ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS <振付のことを考えるようにした>アンドレイ・ルタイ

<<   作成日時 : 2009/01/24 00:37   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 9

アンドレイ・ルタイ

エレメンツばかりにとらわれず
振付のことを考えるようにした



 昨日1月22日、フィギュアスケートのヨーロッパ選手権(於:ヘルシンキ)で男子シングルの勝者が決定した。ロシア人のトップはアンドレイ・ルタイで、7位に入った。自身の演技についてアンドレイ・ルタイ本人が、『オールスポーツ』スポーツ情報局通信員に語ってくれた。


 今日はこれまでの試合と比べて少し楽でした。というのは、ついにコンディションを整えることができたらからです。
 少なくともジャンプはぜんぶ楽に跳べました。痛めた足の関節も、今日はそれほど痛みませんでした。アドレナリンのおかげもあると思います。今日は大胆に滑りました。自分にとても自信がありました。
 最後のアクセルで何が起こったのかって?うーん、僕はジャンプから“投げ出され”て、それで転倒しないように、もう片方の足で支えなくてはいけなかったんです。1本目のジャンプでもこれと同じことが起こりました。
 それでも、僕は自分の演技に満足しています。もちろん、自分ならもっと高い点数をつけますけどね(笑)。
 お気づきになったかもしれませんが(?)、今回の滑りは技術的なプランだけでなく、振付の部分でもうまく行きました。僕はずっとプログラムのこと、音楽のことを考えて、エレメンツばかりにとらわれないように努めました。信じられないかもしれませんが、4回転に入るときすら、僕は振付のことを考えてたんですよ(微笑)。
 客席にはファンがたくさんいて、多くのロシア国旗があって、そこから強力なエネルギーをもらいました。応援してくれた皆さん、どうもありがとう!このエネルギーが僕には本当に必要なんです。僕には全部聞こえていました。どんなふうに手拍子してくれていたか、どんなふうに演技中に「ダバイ、ダバイ!(※行け!頑張れ!みたいな意味)」と叫んでくれていたか。たぶん、誰の声かも聞き分けていたと思いますよ(微笑)。


2009年1月23日
『オールスポーツ』



<原文>
http://www.allsportinfo.ru/archive.php?id=23161&s_s=106&s_d=11&s_m=1&s_y=2009&b=1&l=40


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
ecoさん、こんにちは。RONといいます。
いつもとても有難く拝見しています。
ロシア語翻訳ソフトを買ってあるのですが、ほとんど役に立ちません;;
ルタイのファンなので、彼の記事を取り上げてくださって本当に有難うございます!
こうして読むとやっぱり結構楽天家で自信家っぽいですね。応援してる方からすれば、まだまだああした方がこうした方がという点が思いつくのに(笑)。
でも今季前半のことを考えれば夢のようなユーロでした。
RON
2009/01/24 02:27
RONさん
ようこそお越しくださいました^^
そうですか、有料の翻訳ソフトでもダメですか…英語ならかなり使えると聞ききますが、ロシア語はまだまだ未開拓言語なんですねぇ。

実はこの記事をUPした後に、ルタイ選手のFPの動画を見たんですが、すごくいい出来でしたね!エレメンツの羅列じゃなく、流れのあるとても良い演技だと思いました。

「自分ならもっと高い点数をつける」そうですが(笑)、ワールドでは、審判からもっと高い点をつけてもらえるように頑張ってほしいですね〜!!
eco
2009/01/24 16:41
ecoさん
有料の翻訳ソフトって言っても結局英語を介した伝言ゲームなんですよ。
結局自分で勉強するのが一番、ってことで私も始めたんですけど思うように進んでいません・・;;
ルタイの発言については、フリーのPB更新できなかったのが本人不満なのかもしれないです(^_^;)
今回の3人で来月ユニバーシアード出場なので、ワールド代表が決まるのはその後でしょうね。
またちょくちょく寄らせていただきます!
RON
2009/01/25 00:44
RONさん
あ、英語を介してしまうのですね・・・ダメそう(笑)
自分で勉強するというのは、なかなか大変ですよねぇ。私も自分を追い込むためにこのブログを作ったわけですから。絶大な効果が出てますよ(笑)

ワールド代表決定はユニバの後になるんですね。選手たちは試合が続いて大変ですね。怪我のないように頑張ってほしいです!
eco
2009/01/25 00:57
こんにちは。
ルタイ君の記事ありがとうございます!
ファンとしてはとても嬉しいです。

「ついにコンディションを整えることができた」んですね!
良かった〜
スピードもあって、身体の動きも良く、ジャンプにキレがありました。
終わった直後の満足そうな笑みと、小さなガッツポーズも印象的でした。
「МОЛОДЕЦ!」という声援に親指立てて笑顔で応えた姿がかっこよかったですvv
また、観客に何度も手を振っててて・・・本人とっても嬉しかったのでしょうね。

なんか・・・興奮して書き込んでしまいました(すみません)

私は翻訳の時、格変化に苦労するんです・・・
合理的な言語なので慣れれば楽なんですが(って全然慣れてない)
いつもこうしてスムーズに翻訳できるecoさんはスゴイです!

ksenia
2009/01/26 09:37
kseniaさん
ルタイ君入賞おめでとうございます^^
ミーシン先生もすごく喜んでましたね!
ロシアフィギュアスケート協会のピセーエフ会長も「できることは全部やった。よく戦った」とコメントしてましたよー。

格変化は…読むときはなんとなく勘でわかるんですが、自分が書くとなると、格変化表とにらめっこになるんですよ(^_^;
スムーズに翻訳できるようになりたいです(笑)
ecoさん
2009/01/26 21:25
ecoさん
>私も自分を追い込むためにこのブログを作ったわけですから。絶大な効果が出てますよ(笑)
そうでしたか!参考にさせてもらいます(^_^;)
ピセーエフ会長のコメントもありがとうございます!

kseniaさん
kseniaさんのコメントを見て録画を見直しました。
親指立ては私も印象に残ってたけど(^^)、マラジエッツ!って声援だったのは気が付きませんでした!
ああいう風に伸ばして言うとOが綴り通りオっぽくなるのかもしれませんね。
RON
2009/01/26 23:20
ecoさん
>格変化表とにらめっこ
同じです。でもそれで良いそうですよ。
私なんて、最初、元の形がわからず辞書が引けませんでした。聴いてばかりいたら、今度は書けなくなってしまいました(涙)ecoさんをお手本に頑張りたいと思います。

RONさん
こんにちは。
ルタイ君頑張りましたよね〜
同じファンとして、とても心強いです。
「マラジエッツ」は「良くやった!」といった意味で良く使われてます。タラソワコーチも真央ちゃんに言ってましたね。
ロシア語はイントネーションの強弱をはっきりさせて(伸ばすところは思いっきり伸ばす)発音するみたいです。
選手やコーチの発言が少しでもわかると、嬉しいですよ〜(って、私もほとんどわかんない・・・)
ksenia
2009/01/27 14:39
kseniaさん、ありがとうございます。
「マラジエッツ」の意味は知ってたんですが聞き取れなかったんです(苦笑)。つづりも今まで知りませんでした。
ユニバではヴォロノフやボロドゥリンも復調してくるのではないかと思います。ルタイも今回みたいに頑張ってくれたら嬉しいです。
RON
2009/01/28 12:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
<振付のことを考えるようにした>アンドレイ・ルタイ ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる