ロシア語自習室

アクセスカウンタ

zoom RSS <フィギュアスケートは私の仕事(下)>アデリナ・ソトニコワ

<<   作成日時 : 2013/04/30 03:50   >>

ナイス ブログ気持玉 73 / トラックバック 0 / コメント 7

ひと言、「感動しました!」




スケートをやめたいと思ったこと
 エレーナ・ゲルマノヴナは私とすぐには仕事を始めませんでした。同じCSKAのインナ・ゲルマノヴナ・ゴンチャレンコのグループで1年ぐらい練習していました。最初のトレーニングセッションは朝8時から。遅れないように、渋滞に巻き込まれないようにと、私たちは1時間半余裕を持って出発していました。いずれにしても時間ギリギリで、私はウォームアップができなくて。そのことで叱られて、一度トレーニングから追い出されてしまったこともありました。私とママは「キーッ」となって出て行ったわ。でもその時はフィギュアスケートを真剣にやめようとは考えませんでした。そう思ったのは後になってからです。

 それはクリスマス休暇の頃でした。クリスマスツリーがありました。私たちはそこで演技をしていたんです。その後トレーニングの予定になっていました。私はロッカールームで寝転んでいて、急に手足が全部けいれんして引きつるような感じがしました。顔は青ざめて、目には隈ができて…そこでママが心配してこう言ったんです。「終わりにしましょ、フィギュアスケートはもうたくさんね」って。

 私たちは荷物をまとめて家に帰りました。でもCSKAの校長に説得されて。それからは、リンクへ戻ることに不平を言ったことは一度もありません。2〜3日休んでリンクへ来てみて、これ無しでは生きていけないと分かったんです。


友だちのこと
 友だちは基本的にみんなスポーツ選手です。たぶんお互いに理解しやすいからだと思います。もし誰かスポーツをやっていない同い年の子に自分の悩みを話したら、その子は私を笑うでしょうね。「クレイジーだ。そんなに何もかも取り上げられて、何のために耐えなくちゃいけないんだ?」って思うわ。

 私は普通の子たちの生活を本当に知らないので、スポーツのために諦めなくてはいけなかったことについてあれこれ言える立場じゃないんです。私が幸せを感じるために必要なことは少しだけ。休日にゆっくり眠って、友だちと映画館へ行って、カフェでケーキを食べて…これこそが幸せ。ある意味これは素晴らしいことです。私はちょっとしたことで驚けるのよ。

 学校にとても仲の良い友だちがいます。体操選手のナスチャ・シュムコワです。何でも話せる人なんです。お互いにね。でも愚痴はできるだけ言わないようにしています。だって何のために?自分でこの道を選んだのに。疲れてるかって?だから何だと言うの。耐えればいいわ。その代わり、この先はもっと楽になるでしょう。

 代表チームではカーチャ・ボブロワと仲が良いです。彼女はとてもファイトがあって、まっすぐで、ポジティブ。自分のエネルギーでみんなを文字通り感化するんです。彼女のそばにいると愉快にならないわけにはいかないわ。


注目の的になるのは難しいということ
 みんなが私のことを「我々の新しい希望」と言うようになったときは大変でした。でも、そのあと急に別の名前に切り替わって。リプニツカヤ、メドヴェージェワ、その次、その次という風に…みんな何だかすぐに忘れてしまったみたいでした。ロシアの女子シングルを新たなレベルへ引き出し、難しいエレメンツをやったり、トリプルルッツやフリップや3-3のコンビネーションジャンプを跳ぶようになったのは私とリーザ・トゥクタミシェワだということを。すべては私たちから始まったと思っています。私たちのプログラムを見て、多くの人が「あれは何?(?)自分の子どもたちにも難しいジャンプを教えなければ」と思ったと思うんです。まぁ、いいわ、私たちはこれから先も証明していきます。


ライバルのこと
 ライバル選手を敵として見ることは決してありません。もしチーム内で私たちがお互いに支え合わなければ、自分たちが損をしてしまいます。その場へやって来て、他の選手たちを高慢な態度でじろりと見て、「あなたたちは誰?そこで何してるの?」というのは私には合いません。そんな状況では全員が負けてしまいます。自分とロシアを悪くしてしまうだけです。

 私はもともと信じやすい人間です。以前は私について書かれたり言われたりしていることを全部信じていました。でも、何かを面と向かって言う人に会うと、考えたり、大変な思いをしたり、想像を膨らませたりし始めるんですよ。すべてを気にする価値があるのかどうか、ちょうど分かるようになってきたところです。そういうことが影響して突然いつもの調子が狂ってしまって。最近は、批評はぜんぶ適当に聞き流すようにしています。私は大人になっているんです。変わろうとしているんです。


 (終わり)




<自習メモ>
поднять на' смех кого 笑い者にする

жиле'тка チョッキ
плакаться в жилетку(шутл. ирон.) : жаловаться кому-либо на свою горькую судьбу, ища сочувствия, поддержки.

окидывать взглядом(взором, глазами) 〜をじろりと見る

принимать(близко) к сердцу 過度に重大視する、気にする、思いつめる/大きな関心を示す

вполу'ха (口)上の空で

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 73
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。長い翻訳をありがとうございました。

アデリナはとてもしっかりした大人っぽい子ですね。
先の記事の採点のことも、プライドも良い意味で高いと思いました。
マスコミが好き勝手いうのはどの国も一緒だし、気にしていたら大変ですよね…。
リプニツカヤはすごい才能ですが、体が子供だから跳べる軸は細いけど高さが無いジャンプで、やはりアデリナやリーザのジャンプにはかなわない気がします。

THE ICEに今年も来てくれるので、楽しみに見に行きたいと思います。
ゆきえ
2013/04/30 11:38
いつも翻訳楽しみに拝見しています。

アデリンカがとても好きなので興味深く読ませて頂きました。
彼女の言うとおりアデリンカ、リ―ザの二人からロシア女子は新しい局面へと切り替わった印象が強いです。
女子特有の成長で不調になった後もこの二人は相変わらず強くシニアの世界でも名前が広く知られるようになった現状を見ると、アデリンカとリ―ザは才能というよりも強さが本物だと思います。

彼女のスケートに対する姿勢は他の選手と異なるように感じていたので(好きという感情で滑っているように見えない時があって)こちらの記事のおかげでその疑問が晴れたような気がします。
本当にありがとうございました。
もも
2013/04/30 17:36
ゆきえさん
4年前に初めて訳したアデリナのインタビューをいま読み返してみたのですが、本当に大人になったなぁとしみじみ。普通の子どもより何倍も濃い4年間を過ごしてきたのでしょう。

リプニツカヤのジャンプは少し危なっかしい感じがしますよね。「トリプルジャンプは跳べるけれどダブルジャンプが跳べない(本人談)」というのがすごく気になって。

THE ICE は私も見に行く予定です。楽しみですね♪
eco
2013/05/01 23:56
ももさん
喜んで頂けてよかったです^^ 私もこの素敵なインタビューを訳せたこと、とても嬉しく思っています。

彼女が「好き」だけで滑っているのではないこと、ももさんはちゃんと感じ取っていらっしゃったんですね。それでもアデリナのスケートは見ていてとても楽しいので、そこが素晴らしいと思います。本当にチャーミングな選手で、私もどんどん魅せられているところです☆
eco
2013/05/02 00:17
初めてコメントさせていただきます。
貴重なインタビュー、ありがとうございます。

ソトニコワのインタビュー、最初読ませていただいたときはとても衝撃を受けました。
同時に彼女の強さに感動しました。

可愛らしいキュートな笑顔の中には、いろいろな決意や強靭な精神力があることを改めて感じました。
ここまでの考えに至るまでには、とても苦しんだだろうし、私たちの想像を超える努力をしてきたんだろうなと思います。
「もっとゆっくり大人になっていいんだよ」と言ってあげたくなっちゃいますよね。
でも…いろんなことを乗り越えたからこそ、あの魅力的な演技につながっているのかな…とも思います。
もしかしたら、一流と言われるアスリートには共通するものなのかもしれませんね…。
これからも、彼女らしい素敵な演技をたくさん見たいなと思います。

ecoさんの記事、これからも楽しみにしています。

ecoさん、こちらの記事やほかの記事など…もし了承いただけるなら、私が書いているブログで紹介したいのですが…よろしいでしょうか?
ご検討くださると嬉しいです。
私のブログはこちらになります。
http://ameblo.jp/rino-pis2/
よろしくお願いします。
rinotti
2013/05/21 16:17
rinottiさん
お返事が遅くなってすみません。
このインタビュー訳は、ちょっと大げさですが、私にとって思い出深いもののひとつなんです。はやく皆さんに読んでもらいたいという思いと、慎重に正確に訳さなくてはという思いとを抱えながら、夜中に必死で訳した感じで。

そうですね、すんなりとトップまで上り詰めた選手ってあまり聞いたことがありませんよね。大変なことを乗り越えてこそ、本当に強くなれるのかもしれませんね。

拙訳でよければどうぞいつでも使ってやってください。ただ、誤訳してしまうこともありますし、ちょっとした手直しは頻繁にしていますので、その点だけご了承いただければと思います。こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。
eco
2013/05/23 00:01
お忙しいところありがとうございます。
ecoさんにとってとても大切な記事を紹介していただくことをご了承いただけて嬉しいです。
感謝です!
私も大切に大切に紹介させていただきたいと思います。
rinotti
2013/05/23 18:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
<フィギュアスケートは私の仕事(下)>アデリナ・ソトニコワ ロシア語自習室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる