ズーリン(3)<選手は兵士であるべき>

指示待ち族はダメだけれど、コーチの指示は素直にきくべき。なかなか難しいところかもしれません。カツァラポフ選手はかつて「ズーリンコーチに放ったらかされていたから、自分たちで動画を探して見たりして技術を修正していた」と話していましたが、似た者同士でかえってうまく行かなかった面もあるのかも?





 (一部抜粋)


 私は今でもトービル/ディーン組の作品を見ます。今でも彼らの演技を生徒たちに見せます。現在の目線で見ればスピードが無いのは分かっていますし、私が思うに、女性(トービル)が役者として男性(ディーン)に負けているのも分かっています。でも、二人両方に基準となるものがあります。基準のポジションや、基準のスケーティングが。彼ら以上にお互いが密着して、並行して滑った人間は誰もいません。もうこの先も現れないでしょうね、おそらく。彼らは1日8~9時間練習し、フィギュアスケートに人生を捧げていましたが、今そんな人にお目にかかることは滅多にありません。

 ― というと?

 我が国の選手たちは、練習をさせる必要があるのです。私の生徒たちは実質的に耕作者です。とにかく練習会場へ行って自分で何かしさえすればいいのだと、自分の頭で理解できるにも関わらず、彼らにはそれができないのです。つまり、何でもするのですが、自分からはしないわけです。もしかすると、まだ早すぎるのかも?もしかすると、時間が経てばあるいは…もしかすると、今は本当にトレーニング後に息をつく方が良いのかもしれません。あと1年も私のもとで滑れば、自分からクリエイトし始めるかも。

 ― メンタリティでしょうか?

 そうは思いません。私とマイア(※ウソワ)もロシア人ですよ。

 ― でも、カーチャとジーマ(※ボブロワとソロヴィヨフ)は必要な方向へ前進していますよね?

 とても立派に前進しています。でも、クリエイティビティの話をするなら、もうひとつこんな疑問が出てきます。ジーマとカーチャがコーチや振付師になりたがるとはまったく限らないということです。私はずっとそれを夢みてきたので、まだ若いうちからリフトを考案していました。アベルブフもそうですが、トービルとディーンも自分のリフトはすべて自分で考えていたに違いありません。その結果、ディーンとアベルブフは偉大な振付師になりました。このズーリンも彼らに後れを取りませんでした。

 発明への内なる呼び声はあるかもしれないし、無いかもしれない(?)。あるのは選手という名の兵士。素晴らしい兵士です。あなたは彼に「スピードを出してこのリフトを14回やるんだよ」と言う。彼はそれをやります。でも、相手が私だったら、当時の私を指図して何かをさせるなんて、とんでもないことでしたよ。私は自分で何でも決めていましたから。もしかするとこれはマイナ面かもしれません。選手は兵士であるべきなので。「イエス、サー!」「前へ進め!」ってね。

 ― でも、兵士には即興性がありませんよね。

 いいえ、オリンピックで勝てさえすれば何の問題もありません。そのうち多面的な思考が育ってくるかもしれませんし。自分で分かっていることは、コーチとしての私には “遂行者”が必要だということです。

 ― ご自身とは対極にいる人間ですか?

 いいえ、単純に私の言うことに耳を傾け、すべてそのようにする必要があって他の方法はないのだと、敬虔に信じる人間です。もしコーチが正しく、生徒の目から見て理にかなって正しければ、それはコーチにとって快感です。

 ― その理にかなっている様子はどうやって示すのですか?

 燃える目で。

 ― そういう調和をいつもうまく達成できるとは限りませんよね?

 私がとても恐れているのは、生徒の「スター病」です。ジーマとカーチャ、あるいはキリル・ハリャーヴィンとクセニア・モンコがいつかその病気にかかったとしたら、私の言うことを聞かなくなるでしょう。でも、そんなことが起こらないよう強く願っています。

 ― もし起こったら?

 終わりの始まりを見ることになるでしょうね。自分がいちばん賢いと思って、他人を信用しなくなれば、ピリオドは近くなるでしょ。

 ― それは、かつてあなたのもとで練習していたイリニフ/カツァラポフ組のことではありませんよね?

 それは、あなたご自身がすでに思い至っていることですよね。




<原文>
http://sochi2014.rsport.ru/sochi2014_figure/20130904/684859684.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック