ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS <氷の上で燃える(上)>アリョーナ・レオノワ

<<   作成日時 : 2009/04/18 03:19   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

国別対抗戦女子ショート前日のインタビューです。
レオノワはフリーもやってくれそうな気がします!




史上初のフィギュアスケート国別対抗戦が、今日、東京で開幕する。

(前文・略)

 ― アリョーナ、素晴らしい「シニア」デビューシーズンが終わったわけですが、さらにその後で、国別対抗戦の第一回参加者になる機会が訪れましたね。この試合をどのようにとらえていますか?

 今回は、普段の試合のように自分だけのためじゃなく、チームのために演技をするんだということは理解してます。チーム全体に加算される得点を稼ぐんです。チームメイトに迷惑をかけることはできません。世界選手権のときと同じ選手たちと戦うことになるので、少なくともトップ5に迫れるように頑張ります。少し疲れてはいますけど、日本で演技をするのに十分な力はあります。
 大会の賞金はとても大きいです。1位は20万ドル。それに、6ヶ国の参加選手全員が賞金をもらえるんです。

 ― あなたがこんなにも急成長して、世界のトップ選手の仲間入りをした秘密を教えて下さい。

 私自身にとっても本当に思いがけないことで!ヨーロッパ選手権へ行ったら、いきなり良い演技ができて、4位になったんです。
 でも連盟は、私とカーチャ・ゲルボルトとどっちを派遣するか、長い間選考作業をしてました。お正月の直前になって結論が出たのを覚えてます。素晴らしいプレゼントでした!ヨーロッパ選手権の後、もちろん世界選手権にも派遣されました。その間にジュニアの世界選手権への出場も差し支えないということが決まって、私はそこで優勝しました。

 ― ジュニアとシニアと両方同時に滑るのは難しくありませんか?

 ジュニアの試合に出るのはとても好きです。知ってる人ばかりで、みんな友だちで、お互いに支え合ってます。シニアの大会はまったく別のシリアスな場で、とても緊張します。
 ジュニアの試合の後はディスコ大会が開かれるんですけど、シニアの場合はバンケットなんです。楽しめないでしょ。

 ― でも、あなたの話はヨーロッパ選手権前から出ていましたよ。

 はい、私はまず11月にグランプリ・モスクワ大会に出場しました。その日は私の誕生日で、それにもちろん5位になれたことを嬉しく思いました。そしてもうその時に、自分はジュニアを卒業しなくちゃいけないということが分かったんです。だって、つい最近テレビで見たような有名選手たちと一緒の試合に出てるわけですから。


 (続く)


2009年4月16日
オクサナ・キセレワ(キセリョワ)



<原文>
http://www.spbvedomosti.ru/article.htm?id=10257646@SV_Articles



<自習メモ>
очко' (さいの)目/(カルタの)点/得点
подвести 引いて来る、入れる/厭な目に遭わせる
между делом 用事がてら
всё же それでもやはり


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
<氷の上で燃える(上)>アリョーナ・レオノワ ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる