ヤグディン<バカ騒ぎを起こしているのは不健康な人間(3)>

《そのときタラソワに叩かれた》  ― 女子がいつか4回転ジャンプを跳ぶようになると思っていましたか?  いや、男子も5回転を跳ぶようになりますよ。ちょうど15年後ぐらいだと思います。4回転アクセルは100%実現するでしょう。その昔、2回転ジャンプでみんなが「ワオ!」と思ったようなものです。進歩の流れは止まりません。新しい靴や、もっと…

続きを読む

Comment (2)

ヤグディン<バカ騒ぎを起こしているのは不健康な人間(2)>

《メドベージェワは半年休養する必要があった》  ― メドベージェワのコーチ変更に伴う困難についてお聞きします。あなたも同じ経験をお持ちですね。  ええ、微妙な違いは別としてそっくりですね。年齢もほとんど同じ。ただ、僕の移籍先はロシアのコーチでした。  ― 実際に難しいプロセスでしたか?  僕が思うに、ジェーニャは半年…

続きを読む

Comment (0)

プルシェンコ<来季は僕とヤグディンの合意を取りつければいい>

1つ前のエントリーの関連記事。プルシェンコさんの意見にヤグディンさんが同意(?)していらっしゃいます。 2019年1月27日 Sports.ru コリャダとコフトゥンが崩れたことについてプルシェンコの談話 「来シーズンは僕とヤグディンの合意を取りつけてはどうか」 2つの五輪金メダルを持つエフゲニー・プルシェンコが、…

続きを読む

Comment (0)

プルシェンコ<僕とヤグディンが世界選手権へ行くべき>

ヨーロッパ選手権でコリャダ君とコフトゥン君が崩れたことについて、プルシェンコさんのコメントです。まったくの冗談にも聞こえませんね(^^; 2019年1月26日、ミンスク アナトリー・サモフヴァロフ コリャダとコフトゥンが崩れたことについてプルシェンコの談話 「世界選手権へ派遣されるにふさわしいのは僕とヤグディン」 …

続きを読む

Comment (0)

ヴォロトラ<立ち会い出産には反対!(中)>

《ご近所のリョーシャ・ヤグディン宅のサウナへ行く》  ― お嬢さんを産院からこの新居へ連れて来るのですね。マクシム、あなたはまさに郊外に家庭を持つことを夢見ていましたね。 マクシム:僕は15歳でペルミにある両親の家を出ました。寮やアパートをうろうろする羽目になりました。2年間はアメリカで、広々とした家に住むファミリーの元にちょっとお邪魔…

続きを読む

Comment (0)

コリャダ<スケーターじゃなかったら科学者になっていた>

露フィギュアスケート連盟公式季刊誌より、コリャダ選手の“電撃”インタビューを訳してみました。時期は「オーストリアの大会で優勝した直後」と書いてありますが、よくわかりません。2月ごろ? 露フィギュアスケート連盟公式季刊誌2016-1[5]号 アンドレイ・シモネンコ ミハイル・コリャダ もしフィギュアスケートをやっていなければ、…

続きを読む

Comment (2)

ヤグディン<リプニツカヤは軽々と五輪チャンプになれる>

プルシェンコのSPにはヤグディンも納得だった様子。フリーの方は、まぁ、かなり色々と仰りたいことがあるのでしょう。ベスト・オブ・ヤグディンとか絶対しなさそうですし(笑) 2014年2月10日 アナスタシア・ボグダノワ アレクセイ・ヤグディン リプニツカヤは軽々と金メダルを獲れる  フィギュアスケートの五輪チャンピオン、ア…

続きを読む

Comment (7)

タラソワ<氷は滑る(3)>

1/5 16:55 タラソワコーチは、「クーリックは長野五輪出場選手中でただ一人4回転ジャンプを跳んでいた」と話していますが、実際には中国の郭政新選手がフリーで2本の4回転を跳んでいます。私も今はじめて動画で確認してびっくりしました。タラソワさんの記憶が塗り替えられているのか、そもそも見ていなかったのか…(通りすがりさん、情報ありがとうございます!…

続きを読む

Comment (3)

<馬鹿はチャンピオンになれない(2)>タチヤナ・タラソワ

よく分からないところがあって「?」をつけています。 グリアゼフはどんな選手だったのでしょうか? ドミトリエフは今モロゾフチームですよね??(汗) * * *  ― 2005年の終わりにシズカ・アラカワとの師弟関係を解消したとき、あなたは「我慢の限界よ」と仰いました。コフトゥンに対しても我慢できなくなる恐れはありませんか。 …

続きを読む

Comment (0)

<ギネスブックに載りたい(下)>エフゲーニー・プルシェンコ

С новым годом!!! 皆さま、明けましておめでとうございます。 早いものでこのブログも5年目に突入です。 相変わらずマイペースに更新していくと思いますが 今年もどうぞよろしくお願いいたします^^ それでは早速、プルシェンコインタビューの続きです!  ― 試合前、もうすぐ生まれてくる赤ちゃんのことを考えましたか。 …

続きを読む

Comment (4)

<昔はもっと自由だった>アレクセイ・ヤグディン

クラスノヤルスクに新しいスケートリンクがオープンし アベルブフ率いるTVアイスショーの収録が行われました。 そのショーに先立ちマスタークラスを開いたヤグディン。 ソチ五輪のメダルの可能性は、ペアと“男子”なのですね! 2012年4月12日 アンナ・アレクセーエワ アレクセイ・ヤグディン かつてリンクにはもっと自由があっ…

続きを読む

Comment (6)

<タラソワはヤグディンをマイアミビーチへ行かせた>エフゲニー・プラトフ

オンラインでは一部しか読めないようですが ちょっと面白いミニ記事を見つけたのでご紹介。 ヤグディンファンの間では有名な話なんでしょうか? 2012年4月4日 Pressball エフゲニー・プラトフ タラソワは五輪前にヤグディンをマイアミビーチへ行かせた  二度のオリンピックチャンピオン、エフゲニー・プラトフが、タチア…

続きを読む

Comment (2)

<プルシェンコの五輪での課題はクリーンな滑り>アレクセイ・ヤグディン

ヤグディンのコメント部分のみ訳します。 ヤグディンの発言は説得力が違いますね… アレクセイ・ヤグディン プルシェンコの五輪での主要な課題は クリーンに滑ること モスクワ、1月22日、ノーボスチ通信  「プルシェンコの五輪での主要な課題は、クリーンに滑ることだ」。ソルトレイクシティ五輪金メダリストのアレクセイ・ヤグディ…

続きを読む

Comment (0)

<プルシェンコは五輪で勝つでしょう>タチヤナ・タラソワ

本日付のタラソワコーチのインタビューを、一部省略してご紹介します。 たしか去年、「若いコーチたちが育ってきたのでそろそろ引退したい」 というような発言を聞きましたが、ますます精力的に活動されているご様子。 40年以上経ってもなお、エネルギッシュでお美しいと思います。  ― 我が国のフィギュアスケートのレベルが落ちたというのは正し…

続きを読む

Comment (2)

トットミアニーナがヤグディンの娘を出産

五輪金メダリストカップルに女の子が生まれました。 どんな子に育つのか将来が楽しみすぎです☆☆ 二人に娘が生まれたことは広く報道されていますが ヤグディンのコメントが見つかったのは このタブロイド紙(!)だけでしたので その点はどうかご了承くださいませ。  著名なフィギュアスケーター、アレクセイ・ヤグディンとタチヤナ・トッ…

続きを読む

Comment (2)

ママを置いている店はない(3)

3人の五輪チャンピオンが三者三様なのと同じように そのママたちもまったく違うタイプなのですね。 当たり前と言えば当たり前なのですが それぞれの親子の姿が目に浮かんでくるようで 訳していてとても楽しい内容でした。 素人の訳ということを差し引いて 皆さまにも楽しんでいただければと思います。 なお、「フィギュア・ママ」という言葉は ロ…

続きを読む

Comment (0)

プルシェンコの五輪でのチャンスをヤグディンが高く評価

ヤグディンのプルシェンコ評をもう一つ。 ヤグディンがプルシェンコをストレートに褒めるって これまでにもあったのでしょうか?よく知らないのですが… どちらにしても、2人とも素敵な人生を送っているようですね! プルシェンコの五輪でのチャンスをヤグディンが高く評価 アレクセイが我が国の選手たちを応援するために 身重の妻をともな…

続きを読む

Comment (4)

<プルシェンコにはオリンピックで勝つ力がある>アレクセイ・ヤグディン

ヤグディンもロステレコム杯を見に来ていたんですね! 素人が急いで(興奮して)訳したものなので 少し差し引いて読んで頂ければと思います<(_ _)> ヤグディン プルシェンコにはオリンピックで勝つ力がある  ソルトレイクシティ五輪チャンピオンのアレクセイ・ヤグディンが、「ソヴィエツキー・スポーツ」通信員のセル…

続きを読む

Comment (4)

<曾曾曾祖父の名に恥じない自分でありたい(下)>デニス・テン

テーマ設定が1記事につき3項目までしかできないのですが この記事にはヤグディン、クーリック、ライサチェク、ジュベール、 そして浅田真央ちゃんが登場します。  ― 世界選手権の中継を見ながら、多くのロシア人ファンたちは肘を噛んで(残念がって)こう思ったものです。「おい、なぜ彼はロシア人じゃないんだ?!」と。競技国籍の変更を真剣に考え…

続きを読む

Comment (2)

古傷を癒すヤグディン

熱心なファンの方は当然ご存じだと思いますが 昨日はヤグディンの誕生日だったんですね。 さて、ゴシップ的でちょっと問題があるとは思うのですが 彼が痛みと戦い続けている様子が伺える記事があったので ご紹介してみたいと思います。 古傷を癒すヤグディン  オリンピックチャンピオンのアレクセイ・ヤグディン。現役を引退し、スケー…

続きを読む

Comment (2)

チュメニの観客は温かい<アレクセイ・ヤグディン>

ロシアのウラル地方にチュメニという都市・州があり その地域の『チュメニ・リニヤ』というメディアの記事です。 途中の俳優さんのコメントは省略して、ヤグディンの発言部分のみ訳します。 アレクセイ・ヤグディン チュメニの観客は 僕たちを温かく迎えてくれる  チュメニの観客はいつもアイスショーを温かく、手厚く歓迎してくれる…

続きを読む

Comment (4)

<私はベツレヘムで仕事をしている(上)>アレクセイ・ミーシン

'09.6.16 読みかえしてみると、あまりにわかりにくい日本語だったので  全体に手を入れました。多少読みやすくなったと思います。 「ユビレイヌィ」は英語の「jubilee」に当たります。 プログレッシブ英和中辞典によると  1.記念祭(50年祭、25年祭など)  2.慶祝の日(年、時期);祝祭、祝典  3.歓喜  4.聖年…

続きを読む

Comment (0)

<なぜトップ選手同士をぶつけるのか>タチヤナ・タラソワ

前回の記事とかなり内容はかぶっているのですが ウィアーやヤグディンの面白いエピソード等もあったので こちらも訳してみました(あくまでも素人の訳です!) さて、ジョニーにロシア語でファンレター書こうかしら(笑) タチヤナ・タラソワ なぜトップ選手同士をぶつけるのか  先日、モスクワでグランプリシリーズ第5戦・ロシア杯が…

続きを読む

Comment (2)

<それでも我々は“6.0”の住人だ>アレクセイ・ヤグディン

エリック杯を生観戦したヤグディンの談話です。 分からないところが多くてすみません…勉強しなくては~ ヤグディン それでも我々は“6.0”の住人だ  エリック・ボンパール杯に思いがけないゲスト。ミックスゾーン裏に、スタイリッシュなグレーのスーツに身を包んだアレクセイ・ヤグディンがいたのだ。オリンピックチャンピオンがいるのに…

続きを読む

Comment (12)

<人々の愛は大きな責任!>アレクセイ・ヤグディン

2009.7.14 長らく「?」になっていた部分が解読できました! 熱狂的ファンというものは、世界中どこにでもいるものだと思っていましたが…(汗) ロシアには斧を贈る習慣があるんでしょうか??? アレクセイ・ヤグディン 人々の愛は大きな責任! 昨日10月4日、2002年のオリンピック金メダリスト、アレクセイ・ヤグデ…

続きを読む

Comment (0)

アレクセイ・ヤグディンが「観客賞」を受賞

10月4日、モスクワで行われた「クリスタル・アイス」アワードで ヤグディンが“観客賞”に選ばれました。 冒頭のヤグディンのインタビュー部分だけ訳します。 「エフゲーニー・プルシェンコは、いつもこの国のゴールデン・ボーイだった。でも僕の方は、悪ガキだ扱いだった」―『論拠と事実』紙のインタビューに対し、アレクセイ・ヤグディンは語った。…

続きを読む

Comment (0)

<アレクセイ・ミーシンに質問しよう~回答編~>

2010.3.30 さらに一年が経過して読み直してみたら間違いだらけ。 赤字だった箇所も含めて全体的に手直しをしました。 未だに分からない部分もありますが 一年前よりは力がついているようで嬉しいです。 12/1 更に一部修正しました。 あくまでも勉強中の素人の訳ということで、よろしくお願い致します。 もしロシア語堪能な方がいらっ…

続きを読む

Comment (4)

<大統領の休日>アレクセイ・ヤグディン

ちょうど韓国のショーに出演中のヤグディンですが 先々週はモスクワで舞台俳優デビューを果たしたそうです。 『大統領の休日』というお芝居で 彼が演じたのはウラジーミル・ウラジーミロヴィチ大統領役。 なんとプーチン前大統領と同姓同名!! 主役は“インスピレーションを失った作家”とのことですが もちろん大統領も重要な役どころだったようです。 …

続きを読む

Comment (0)