プルシェンコ<僕がいるところには勝利がある!>

2022年の冬季オリンピックは北京に決まりましたね。個人的には、テンくんがプレゼンしたカザフスタンが選ばれるといいな思っていたのですが、雪さんたちの泣いて喜んでいるお写真を見て、「おめでとうございます!!」と思いました。そして、とてもプルシェンコさんらしい電話インタビューを訳してみました。平昌は“現実的”なのですね?!



2015年7月31日
ロマン・ソロヴィヨフ

エフゲーニー・プルシェンコ

「いま僕は北京にいる。僕がいるところには勝利がある!」



 ロシアのフィギュアスケーターで2度の五輪チャンピオンであるエフゲーニー・プルシェンコは、北京が2022年の冬季五輪を高いレベルで行うと確信している。

 7月31日から8月3日の日程で、第128回IOC総会がマレーシアのクアラルンプールで開催中だが、その会期中の金曜日、北京が2022年冬季五輪の開催地に選ばれた。

 「いま僕は北京にいます。ちょうどこの立候補を支持するショーに出るところです。見てください、僕がいるところには、いたるところに勝利があります。だからどうやら、僕は運がいいんです」とプルシェンコがR-Sportの電話取材に答える。「中国は強くて、成長を続けている国で、もっとも強い国のひとつです。ここでスポーツや、競技場や、人々が成長する様子を僕は見ています。すべてがとても素晴らしく、中国の人たちを祝福したいです。2008年、彼らはハイクラスな夏季五輪を行いましたし、冬季を同じレベルで行うと確信しています。ここにいることが嬉しいですし、今日は中国のお客さんたちのために喜んで滑ります」

 11月に33歳の誕生日を迎えるこの選手は、北京オリンピックへの出場はかなり非現実的だと考えている。「まずはトレーニングをして、現実的なできごとに向けて準備する必要があると思います。それは、おそらく、2018年(のオリンピック)です。2022年は、おそらく、観客としてここへ来ます」とプルシェンコは付け加えた。




<原文>
http://www.sport.ru/other/Evgeniy_Plyuschenko_Seychas_ya_nahojus_v_Pekine_Gde_ya_-_tam_pobeda/article283508/
<原文の元記事>
http://rsport.ru/olympic_games/20150731/850324994.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 観客

    そうは言ってももしかしたら…と思わせるのがプルシェンコの恐ろしい所
    2015年08月02日 18:14
  • eco

    観客(!)さま
    バンクーバーの前にも同じようなことを言っていたような気が…またもしかしたら…(さすがにないと思いますが)…ブルブル
    2015年08月04日 21:48

この記事へのトラックバック