ミーシン<男子シングルの流行りは日本人>

ミーシン先生!宇野くんにジャンプ教えてあげてくださいよ!(無理ですね…)



2015年3月6日
ボリス・ホドロフスキー


アレクセイ・ミーシン

いま男子シングルスケートでは日本人が流行のようなものになっている



 今日、3月6日、タリン(エストニア)で開催中のフィギュアスケート世界ジュニア選手権大会で、男子シングルのショートプログラムが行われた。トップに立ったのは日本のショーマ・ウノで84.87点。ロシアのアジヤン・ピトケーエフ(76.94点)、アレクサンドル・ペトロフ(75.28点)、アレクサンドル・サマリン(70.61点)はそれぞれ2位、3位、6位につけた。『オール・スポーツ』のボリス・ホドロフスキー特派員に対し、伝説的なアレクセイ・ミーシンコーチが総括のコメントをしてくれた。彼はアレクサンドル・ペトロフのコーチを務めている。


 練習ではアジアとアメリカの選手たちがフェノメナルな滑りを披露した。しかし、真の時(※試合本番)が訪れると、ロシアの選手たちがいつもどおりリーディングポジションを狙い、その位置を占める結果となった。

 ― それでもショートプログラムでは日本のショーマ・ウノが他を引き離しトップに立ちました。

 彼はいま褒めそやされているだけだ。公式プログラムの顔にまでされて。ここへはジュニアレベルでもっとタイトルを獲っている選手も来ているのだが。私は彼のジャンプテクニックがあまり気に入らない。完璧からは程遠い。

 ― 審判団があからさまに彼を表彰台の一番高いところへ引っ張り上げていると?

 そうは言わない。いま男子シングルでは日本人がなにか流行になっているだけだ。このようにジュニアのレベルにもそれが現れている。とはいえ、正当に評価する必要はある。ウノには際立ったスケーティングがある。

 ― 教え子のアレクサンドル・ペトロフの演技には満足していますか?

 非常に満足している。決して素晴らしい状態でタリンへ来たわけではないことを考慮すれば、特にそうだ。




<原文>
http://www.allsportinfo.ru/index.php?id=90637

この記事へのコメント

  • YY

    お久しぶりです。

    ミーシンコーチ、相変わらず面白いですねぇ。宇野選手のジャンプがロシア人仕込なのを知っているのか知らないのかわかりませんが(笑)
    今年の男子ジュニアはジャンプもステップもスピンも何でもできて、4回転も跳べる選手だらけ。コーチも自信がある方が多いのではないかしら?と想像してます。ミーシンコーチの言葉はそうした心うちを表現したような気がしますね(笑)
    2015年03月07日 13:16
  • eco

    YYさん
    お久しぶりです!コメントありがとうございます^^
    宇野選手のジャンプ指導をしたのって、たしかイリヤさん?イリヤさんは自分の教え子じゃないから別にいいのかな?!
    最近のジュニア選手って、本当に何でも器用にこなすのでびっくりします。ペトロフ君もとても良い選手だと思うので、ハニュウ&ウノブーム(?)の中でぜひ表彰台に上がってほしいと思います!(笑)
    2015年03月08日 01:59

この記事へのトラックバック