ゲルボルト&エンベルト<試合が恋しかった>

カタリナ・ゲルボルトがついに帰ってきました!
2009年ヨーロッパ選手権で蓄膿用のチューブを鼻につけたまま演技し、6位入賞を果たしたブロンド美女。ミーシンコーチからその根性を評価され、「真の力は1年後に開花する」と約束されたものの、翌シーズン、ソコロフスカヤグループに移籍。しかし成績は振るわず、ペア転向を決意してモスクヴィナコーチに入門。その「正しい決断(byミーシン)」によりペア結成わずか7ヶ月でニース杯優勝、9カ月でロシア選手権4位入賞。活躍を期待されていた矢先、トレーニング中に大けがを負って長期療養へ。今回、実に1年7ヵ月振りの競技復帰となりました。
ソチには間に合わないかもしれませんが、まだ24歳ですし、きっと開花して欲しいと願っています!



2013年9月22日、ミラノ
R-Sportアンドレイ・シモネンコ


フィギュアスケートのゲルボルト/エンベルトペアは
試合を恋しがっていた



 ロシアのフィギュアスケート選手、カタリナ・ゲルボルトとアレクサンドルエンベルトがロンバルディア杯に出場し、ショートプログラムで3位につけた。長い間試合に出ておらず、良い滑りをしたかったとR-Sport紙の記者に認めた。

 ゲルボルト/エンベルト組の国際大会出場は、2012年2月(バーバリアン・オープン、於:オーベルストドルフ)以来。昨シーズンは、女性が足に大怪我を負ったため競技会に出ていなかった。ロンバルディア杯のショートプログラムでは、ソロジャンプで女性が転倒するというミスがひとつあった。

 「リンクのサイズが気になって」と、ゲルボルトがR-Sportの記者に転倒の原因を説明する。「クロスをひとつやめておくか、普通サイズのリンクのときと同じようにするか長い間考えました。結局やめておくことにしましたが、やっぱりスペースが少し狭くて、それに緊張よりも、はやる気持ちの方が大きくて。とても長い間試合に出ていなかったので、欲もたくさんありました。それほど私たちはこのリンクに立ちたくて、この時を待っていたんです。自分たちの力の70%の出来でしたが、1回目としては悪くありません」

 二人が言うには、ショートプログラム前に大会運営側が設定したのは、20分間の練習1セッションのみだった。

 「それで、プログラムのプランニング面でも少し難しかったです」とエンベルトが説明する。「でも大丈夫です。カナダ式リンクも、そこで滑らなくてはいけないこともよくありますから。この経験がこれから先の助けになるでしょう」

 ロンバルディア杯でのいちばんの課題は、二人の言葉によれば、実戦感覚をつかむことだ。「僕たちは試合で自信を感じなくてはいけません」とエンベルトは言う。「プログラムに入っているエレメンツはすべて、とても良くできているんです。試合の感覚が戻れば難しいものではありません。だから僕たちはもう一度スタートを切らなくては」

 大会はミラノ近郊のセスト・サン・ジョヴァンニで行われており、出場者は日曜日にフリープログラムを滑る。




<原文>
http://rsport.ru/figure_skating/20130922/688515564.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

  • ROSE

    私も彼女達の復活を心待ちにしていました。
    タマラコーチは今シーズン限りで引退してしまいますが、後を継ぐワシリエフコーチがきっと彼女達を大成させると信じております。
    今回の演技も二人のユニゾンでワシリエフ効果が出ているな~と感じる事が出来ました。
    ただ・・・ワシリエフコーチがまた悪さをしないかちょっと心配。
    そんなことをしたら私が許しません!!
    今シーズンはジュニア含めペアのレベルがぐっと向上して、毎週楽しませて頂いています。
    成美ちゃん達も良かったですね~~
    どの選手も怪我なく素敵な演技で私達を楽しませて欲しいな~と念願しております。
    2013年09月25日 05:47
  • eco

    ROSEさん
    まさかワシリエフさんがタマラコーチのところへ来るとは思っていなかったのですが、今のところうまく行ってるようで良かったです。そうですね、あとはワシさんがちょっかいを出さないかどうかですね…って、彼女は今もガチンスキー君とおつき合いしてるんですよね?大丈夫ですよね??

    ペアのレベル、全体的に本当に上がってきましたね!ベレシハやシェン&ツァオのような組が生まれてくることに期待してます!
    2013年09月28日 20:48

この記事へのトラックバック