トランコフ<FSの人物像は複雑でドラマチック(下)>

トランコフさんは本気で「フィギュアスケートを爆破」したいんだなぁと、改めて思いました。ソチ五輪を機に、競技の方向性がまた変わるかもしれませんね。




 ― 聖書のキリストと、ウェーバーのキリスト、どちらがあなたにより近いですか?

 マクシム・トランコフ:このプログラムでは、やはり、多くの人々がテレビで目にしてきたキリスト像を滑ります。僕はこの作品を単純に戯曲としてとらえています。そこに描かれるキリストは、宗教とは何の関係もない人物で、もっぱら架空の人物です。

 ― マクシム、あなたは胸に大きな十字架をかけていますね。誰かからの贈り物ですか?

 マクシム・トランコフ:ええ、父が僕にくれたものです。僕を洗礼してくれたわけではなく、16世紀に建てられたモンテネグロの木造修道院のお土産です。こういう十字架を修道院の修道士たちが作っているんです。パパは今年この世を去り、十字架が思い出として僕の手元に残りました。

 ― ターニャ、あなたにとって新しいプログラムは近しいものですか?

 タチヤナ・ヴォロソジャル:私に近いのは基本的に愛のテーマです。私は生来とてもロマンチックなんです(微笑)。ショートプログラムではワルツを踊りますが、これは女の子の憧れです!私はずっと卒業パーティーでワルツを踊るのを夢みてきました。プログラムは魅惑的で、とても軽やかで、衣装をつけて細かいところまで再現することができれば、素晴らしいものになるでしょう!

 ― ショートとフリー、どちらのプログラムがあなたにより近いですか?

 タチヤナ・ヴォロソジャル:今のところ、フリーの方だと思います。でも、ショートプログラムは大好きです!あまり気分が良くないときでも、このワルツの魔法のような響きを聞くと、すぐにリンクへ飛んで行きたくなるんです!

 ― すでにオリンピックでプログラムを滑り終えて、すべてが最高の出来だったとします。そこで次の質問に答えていただけるでしょうか。ソチ後の選手生活はありますか?

 マクシム・トランコフ:僕たちはあると考えています。まだ滑ることが出来ます。年寄りじゃないし、さらに試合に出ることができます!何か目標を追いかけるのではなく、ただ楽しむために、フィギュアスケートをエレメンツではなく芸術やアートの方向へ動かすために滑るのは、素晴らしいことです。

 もしソチオリンピックが無事に終わったら、喜んで3番手のペアとして滑りますよ。もっと若い選手たちに場所を譲ってね。僕たちは栄光を追いかけたり、永遠の人気は求めたりしません。自分たち自身の目標を達成して、その後は、先の人生をただ生きて、創造したいんです。


 (終わり)




<自習メモ>
не иметь ничего общего с кем-чем ~とは何の関係もない、何の共通点もない

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

  • みかん

    ecoさま、こんにちは!
    翻訳ありがとうございます。

    トランコフさん、カッコイイですねえ!!!
    よっ!男前!!
    振り付けへの並々ならぬこだわりも素敵です。
    ロシアの伝統なんでしょうか?

    以前、ミヤケンさんがジェーニャのロミオとジュリエットを振りつけたけど、結局お蔵入りになったのは「演じるべきロミオ像が見えない」ってお話ありましたよね?

    テーマ作り、演ずる人物像、そういったものを明確に意識している振り付けの奥深さやこだわりにロシアの伝統を感じるのです。

    ほんと、どんな演技をみせてくれるのか楽しみですね!どんな風にフィギュアを爆破するのかも(笑)
    2013年08月18日 11:06
  • eco

    みかんさん、こんにちは!
    トランコフさんの魅力に徐々に惹き込まれているecoです(笑)

    ミヤケンさんの振り付け評は、「ロミオはどこだ?ジュリエットはどこだ?(byミーシン先生)」でしたっけ。日本の「わびさび」みたいな、いわばあいまいな美しさは、ロシア的な感覚に合わなかったのかもしれませんねぇ。残念ですけど…

    フィギュアスケートのプログラムは時間が限られているし、エレメンツのしばりもあるので、編曲は多少違和感があっても仕方ないのかなぁと思っていたのですが、トランコフさんの話を聞いていると、もっと良い作品ができそうですよね。ソチでの圧倒的な勝利、そしてその後の爆破を楽しみに待ちたいと思います!^^
    2013年08月18日 16:19
  • 豪太

    マクシムかっこいいな!!
    ロマノフ王朝の皇太子みたいだよね。
    俺は外国人は嫌いだけど、スラブ民族は特別で好きだなぁ。美男美女が多すぎだね!
    芸術にも国家で力を入れてるし…。
    ロシヤに行ってみたいよぉ。
    マクシムとしゃべってみたい。
    ロシヤ語とフランス語は得意なので長期滞在してみようかなぁ。
    2014年02月08日 17:39

この記事へのトラックバック