーチからみても国別対抗戦は、新鮮で楽しい体験なんですね。是非楽しんで欲しいです。
    この大会が続いてロシアのフィギュア2派対立がなごむきっかけになるといいですよね。バレエの方はソ連崩壊後の人のながれができて昔ほど対立していないように感じますが、フィギュアスケートの方はロシアナショナルのごたごたニュースをみていると相変わらず?な印象があります。(笑)
    2013年04月08日 22:16
  • eco

    YYさん
    こんばんは~^^
    ブイアノワコーチは以前ご自分のことを「他人を楽しませることのできない部類の人間で、ショーへの出演に興味を 持ったことは一度もない」なんて仰っていたので、国別対抗戦のようなお祭り騒ぎはどちらかというとお嫌いなんじゃないかと思ってたんです。なので、このインタビューを読んで嬉しくなってしまって。コーチ陣もチームロシアとして(いちおう)一枚岩になるきっかけになるといいですね!
    2013年04月08日 23:49

この記事へのトラックバック