テーマ:宇野昌磨

パトリック・チャン<フィギュアスケートの次はワインをつくる>

ロシア人ジャーナリストによるロングインタビュー。銀メダルに終わったソチ五輪こと、学業との両立について、コーチの役割とは、ワインへの思いなどいろんなことを語っていますが、その中から4Aについての部分を少しだけ。英語→ロシア語→素人和訳なので、さらっと読んでいただければ。 2019年12月30日 エレーナ・ヴァイツェホフスカヤ …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

(ゴンチャレンココーチ、羽生・宇野・チェンを語る)

 ― ユヅル・ハニュウがグランプリ・ファイナルを欠場したことで、他の選手たちの心に「これで楽になるぞ」というような考えが湧いてくるでしょうか。  本命の不在によって、他の選手たちが崩れてしまうことがよくあります。なぜなら、全員で隊列を組んでいるときは集中力が高まるからです。健康なハニュウはファイナルの本命だったでしょう。シーズン初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミーシン<4回転を追加するか、国旗を引き渡すか(上)>

ミーシン教授による世界フィギュア総括。男女シングルとペアについて語っておられます。 前回と今回のエントリーで「癖者」と訳したзакидонщикという単語ですが、それ自体はネット版露露辞典にも掲載がなく、元の語の意味からなんとか訳を捻り出しました。善悪両方の意味があるようで、コフトゥンも自分もハニュウもзакидонщикだと仰ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜソトニコワとトゥクタミシェワは負けたのか

10/5 10:30 書き方が分かりにくかったようですので補足します。前半はシモネンコ記者の言葉です。ジュベール、ハニュウ、プルシェンコ等の部分はミーシンコーチではなく、記者の言葉です。 前半はロシア人ジャーナリストのいわゆる「記者の目」。後半のミーシン先生のインタビュー部分のみ全訳しました。お二人とも「非常にロシア的な」意見を述…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ミーシン<男子シングルの流行りは日本人>

ミーシン先生!宇野くんにジャンプ教えてあげてくださいよ!(無理ですね…) 2015年3月6日 ボリス・ホドロフスキー アレクセイ・ミーシン いま男子シングルスケートでは日本人が流行のようなものになっている  今日、3月6日、タリン(エストニア)で開催中のフィギュアスケート世界ジュニア選手権大会で、男子シ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more