トゥクタミシェワ、カナダの振付師との協働を語る

129211-27.jpg
前エントリーと同じく、動画から文字起こしされた別の記事です。


2019年8月26日
sportsdaily.ru
<原文>
https://www.sportsdaily.ru/news/elizaveta-tuktamysheva-rasskazala-o-sotrudnichestve-s-kanadskim-postanovshhikom
<原文の元動画>
https://fsrussia.ru/intervyu/4473-videointervyu-elizavety-tuktamyshevoj-i-andreya-lazukina.html

エリザヴェータ・トゥクタミシェワがカナダの振付師との協働について語る

 (前文略)

 シェイ=リーンと一緒に仕事をし始めたとき、私は自分を才能のないスケーターだと感じました。人はやはり一定の仕事スタイルに慣れています。そこへ、私とは無縁の要素がどっさり現れたわけです。実際に現れました。
 自分にステップがあることは知っていましたが、このプログラムは、世界選手権で勝つ選手たちのレベルに実際にふさわしいものです。滑ってみるとプログラムに隙間がなく、クールでした。大変でしたが、これまでと違うものに見えることは分かりました。これを滑り切れば違うレベルのものになると、鼓舞されました。

"トゥクタミシェワ、カナダの振付師との協働を語る"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: