ブイアノワ<CSKAは悲しみに包まれている>

テン君、さようなら。あなたのシルクロード、あなたのショスタコーヴィチ、あなたのアーティスト2部作、あなたにしかできないユニークなプログラムの数々を忘れません。テン君、さようなら。あなたの気品あふれるノーブルな滑りを決して忘れません。さようなら。どうぞ安らかに。




2018年7月19日、モスクワ
アナトーリー・サモフヴァロフ


エレーナ・ブイアノワ(フィギュアスケート競技)コーチ

CSKA全体がテン選手のことを嘆き悲しんでいる


 (前文略)


 「私たちは完全にショック状態で、この悲劇をまだ認識できずにいます」とブイアノワコーチが電話取材に答える。「デニスはいつも祖国の名を高めたいと願い、そのことを子どもの頃から夢見ていました。そして国民の英雄になっただけでなく、その息子となりました。国中から愛されるようなことを行ったのです。彼はこの国で暮らすことを夢見ていました。それがこんなふうに、熱愛し敬愛する祖国でこんな死を遂げるなんて、ひどすぎます。彼は誰からも愛されていました。私たちCSKAの人間はみんな、管理職からブッフェの店員まで、彼のことを大好きでした。今日はCSKA全体が彼の死を悼んでいます」

 「私たち全員より、ご家族、そしてお母さまのオクサナにお悔やみを申し上げます」と彼女は言い添える。「彼は天才的なスポーツ選手で、自分の取り組んでいることを愛していました」

 ブイアノワは、CSKAでテン選手を指導するなかで、子どもの頃から彼が見せていたユニークさに気づいていた。「彼はこのCSKAで専門的スポーツの最初の一歩を踏み出しました」と彼女は語る。「明るくて、独特で、おもしろい子で。正しくカットしなければいけないダイヤモンドでした。大きな未来のある選手でした」

 また、テン選手は常に自立性で際立っていたと言う。「あらゆるショーに出演し、通信教育で学校を卒業し、通信教育でカレッジに入りました。常に自ら成長し、より磨きをかけることを決して止めませんでした。そして、私たちはこの馬鹿げた悲劇にまだショックを受けています。デニスよ、どうぞ安らかに眠ってください」とブイアノワは結んだ。


https://rsport.ria.ru/figure_skating/20180719/1139529072.html



この記事へのコメント

Eri
2018年07月29日 00:34
いつも拝見しています。

今日The Iceを見に行きました。
デニス・テン追悼コーナーとして映像とともに昨シーズンのSPの曲が流れ、涙が出てきて止まりませんでした。まだ事実を受け止められない悲しさとスケーター達の想いを考えるとつらかったです。

この会場は以前四大陸が開催されて、私は公式練習のとき会場に来るとバスの中からデニスが下りてきました。呼びかけると笑顔で来てくれて一緒に写真を撮ってもらいサインをしてくれました。一緒にいたお母さまも紹介してくれました。穏やかで気さくでした。そのことも思い出しました。

フィギュア界をまだまだ引っ張っていって欲しかったです。ただただ悲しくてつらいです。
2018年07月29日 23:55
Eriさん
The Iceを見てこられたんですね。私も行きたかったな。来週のテーレビ放映を首を長くして待ちたいと思います。

2013年の四大陸選手権でのテン君とのエピソード、覚えてますよ!こちら(https://akoako.at.webry.info/201303/article_7.html)に詳しく書いてくださいましたよね。その人がもういないなんて、しかもあんな事件に巻き込まれていなくなってしまうなんて、信じられないですよね…もっともっと色んなテン君を見たかった。当然見られると信じてたのに(涙)
Eri
2018年07月30日 23:35
覚えていて下さったんですね!
嬉しいです。ありがとうございます!

今回駅から会場に向かう途中公園が目に入り
四大陸のときを思い出して懐かしくもあり
悲しくもなりました。
お母さまのことを思うとつらいです。

The Iceの追悼プログラムですが
涙なしでは見れないと思います。

この記事へのトラックバック