ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS <コーチとして自分を確立したい>マリア・ブティルスカヤ

<<   作成日時 : 2011/07/24 04:18   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 6

元祖「銀盤のセクシークイーン」、マリア・ブティルスカヤ(ブッテルスカヤ、ブチルスカヤ)のインタビューを一部抜粋にてご紹介したいと思います。彼女の発言はいつも正直すぎるというか、あっさりバッサリな感じなので、今回はこれでもすごくソフトな方だと思います^^
ソトニコワも、トゥクタミシェワも、そしてプルシェンコも、とにかく早く観たいですね!



2011年7月21日
エカテリーナ・ブルイ

マリア・ブティルスカヤ
コーチとして自分を確立したい


 フィギュアスケートの女子シングルで、ロシア人として初の世界チャンピオンとなったマリア・ブティルスカヤ。3度のヨーロッパチャンピオンでもある彼女は、現在、子どもたちのコーチをしている。誉れ高きアスリートが、トレーニング前に弊紙記者のために時間を割いてくれた。

 (略)

 ― (生徒たちは)いま何歳ぐらいですか。

 いちばん小さい子が8歳で、大きい子が12歳。でも彼女は今日は来てないんです、少し怪我をしたので。

 ― 子どもたちと仕事をする中で、あなたご自身はどのような目標を掲げていますか。

 もちろん、いちばん大きくて、いちばん高い目標です。私自身が高い目標を掲げて取り組まなければ、このフィギュアスケート(の学校)に入り込むこともできなかったでしょう。ここは国立の学校で、笑ってしまうほどのお給料しか出ません。夫が十分稼いでくれるので、家で自分の子どもたちの面倒をみていることもできるのですが、こういう目標を掲たんです。私にはこれが面白いんですよ。私はスポーツ選手として自分を確立しましたが、コーチとしてはさらに仕事をする必要があります。コーチとして自分を確立したいんです。良い選手は良いコーチになれないと思われないようにね。

 (中略)

 ― 最近、「最も決断力のある(断固とした)ママ」(※)を受賞されましたが、どう思っていらっしゃいますか。

 確かに、私は二人の子どもを育てていて、おばあちゃんや乳母に子どもを押しつけているわけではありません。それでもちゃんと仕事をしていることも確かです。それに料理もしていますし。私は自分がノミネートされていることも知らなかったんですが…自分としては「最も行動力のあるママ」の方が合っていると思いますね。

 (中略)

 ― シニアのフィギュアスケートの試合は観ていらっしゃいますか。

 今年の世界選手権以外はね。仕事でドバイへ行っていて、現地では放映されていなかったので。あっちにはフィギュアスケートが無いんですよ。それで観なかったんですが、もちろん頑張って観るようにしています。

 ― ロシア人選手の中で、ソチ五輪で優勝し、ロシア代表を務める可能性があるのは誰だと思われますか。

 今それを言うのは難しいですね、女子選手たちのコーチ変更がありますから。アリョーナ・レオノワは別のコーチ、コーリャ・モロゾフのところへ移りました。モロゾフが彼女に何かをプラスしたり、彼女を何かユニークで驚くべきものにするかどうかは分かりません。ただ、彼女はとても正しくて、きちんとした一歩を踏み出したと思っています。彼女の前のコーチのことを悪く言いたくはないのですが、これ以上成長することはなかったでしょう。コーリャなら彼女に面白いプログラムを作れるし、今はあまり女らしくない彼女の演技スタイルを変えられるでしょう。女子のフィギュアスケートはとてもエレガントで、耽美で、優雅であるべきです。

 クセニア・マカロワは、その逆に、とても愚かな一歩を踏み出してしまったと思います。何人もの五輪チャンピオンを教えてきたコーチの元を去ったのですから。コーチが彼女とどんなふうに仕事をしていたか、私は知っています。だって、ニーナとヴィーチャ・ペトレンコ夫妻は私のとても親しい友人で、とてもプロフェッショナルですからね。彼女がこの二人から離れてしまってとても残念です。彼女にはすごく力を注いでいたと思うので…

 忘れてはいけないのが、来年からシニアの国際大会に出場する女の子たちのことです。ロシアの女子ジュニア選手はとても強い。ソトニコワもトゥクタミシェワも。彼女たちは最高の結果を出すことができます。オリンピックまでにピークを過ぎなければ、彼女たちのことも当てにして良いと思いますよ。

 ― エフゲーニー・プルシェンコが戻って来ましたが…

 今のところコメントしにくいです。彼がどんな滑りをしているのか見てみたいですね。そうすれば、私もプロとして何か言うことができるんですが、今はとても難しいです。すべては彼次第で、彼が自分の目標とどのように向き合っていくかに掛かっています。社交界のニュースでよく彼の姿を見かけますよね。そちらもこちらも両立するのは、おそらくちょっと難しいでしょう。彼は何かを、湧き立つような自分の生活を、放棄しなくてはいけないんです。

 それに、年齢とともにより多くのトレーニングが必要になります。18歳のときは何でもすぐに出来ますが、歳をとると、もっと力を出さないと目に見える結果が得られなくなります。彼がどんな成果を挙げるか、様子を見ることにしましょう。

 ― あなた自身が引退したばかりの頃、戻りたいと思ったり、引退が早すぎたと悔やんだりはしませんでしたか。

 いいえ、私は引退がとても遅かったんですよ。復帰するなんてバツが悪かったと思います。私が引退した年齢だと、みんなもう現役では滑っていませんから、復帰なんておかしかったんです。当然のことです。

 (終)

「年間最優秀ママ賞」みたいなものがあるらしく、6/28に行われた表彰式の写真がたくさん出ています。「最もスポーティーなママ」に選ばれたベレズナヤもいますが、二人とも美しいですね〜。おこちゃまたちもかわいい!
http://orby.ru/news/7dcb7063-5447-4f47-93f9-9bb88d7a2223.aspx



<原文>
http://sport.rbc.ru/winter/newsline/21/07/2011/345762.shtml

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

懐かしいお名前ですね〜ブッテルスカヤさん!現役時代後半だと思いますが、ご自分でデザインした衣装で演技していたのを覚えています。試合後のコメントも冷静で(笑)、自分は大人の女性という自覚をもって演技をし行動していた印象があります。その頃から将来コーチになるといいのでは?と思っていたので実際にコーチをしていると分かりとても嬉しいです!コーチとしても是非成功してほしいですね。
YY
2011/07/24 21:46
はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。
まずはレオノワ選手。
ブッテルスカヤさんから「とても正しくて、きちんとした一歩を踏み出したと思っています」と言っていただき、いちファンとして心強く思っております。
「スタミナ強化」「新コンビネーション・ジャンプ」「パフォーマンス安定性の練習」「GPS3戦出場」等の断片的に伝わってくるワードが、シーズンに入ってどのように繋がっていくのか楽しみでありますね。
「今はあまり女らしくない彼女の演技スタイル」・・・ううむ、確かに。
今まで「ボーイッシュで粗野だけどすごく元気」を売りにしてきた彼女が、モロゾフコーチの元、どのように女らしく変身していくのでしょうか?
ある意味ジャンプだけの子だった安藤選手が、今では凄く女らしくなりましたしね。
この前来期のEXの動画を見ましたが、ちょっとだけ女らしさが見受けられました。(笑)

次にマカロワ選手
ロシアの選手としての安定を図りたくて、アメリカ在住のペトレンココーチから離れたのではないかと思っていたのですが、なかなか手厳しいですね。
でも、彼女にはジョニ子が付いています。(笑)
彼女ももう少し女らしくなって欲しいですね。
まず、キスクラの「信玄座り」から直しましょう。

ソトニコワ選手は演技後半でもジャンプが飛べるスタミナをつけると、すぐにシニアで戦えそうですね。
トゥクタミシェワ選手は・・・う〜ん、まだまだかなぁ。
来期プログラムに3Aを入れてきますが、回転不足は大丈夫でしょうか?

ソチ五輪まであと3年・・・
代表争いがどのように展開されるか神のみぞ知る状態ですが、その時々でドキドキしながら見守りたいと思います。
ROSE
2011/07/24 23:18
YYさん
そうそう、自分デザインの衣装でしたよね!シンプルだけどとても素敵で、いつもよく似合うものを着てましたよね。
でも、過去の別のインタビューで、「ショーで観客を楽しませることに興味はない」と言い切っていたので(笑)、デザインもあくまで競技の一環だったのかもしれませんねー。
キス・アンド・クライに座るお姿を早く見たいです!
eco
2011/07/27 22:12
ROSEさん
コメントありがとうございます^^
レオノワ選手の前コーチ、ピアトワさんについては、タラソワコーチも苦言を呈していたことがありますし、少なくともお互いにちょっと離れる方が良い時期が来たのかもしれませんね。モロゾフコーチからは早速、「陽気で快活な演技はもうたくさん」と言い渡されたそうで、今シーズンの変身ぶりが楽しみです。
マカロワ選手は、さすが殺人事件の捜査を希望しているだけあって(?)、ちょっと男勝りすぎるというか、もう少ししとやかさも欲しいところですよねぇ、ジョニ子を見習って(笑)。
ソトニコワ選手とトゥクタミシェワ選手は、同い年とはいえ、まだ体格差がありますよね。ソトニコワはもう大人の身体に近いですが、トゥクタミシェワはあと1〜2年待って様子を見たい感じ。ソトニコワは今年のGPファイナルに残ってきそうな気がします。

本当にソチの頃にはどうなっているのでしょうね?ロシアも、そして日本も、3枠じゃ全然足りませんよね!そこのルールは変わらないんでしょうか・・・
eco
2011/07/27 22:13
ecoさんこんにちは。
今季のアデリナ・ソトニコワ選手のLPが愛の夢だという噂があるのですがこれは本当なのでしょうか?
情報はありませんか?
もしそうなら今季も浅田選手が愛の夢続行ですから、ローリーvsタラソワのガチンコ勝負は楽しみです。まあ浅田選手が勝つでしょうけど。
すぱしーば
2011/08/27 16:34
すぱしーばさん
コメントありがとうございます^^
ソトニコワ選手のプロのこと、ぜんぜん知りませんでした。私も少し調べてみたのですが、今のところ確かな情報源は見つからず…何か分かったらお知らせします!

いよいよシーズンインですね。最近なぜか露作に追われてぐったりしているので(笑)、そろそろ好きなスケートの記事を読む時間を持ちたいと思ってます。
eco
2011/08/30 22:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
<コーチとして自分を確立したい>マリア・ブティルスカヤ ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる