テーマ:ヴォドレゾワ(ブイアノワ)

ブイアノワ<CSKAは悲しみに包まれている>

テン君、さようなら。あなたのシルクロード、あなたのショスタコーヴィチ、あなたのアーティスト2部作、あなたにしかできないユニークなプログラムの数々を忘れません。テン君、さようなら。あなたの気品あふれるノーブルな滑りを決して忘れません。さようなら。どうぞ安らかに。 2018年7月19日、モスクワ アナトーリー・サモフヴァロフ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ブイアノワ<デニス・テンは天才だった>

やっと少し気持ちが落ち着いてきたので、デニス・テン選手が本格的に指導を受けた最初のコーチ、エレーナ・ブイアノワのコメントを訳しました。 2018年7月19日、モスクワ アナトーリー・サモフヴァロフ エレーナ・ブイアノワ デニスは天才で、こういう人物はほんの一握りしか生まれてこない 非業の死を遂げたカザフスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソツコワ<メドベージェワに勝つことも不可能じゃない(中)>

 ― では、なぜそのシーズンの最後にコーチを変えて、パノワからエレーナ・ブイアノワの元へ移ろうと決めたのですか?  その決定は自然発生的なものではありませんでした。自分を育ててくれたコーチから離れるのは、全体としてとても大変なことなんです。スヴェトラーナ・ウラジーミロヴナ(・パノワ)は私にとっていつも2人目のママのようなものでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソトニコワがクリミアのフィギュアスケート大会の開会式に出席

クリミア半島で初めてフィギュアスケートの選手権大会が行われるというニュース。5度のソ連チャンピオンであるヴォドレゾワ(ブイアノワ)の名を冠した大会で、ヤルタ市が後援。「“ヤルタも含めロシア”の若きスポーツ選手100人以上が優勝争いをする」そうです。 2016年5月20日 sports.ru ソトニコワがクリミアのフ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソトニコワがSPで自己ベスト

ソトニコワ選手(前半)とブイアノワコーチ(後半)のインタビューです。 ジャパンオープンのとき、アデリナから何かロシアのおかあちゃん的なものを感じてしまったのですが、コーチも「老獪さのようなもの」と仰っていますね。恐ろしい19歳!今夜のフリーが楽しみです! 2015年10月17日 フィギュアスケートのソトニコワ選手がサラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソトニコワ<みんなに忘れられて成長できた(3)>

思いっきり滞っていてすみません!アデリナのお誕生日&お正月までには何とか終われるように頑張ります。 オリンピック舞踏会の赤いドレスは、お気に入りのブランドのでしょうか?カッコいいですねー。  ― 国からの援助は?  公式に拒否されたわけじゃないけれど、何もしてもらえませんでした。ママとパパはいくつかの基金や公共団体…
トラックバック:2
コメント:7

続きを読むread more

ブイアノワ<ソトニコワとリプニツカヤは友だちになれない(下)>

 ― 演技の直前、あなたはアデリナの気持ちをどんなふうに調整するのでしょうか。彼女に何を話しているのですか?  彼女の方からいつも私の手を取るんです。どうやら気持ちが楽になるみたい。お決まりのフレーズや呪文のようなものは、私たちの間にはありません。少なくともオリンピックで私が彼女に何を言ったかは、覚えてないわ!  ― 多くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブイアノワ<ソトニコワとリプニツカヤは友だちになれない(中)>

アデリナがプーチン大統領に自分のスマホ画面を見せている写真がありましたが、あれは5年前の“この時”のツーショットを見せていたのですね。「私は五輪チャンピオンになると約束して、そして、チャンピオンになりました」と。カッコ良すぎます!  ― でも、12歳で輝きはじめたものの、その後アデリナはいつも良い演技をしたわけではなく… …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブイアノワ<ソトニコワとリプニツカヤは友だちになれない(上)>

タイトルほどセンセーショナルな内容ではありませんが(笑)、なかなか楽しいインタビュー記事だと思います。世界選手権のエントリーを見ると補欠になっていますが、どうなるんでしょうね?ポゴリラヤも見たいけど、やっぱりアデリナを見たいなー。 2014年3月5日 インナ・フォミナ ソトニコワのコーチ アデリナはユリア・リプニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<ソトニコワはとても大人になった(下)>ブイアノワ

さすがは五輪イヤー、シーズンオフでも記事がわんさか出るわ出るわで、例年のオフのようにのんびりできません。週休3日あればもっと訳せるのに(笑) ソトニコワとコフトゥン、とても良い練習パートナーみたいですね^^  ― ソトニコワにとって本格的なシニアシーズンの1年目でしたね。彼女はそこから何を得たと見ていますか。  実…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

<ソトニコワはとても大人になった(中)>ブイアノワ

 - どういう意味ですか。  タラソワがリンクサイドにいる状況下でプログラムをつくることは、そのプロセスに参加している者全員にとって大きな試練です。いわゆる、木屑があらゆる方向へ飛ぶのです(※ロシアの諺「木を切れば木屑が飛ぶ」より。「大事業の前に少々の犠牲はつきもの」の意)。ところが今回私が目にしたのは、彼女がチェルニショ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

<ソトニコワはとても大人になった(上)>ブイアノワ

リンク買い占めの話がさらっと流れているところが、さすがロシアという感じ。後半には真央ちゃんの話も出てきます。訳はちょっとごまかしておりますm(__)m 2013年6月3日 エレーナ・ヴァイツェホフスカヤ エレーナ・ブイアノワ ソトニコワはとても大人になった  (前文略)  CSKAへ来て秘密の創造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コフトゥン<マオと日本のファン向けのビデオを撮った>

ロシア語の「~チカ」は日本語の「ちゃん」みたいなものですが、よく似た響きですごくかわいいですよね。マックス&マオチカはどんな日本語をしゃべって(しゃべらされて?)るんでしょうか?^^ 2013年5月23日 マリア・ヴォロビヨワ マクシム・コフトゥン マオ・アサダと一緒に日本のファン向けのビデオを撮って そこで僕…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

<フィギュアスケートは私の仕事(中)>アデリナ・ソトニコワ

エッセイっぽい文体なのですが、うまく日本語にできないです。 アデリナのリボン!新体操もすごく似合っていたと思いますが、フィギュアスケートを選ぶことになったのは、まさに運命だったのでしょうか? 夢中の対象と仕事のこと  私のところへ賢そうな顔つきで寄ってくる人たちがいます。「このスケーターを知ってる?じゃあ、この人は?」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<マックス・パルィチはラップを書く>エレーナ・ブイアノワ

コフトゥン君の正式な名前(名・父称・姓)はマクシム・パヴロヴィチ・コフトゥン。「マックス・パルィチ」というのは、その名・父称を短縮した言い方のようですが、若い人が名・父称で呼ばれることは普通ありません。なのになぜ彼にはそんなニックネームがついているのか?というお話。独創的=変わり者ってことですよね(笑)。アデリナの話も出てきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<団体戦では別の顔>エレーナ・ブイアノワ

4/9 0:05 間違いに気づきましたので、赤字で訂正しましたm(__)m コーチがこういう発言をしてくれるのは嬉しいです。ロシアのキス&クライがますます楽しみ! 2013年4月7日 I・ラスカゾワ エレーナ・ブイアノワ 団体世界選手権では私たちはまったく別の顔をしている  ヨーロッパ選手権銀メ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

<アデリナのジャンプを専門家たちが賞賛>エレーナ・ブイアノワ

ヨーロッパ選手権開催中ですね!ニュースが多すぎて把握し切れてません。プルシェンコ情報も気になるとろこですが、ソトニコワのコーチのインタビューがすごく熱かったので、訳してみました。昨日のSPは本当に素晴らしい出来で、フリーも是非力を出し切ってほしいです!!リーザもカロリーナも頑張って!! 2013年1月25日 マリア・ヴォロビ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

<ソトニコワのシニアデビューは上首尾だった>エレーナ・ブイアノワ

ソトニコワ選手、素敵な演技だったと思います。 次の試合では彼女本来の力を見せてほしいですね! モスクワ、11月5日、ノーボスチ通信 コーチはソトニコワのシニアデビューを 上首尾とみなしている  (前文略)  「表彰台というのは、代表チームにとってもアデリナ自身にとっても、素晴らしいデビューだったと思います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<ソトニコワは滑りの美しさも技術も持っている>エレーナ・ヴォドレゾワ

12/13 20:00 ни одинをне одинのつもりで訳していたので訂正しましたm(_ _)m ショートプログラム終了時点でのインタビューですが ソトニコワがフリーもそろえてそのまま優勝! 3Lz-3Lo、2A-3T、ジャンプ全種類、スピンは3つともレベル4 怪我なく、体形変化に対応さえできれば…末恐ろしすぎま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エレーナ・ヴォドレゾワのカザフスタン司令部(下)

『アイス・エイジ』を楽しんで見ている  ― 2006年のトリノオリンピックの後、ロシアフィギュアスケート界のスターたちが大勢、現役を引退しました。それとほぼ時を同じくして、『アイス・エイジ』や『スターズ・オン・アイス』のようなプロジェクトがロシアのテレビに登場してきました。これは偶然の一致でしょうか?  断定的に何か言う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エレーナ・ヴォドレゾワのカザフスタン司令部(中)

じっとしていられなかった  ― 競技から引退した後、復帰したいと思ったことはありませんでしたか?あなたの引退はとても早く、21歳のときでしたよね…  フィギュアスケート競技に残りたいという気持ちはまったくありませんでした。すぐにお嫁に行って、別の人生が始まって、休息する機会ができて、私にとってはすべてがうまく行ったからで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エレーナ・ヴォドレゾワのカザフスタン司令部(上)

カザフスタンの『キャラバン』というメディアの記事。 ヴォドレゾワチームは現在カザフスタンで2週間のキャンプ中で (もうそろそろ終わりかもしれませんが) 短期間とはいえ、故郷でトレーニングをすることができて テン選手もきっととても嬉しかったのではないでしょうか。 デニス・テン、プルシェンコ、ゲデヴァニシヴィリ、 ヴォドレゾワ自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<自宅は生徒立ち入り禁止(4・完)>エレーナ・ブイアノワ

最近、研究社の露和辞典(収録語数:26万語・国内最大)を購入したのですが、いや~、もっと早く買っておけば良かった!これまで「?」だった部分がいくつか一発解決しました。 あと、曲がりなりにもこの一年間、ほぼ毎日勉強を続けた成果も出てきたようで、以前に訳した記事の間違いや拙さに気づき始めました。ちょこちょこ赤字で手直ししていますので、よろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

<自宅は生徒立ち入り禁止(3)>エレーナ・ブイアノワ

デニス・テン選手の部分を先に訳しました。 デニス  ― デニス・テンは、どこからあなたのグループへやって来たのですか?  最初に彼を見たのは、オジンツォフで開かれた、子どもたちの何かの試合でした。デニスはまだ本当に小さくて、ジャンプはほとんど跳べませんでした。なのにとても芸術的で「姿になって」いたのものです…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

<自宅は生徒立ち入り禁止(2)>エレーナ・ブイアノワ

8/8 (2)のup完了しました。 8/6 翻訳がかなり難航しております。   「エレーネ」の章はもうしばらくお待ちください。   ヴォドレゾワはきっと、とても賢明な女性なのでしょうね。 ヴォドレゾワが、女子フィギュアスケーターとして 世界で初めて成し遂げたこと(ロシア語版ウィキペディアより) ・SPで3回転ジャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<自宅は生徒立ち入り禁止(1)>エレーナ・ブイアノワ

8/1 (1)のup完了しました。 本当はモリコロに行くはずだったのですが こんな時になぜか人生初の腸炎にかかり 自宅でおかゆやうんどんを食べて過ごしております。 この無念を晴らすべく、お目もじ叶わなかった デニス・テン君の記事を訳すことにしましょう。 これは、今年4月に出たブイアノワ(旧姓:ヴォドレゾワ)コーチのイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

<ヴォドレゾワは私を開く鍵を見つけ出した>アデリナ・ソトニコワ

ロシア語には英語の「you」に当たる単語が2種類あります。 あまり親しくない人や、目上の人に対して使う「вы」と 親しい間柄や、目下、年少の人に対して使う「ты」です。 選手へのインタビューは通常、「вы」で行われるのですが 今回のインタビュアーはアデリナを「ты」と呼んでいるので 訳もそれに合わせた感じにしてみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<氷にキスされた者> デニス・テン

2015/4/5 最近、この記事へのアクセスが増えているので読みなおしてみました。当時わからなかった部分がかなりわかるようになっていたので、「(?)」を外して訳文を修正しました。 15歳にしては冷静な受け答えだなぁと思いました。 別のインタビューでは、 「とにかくオリンピックでみんなを驚かせたい。  それが来シーズンの僕の目…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more