ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS <診断は“コーチ中毒”(3)>アレクセイ・ミーシン

<<   作成日時 : 2009/06/28 23:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

文中に出てくるゲルボルトは
もうミーシンの元にはいません。
ちょっと切ない気もしますね…




 ― 現在の生徒の中から、誰かを選び出すとしたら?

 誰かを特に選び出すことはしたくない。アンドレイ・ルタイ、カーチャ・ゲルボルト、アルトゥール・ガチンスキー、アルトゥール・ドミトリエフたちエリート選手のグループがあって、その先頭に立つのがエフゲーニー・プルシェンコだ。彼はアマチュア競技のトレーニングを開始した。
 最近新たに発見した才能については、グラゾフの町からやって来たリーザ・トゥクタミシェワのことに触れておきたい。4年前に初めてリーザを試合で見たとき、彼女の高いジャンプに目を引かれた。一年後、再び試合でリーザを見て、コーチのスヴェトラーナ・ヴェレテンニコワに一緒に仕事をしないかと声を掛けた。彼女は喜んで応じてくれた。
 我々の共同作業によって、少女はみにくいあひるの子から小さな白鳥になった。彼女はとても優雅(上品)で、素晴らしい身のこなしの感性を持っている。まだ12歳だが、もうロシア選手権の銀メダリストになった。彼女は勝った。もっと正確に言えば、ヨーロッパ選手権や世界選手権に出場した選手たちを粉砕した。彼女の滑りはアメリカ、ヨーロッパ、カナダでも注目されている。リーザはすでに最も難しい種類のジャンプを武器として備えている。極めて才能のある少女で、我々は非常に期待している。


 アレクセイ・ミーシンは、偉大なコーチと呼ばれることを好まない。彼は、自分の人生のすべては労働と恵まれた環境によって作られていると考えているからだ。確かにその通りかもしれない。しかし、コーチが単に才能のある選手を受け持っているだけのはずがない。
 彼は生涯を通じて学んできた。試合でも、トレーニングでも。そしてすべてを記録してきた。ビデオを撮り、1コマ1コマ分け、分析してきた。ドイツではミュラー夫人の教育メソッドを、アメリカではカルロ・ファッシのシステムを学んだ。彼はスポーツを科学のように学ぶことを始め、その後、スポーツの論理的メカニズムと美的側面との融合をなし得た。そして今では、当のミーシン自身がイタリア、日本、ドイツ、フランス、アメリカ等でセミナーやマスタークラスを開いている。今日、世界中の選手たちが、彼の科学的研究とコーチング・メソッドに則って競技に従事している。
 その一方で、アレクセイ・ミーシンは現在も学び、自身の技術を磨いている。チャンピオン養成の技術を。



 ― スポーツ選手の闘争的な、あるいはリーダー的な性質は、養成できるものなのでしょうか、それとも天性のものなのでしょうか?

 80%は生まれ持ったもので、あとの20%はその性質を育て、定着させることになると思う。しかし、勇敢な闘士なのか、それとも臆病者なのかは、やはり遺伝学の方がものを言う。したがって、養成するのは難しく、その代わりたやすく破壊されてしまう。

 ― 何に破壊されるのですか?

 教育学的誤りを認めてしまうこと、つまり準備のできていない選手を試合に出したり、選手ができないエレメンツをプログラムに入れたりすると破壊が起こる。
 ライバル選手の失敗によって高得点がつくと、その次の試合はとても難しいものになってしまう。その勝利が自分のものではないということを、スケーター自身が知っているからだ。他の選手が転倒してラッキーなだけだったのだから。


 (つづく)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、
ロシアの記事いつもありがとうございます
ロシアの3人娘に注目していたので、
エリザベータちゃんの記事に思わず初コメントです。
NHK杯でミーシンが真央ちゃんの時だけ
ビデオを取り出して撮影されていたようで、
トリプルアクセルの参考にするのだと思いました。
記事を見ると、トリプルアクセルものにしたようですね!!
それにしても3人の、バレエの伝統国を感じさせる
表現力と技術力はすごい!ソチで16〜17歳、
OPに向けて表彰台を狙うロシアの意気込みを感じます。
Lego
2009/07/01 10:34
Legoさん
ようこそお越しくださいました^^
リーザちゃんはもう少しでトリプルアクセルが降りられるという記事を見かけました!すごいですよね!!そして、ミーシン教授も仰っているとおり、12歳とは思えない優雅な身のこなしがとても好きです。はやく生リーザちゃんを見たいなー。

ソチ五輪まであと5年もありますが、関連ニュースは頻繁に見かけます。やはりかなり気合いが入っているように感じます。さて、旧ソ連のような憎たらしいほど強いロシアが見られるのでしょうか!?今から楽しみですね☆
eco
2009/07/01 23:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
<診断は“コーチ中毒”(3)>アレクセイ・ミーシン ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる