ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS <五輪後に引退を考えたことは微笑ましい思い出>マクシム・トランコフ

<<   作成日時 : 2010/12/30 16:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

ロシア選手権が終わりました。
ディフェンディングチャンピオンの川口&スミルノフ組は
ソロジャンプの着地など細かいミスが出て惜しくも2位。
ただ、川口さんが肩の手術をしたばかりということを考えれば
素晴らしい出来だったのではないかと思います。
そして、最も注目された「元」ムホルトワ&トランコフ組ですが
ムホルトワ&ブランシャルは明らかに準備不足で7位、
ヴォロソジャル&トランコフフはほぼ完ぺきな演技で優勝と
明暗を分ける結果となりました。
シングル選手も含めて大量のインタビューが出ていますが
各選手・コーチの談話を少しずつご紹介できればと思います。

「仕事(練習)」と訳したのは、ほぼ英語のworkに当たる言葉です。



2010年12月27日
オールスポーツ

マクシム・トランコフ
五輪後に引退しようとしたことが
今となっては微笑ましく思い出される


 (前文略)

 (談話略:小さなミスはあったが優勝できてとても幸せ。ミスしたエレメンツの細かい分析等)

 この春、バンクーバー五輪が終わって引退したいと思ったことが、今となっては微笑ましく思い出されます。いま僕は新しいチームメンバーから大きな満足をもらっています。メンバーはターニャ、ニーナ・ミハイロヴナ・モゼルコーチ、そして、ターニャの前パートナーで今はコーチとして僕たちを助けてくれているスタニスラフ・モロゾフ。演出家のニコライ・モロゾフと振付師のアーラ・カプラノワも手助けしてくれています。

 僕たちは本当に仕事(練習)をしていて、元パトナーのマーシャ・ムホルトワとやっていたのとは全く違うことをしています。それは、他の何であれ、決して仕事(練習)とは呼べないものだったことが今はわかります。



<原文>
http://www.allsportinfo.ru/archive.php?id=46364&s_s=106&s_d=30&s_m=12&s_y=2010&b=0&l=40

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ecoさん明けましておめでとうございます。
今日の全日本の再放送は実況無しで見ていました。
ストレスフリーでした!
大晦日のNHK杯の再放送は同じスポーツ中継とは思えないほど、良い感じでしたね。
フジはノー・アナウンスに限ります。西岡さんでもね。
それはさておき、トランコフ&ヴォロソジャルのチーム結成にはびっくりでした。
しかもロシア・ナショナル優勝なんて!
でも、トランコフもヴォロソジャルも引退するにはなんかもったいない感じだったので、お互いパートーナーが見付かって良かったですね。
(今でも旧ソ連の選手たちはあまり垣根が無いのかな?)
特にヴォロさんはS・モロゾフがさすがに大変そうだったので,今度は頑張ってほしいです。
とはいっても、私は川口&スミルノフを応援してますし、若手にも有望なチームがあるので、OPにむけ面白くなってきそうですね。
N・モロゾフはすっごく精力的ですね。
ロシアも彼に期待してるんですね。
もっとペア競技みたいですねぇ!
りら
2011/01/01 20:11
りらさん
あけましておめでとうございます。
トランコフ&ヴォロソジャルはすごくいい感じですね!インタビュー記事もたくさん出ていて、バンクーバー五輪後にS・モロゾフからトランコフに「タチヤナと組まないか」と声をかけたそうです。トランコフはずっと前からヴォロソジャルと組みたいと思っていたので、喜んでOKしたとか。ワシリエフコーチとは明らかにうまく行っていなかったので本当に良かったと思います。トランコフには11年間付き合っている彼女がいるらしいのですが、その彼女とヴォロソジャルとも仲が良くて、一緒に犬の散歩をしたりするらしいです。動画や写真を見るだけでも、チームのあたたかい雰囲気が伝わってきます。

私はもともとペア競技がいちばん好きなので、川口&スミルノフはもちろん、ロシアの若手たちや高橋&トランなど、良いペアがどんどん出てきてとても嬉しいです。もっともっと見たいですね!
eco
2011/01/05 00:29

コメントする help

ニックネーム
本 文

<五輪後に引退を考えたことは微笑ましい思い出>マクシム・トランコフ ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる