アベルブフ<最初リプニツカヤはジュリエットになるのを断った>

二転三転したリプニツカヤのFS。パーフェクト・センスで作りかけたけれどうまく行かず、ムーランをテストスケートに持って行ったらダメ出しされて、結局ロミジュリに落ち着いた模様。でも、ロミオのいない、毒も飲まないジュリエットってちょっと斬新ですね。



2014年9月15日
イネッサ・ラスカゾワ


最初ユーリャはジュリエットになることを拒んだ


 (前文略)


 私が申し上げることをファンの皆さんがどうか聞いてくれますように。お願いです、今年ユーリャの演技に何か雲の上のような、信じがたいものを期待する必要はありません。何かうまくできなくても、彼女を非難したり、逆に過度に褒めるには及びません。ユーリャは努力し、練習しています。新しいスパイラル、新しいスピンへの入り方、スピンのポジション、ジャンプシークエンスを身につけました。きっぱりし過ぎなぐらいの心持ちで。オリンピック団体戦の金メダルは、彼女が夢みてきたことのすべてからは程遠い。彼女は大きなものが欲しかったし、欲しいのです。

 でも、同じような全世界的興奮の震央にオクサナ・バイウル(編集注:1994年の五輪チャンピオン)が置かれたことを、私たちは非常によく覚えています。そして、それをきちんと処理できませんでした。この歴史をユーリャとまた繰り返したいとでも言うのでしょうか?!

 ― 最終的にユーリャにジュリエットのイメージを選んだのは誰ですか?

 いつだったか、きっとシーズンの終わり頃だったはずですが、私は自分たちがこれまでにつくってきたプログラム全4作の話をしました。それがどういうものだったのか、何だったのか、なぜお蔵入りすることになったのか。無論、またどれかのアイデアに戻るかもしれませんが…

 ジュリエットは、今回の難しい創造的模索のいちばん最初に挙がっていたのですが、ユーリャが嫌だと言いました。子どもの頃に『ロミオとジュリエット』を滑ったことがあって、同じものを繰り返すことに反対だったのです。私の言い分としては、当時は完全に子どものプログラムと音楽であり、基本的にジャンプのバックミュージックとして流れていて、彼女を納得させるものではなかった。

 でも、ユーリャ自身がもう一度私とジュリエットの話をし始めたことで、すべて収まりました。このプログラムはすでに出来上っているし、滑り始めて(?)います。プログラムは、ちょうど劇場の幕が上がるのと同じように、ユーリャが顔を見せるところから始まります。ちなみに、新しいショートプログラムの方では、冒頭でカイト(凧)を空に放ちます。

 ― カイトを持ってリンクへ出るのですか?

 もちろん違いますよ!(笑)カイトは目に見えないイメージとして、彼女が夢みているイメージとして出てきます。その後、彼女は自分が巨大な街に、メガポリス(※新SPの曲名)にいることに気づきますが、時おり空を見上げてカイトを探します。自分の夢を忘れていないという印をね。

 ― カイトは目に見えないのですね、ロミオのように?

 ええ、これはロミオのいないジュリエットです。彼女に差し迫っている自明のことは、プログラム中のいくつかの断片で表現しますが、でも私は、苦悩、深刻な不安、服毒、死といったテーマからはできる限り離れるよう努力しました。リンクで死ぬ人は誰もいません。ラストは、再び劇場の幕と同じように、ユーリャがもう一度顔を手で覆って…



<原文>
http://www.sovsport.ru/gazeta/article-item/743875


Julia Lipnitskaia, SP, Russian Open Skates 2014



Julia LIPNITSKAIA - Romeo & Juliet - Moscow's 867th Anniversary

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • スケートファン

    ジュリエット、振付を変えて再演。素敵・・・。
    ユーリャは新作を演じたかっただけ。かも。
    若いスケーターさんを大切に育てて欲しい。
    そして、多くの若いスケーターさんにチャンスを。

    2014年09月19日 22:09
  • eco

    スケートファンさん
    ユーリャの外野は本当に騒がしいと思いますが、そこをなんとかねじ伏せて、どうか長く選手を続けてほしい、私たちファンを楽しませてほしいと願っています。ロミオも毒もないジュリエット、どんな作品になるか楽しみですね!
    2014年09月21日 23:40
  • K.K.

    リプニツカヤ選手の記事の更新をずっと待っていました!
    投稿ありがとうございます。
    いつか彼女のトリプルアクセルを見てみたいものですね。
    ロシアの若手選手の成長を見守るのはすごく楽しいです :)
    2014年09月26日 16:20
  • eco

    スケートファンさん
    アンチポワ選手のこと、噂には聞いていましたが、実際に彼女の姿を見ると本当につらいですね…簡単ではないと思いますが、鈴木さんの例もありますし、なんとか乗り越えてほしいと願うばかりです。最良の治療とサポートを受けられますように。
    2014年09月27日 17:24
  • eco

    K.K.さん
    最近なかなか更新できなくてすみません!
    リプニツカヤ選手のトリプルアクセルですか?!4回転ならユリアもアデリナも意欲を見せていたと思いますが、トリプルアクセルを跳べそうな女子ってほんとに少ないですよね。あ、トゥクタミシェワ選手がやってくれそうかな、腰の状態さえ良くなれば!
    2014年09月27日 17:34

この記事へのトラックバック