ランビエル<ロシア選手を喜んでサポートする(下)>

たいへんお待たせしました。ランビエルのインタビュー後編です。外国人へのインタビュー記事はふつう、平易なロシア語で書かれていて訳しやすいものなのですが、今回はなぜか非常に訳しづらかったです。細かいニュアンスはあまり気にせず読んでいただければ幸いです。 フィギュアスケーターにはテクニックだけでなくカリスマ性もなくてはいけない  …

続きを読む

Comment (0)

ランビエル<ロシア選手を喜んでサポートする(上)>

リレハンメルのユース五輪でのインタビュー。スイス人とロシア人が英語で話して、それをロシア語にまとめたものだと思いますので、ざっくり読んでいただければ。 2016年2月19日 ニコライ・リャザンツェフ ステファン・ランビエル 喜んでロシアへ来て、若いスケーターをサポートしましょう  (前文略)  ― ステファン…

続きを読む

Comment (0)

ミーシン<トゥクタミシェワの新プログラムは昨季より難度が上がる>

ミーシン先生のお言葉の部分のみ抜粋。新プロの音楽について、リーザは「まだ選んでいるところ」と話していましたが、先生は「すでに選んだ」と仰っています。いずれにしても「まだ秘密」ですね。 モスクワ、2015年5月14日 タス通信、エカテリーナ・ムフルィニナ記者 コーチ談 フィギュアスケートのエリザヴェータ・トゥクタミシェワ選手の新プ…

続きを読む

Comment (3)

ミーシン<トゥクタミシェワは5月17日にスイスへ発つ>

ミーシン先生は今でもランビエルがお好きなのですね。 2015年5月14日 アンドレイ・シモネンコ アレクセイ・ミーシン トゥクタミシェワは5月17日、スイスのランビエルのもとへプログラム作りに行く  (前文略)  「私とリーザはスイスのステファン・ランビエルのもとでプログラムを作るため、日曜日の便で発つ。そこ…

続きを読む

Comment (4)

トゥクタミシェワ<ランビエルが新プログラムを作ってくれる>

ランビエル×トゥクタミシェワ(+ミーシン)=?! 2015年5月14日 エカテリーナ・ペタイキナ エリザヴェータ・トゥクタミシェワ ステファン・ランビエルが私に新しいプログラムを作ってくれる  (前文略)  ステファン・ランビエルと一緒に仕事をすることで合意しました。私が6日間スイスへ行きます。この期間でショート…

続きを読む

Comment (0)

シニツィン<ランビエルがジガガジに2プロつくった>

SDのパソドブレはデスパレートな主婦と怠惰→マッチョな夫という謎設定だそうで、さすがランビさん!と驚きましたが、FDも両方とは。NHK杯が楽しみでもあり怖くもありますねー ドイツの兵役について詳しい方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください! 2014年7月4日、モスクワ R-Sport、マリヤ・ヴォロビヨワ シニツィン ラ…

続きを読む

Comment (0)

ランビエル<テンは現在最高のスケーター>

カザフスタンのサイトにランビエルのロングインタビューが掲載されました。これはそのほんの一部をロシアのサイトが取りあげたもの。「スイス人の英語→カザフスタンのロシア語→素人翻訳の日本語」なので、ニュアンスはきっと違ってきていると思うのですが、それでもランビエルらしい受け答えだなと思ったので訳してみました。Art on Iceを観に行きたかった! …

続きを読む

Comment (0)

<日本では羽が生えたようだった>エリザヴェータ・トゥクタミシェワ

「驚異の14歳!鮮烈のデビュー!」を記念して スケートカナダ前のインタビューを訳してみました。 ユビレイニーのビュッフェでコーヒーを飲みながら リラックスした雰囲気で行われたようです。 省略した部分は、できれば後日訳したいと思っています。 2011年10月22日 アファナシー・ドブリニン エリザヴェータ・トゥクタミシェ…

続きを読む

Comment (10)

ガチンスキーが5種類の4回転を習得

今が一番勢いのある時期なのでしょうか。 堂々たるインタビュー内容にちょっと圧倒されました。 今シーズンの男子シングルは大変なことになりそうな… 2011年9月9日 ノーボスチ通信 フィギュアスケーターのガチンスキーが 5種類の4回転ジャンプを習得した  (前文略)  「4回転トゥループは簡単にできます。それが4回…

続きを読む

Comment (7)

<オリンピックは予測不能>ヴィクトル・ペトレンコ

バンクーバー五輪開幕までいよいよあと5日!! オリンピック特集番組もどんどん増えてきましたね。 そんな中、男子シングルの注目選手として紹介されているのは 今のところ日本人3選手と、プルシェンコ、ジュベールだけの模様。 でも、ペトレンコとオーサーはランビエルの名前を挙げているし 他にもアメリカ3選手、チャン、ヴェルネルもいるのに…… と不…

続きを読む

Comment (0)

<他の選手たちは震え上がった>アレクセイ・ミーシン

「バンクーバーの金メダルはほぼプルシェンコのものだろう」 昨日まではそう思っていました。 でも、ヨーロッパ選手権のLive中継を見て 「これはランビエルが来るかもしれない」と思い始めました。 いずれにしても、プルシェンコは強いライバルを歓迎しているようで 表彰台で自分からランビエルをハグしに行った姿が印象的でした。 アレクセ…

続きを読む

Comment (0)

<素晴らしいプログラムになるでしょう(上)>グリュッター

スイス選手権時(12月12日の朝、FS練習後)に行われた インタビューとのことで、既出の内容も多いのですが 後半にはソルトレイク五輪のスキャンダルの話も出てきて ある意味でとてもロシア的な内容になっていると思います。 二重翻訳になりますが、ざざっと訳してみます。 ピーター・グリュッター 素晴らしいプログラムになるでしょう …

続きを読む

Comment (0)

<痛みをコントロールしている>ステファン・ランビエル

9/29 これはどうやら、試合後に行われた共同記者会見の内容のようです。 それらしき動画があったのですが、いま聞き取りをする根性がないので 興味のある方はYouTubeをご覧ください・・・スミマセン。 「Nebelhorn Trophy pressconference」で検索するといくつか見つかります。 17:55 すみません、どうも…

続きを読む

Comment (2)

ヴィクトル・ペトレンコ独占インタビュー(抜粋)

ロシアのコミュニティ・ライヴジャーナルに掲載された、ヴィクトル・ペトレンコの独占インタビュー。もう半年以上前(2月5日付)の記事なのですが、ステファン・ランビエル復帰記念ということで、彼に関する部分のみ訳してみたいと思います。このインタビューは約45分間、電話で行われたとのことです。 その後もペトレンコはランビエルを説得し、彼が競技復帰を決意…

続きを読む

Comment (4)

<診断は“コーチ中毒”(5・完)>アレクセイ・ミーシン

やっと最終回まで漕ぎ着けました。ぐったり(笑) しかし、またもや教授の口からランビエルの名前が。 プルシェンコが少々乱暴なラブコールを送ったのも 頷けるような…ところで、ネーベルホルンって???  ― 新しい採点ルールは、どちらかというと(?)プラスですか、それともマイナスですか?  その問題に答えるとなると、インタビュー…

続きを読む

Comment (10)

<最後まで道を歩むと約束します(上)>エフゲーニー・プルシェンコ

5/22 22:30 見直してみると、やはり気になるところが続出で、全体に手を入れました。大きな間違いの部分は赤字にしていますので、よろしくお願いします。 ちょっとお疲れモードで、あまり見直し&推敲ができていないのですが、とりあえず前半をUPします。 特にランビエルへの発言は過激すぎて、誤訳だったらどうしようかと思ったのですが、ロシア人ラン…

続きを読む

Comment (14)

<ロシアではまだショーができない>アリ・ザカリアン

 この記事の最後に、引用元としてロシアのランビエル・フォーラムが紹介されています。不思議に思ってクリックしてみると、どうやらザカリアンの言葉に反発したロシアのランビエル・ファンたちが、「ロシアにもランビエルを!トップ選手を!本物のショーを!」という運動を起こしたようです。“半スケート”のアイス・エイジよりも、本当のテクニカルなスケートを見たい観客は…

続きを読む

Comment (13)

<僕はちょっとクレイジーかもしれない(下)>ステファン・ランビエル

これからもクレイジーであって欲しいような、欲しくないような ファンとして複雑な心境になりました… ― あなたは新しいテクノロジーが好きではないと、ふだんから仰っています。でも、インターネットで動画を観たり、Eメールを使ったりしていますよね…  ええ、Eメールを読んだり、何かの結果を見たり、旅先でDVDを見たりするためにインター…

続きを読む

Comment (17)

<僕はちょっとクレイジーかもしれない(中)>ステファン・ランビエル

2/16 ロシア人記者本人による英訳が出ましたので よく分からなかった点等、赤字で修正を入れました。 ロシア語版と英語版とでは、そのまま日本語に直すと ニュアンスが違ってくる(私の語学力では)部分もありますが 「ロシア語自習室」ということで、ロシア語優先の訳にしています。 ご了承ください。 採点システム批判の部分がわかりにくくて …

続きを読む

Comment (8)

<僕はちょっとクレイジーかもしれない(上)>ステファン・ランビエル

前回につづき、「アート・オン・アイス」を取材した 別のロシア人記者によるインタビューをご紹介します。 長いので序文は省略して、インタビュー部分のみ訳します。 今回は意訳が多くなっていますので、ご了承ください。 ステファン・ランビエル 僕はちょっとクレイジーかもしれない  (略)  ― ステファン、身体の具合…

続きを読む

Comment (4)

<氷上ミュージカルをプロデュースしたい>ステファン・ランビエル

2/8 16:20 全文upしました。 スイスの『アート・オン・アイス』を取材した ロシア人記者による単独インタビューのようです。 小塚崇彦をはじめ、今回の四大陸選手権に出場している 選手たちについても語っていますので 取り急ぎその部分から訳していきます。 ステファン・ランビエル 氷上ミュージカルをプロデュースしたい …

続きを読む

Comment (10)

<ルールがランビエルを窒息させた>アレクセイ・ミーシン

バトルに対する言い様はちょっと・・・と思いますが ミーシンはランビエルを本当に愛していたのかもしれません。 アレクセイ・ミーシン フィギュアスケートの現在のルールが ランビエルを窒息させた  ロシアのコーチ、アレクセイ・ミーシンは、エフゲーニー・プルシェンコの状態についてコメントし、さらにステファン・ランビエルのアマ…

続きを読む

Comment (18)

ランビエルのラスト・タンゴ

ロシアの新聞記者によるランビエル評。 ロシアは“ランビエンコ”が欲しかったのでしょうか… ランビエルのラスト・タンゴ  2度の世界選手権覇者、オリンピック銀メダリストのステファン・ランビエルが、アマチュア競技からの引退を表明した。『スポーツ.ru』はこの決断の理由を分析し、さらに今回のことによって、才能豊かなスイス人がフィ…

続きを読む

Comment (4)

<頭で考えずに滑ることができる> ステファン・ランビエル 

フィギュアスケート - グランプリ・ファイナル 2007-2008 - トリノ(イタリア) ステファン・ランビエル <頭で考えずに滑ることができる>  その時、ステファン・ランビエルは本当に嬉しそうだった。2度の世界チャンピオンであるこのスイス人がショートプログラムをノーミスで滑り終えたのは、実に初めてのことだったからかもしれない。…

続きを読む

Comment (0)