<タラソワが怒鳴るのは必要があるから>デニス・テン

少なくとも10日前には里帰りしているはずのデニス・テン。
カザフの昨日付のメディアにやっとインタビューが出ました。
「THE ICE」のスタッフ、おそるべし!(笑)




デニス・テン
タラソワが怒鳴るのは必要があるから


 カザフスタンの若きフィギュアスケーター、デニス・テンは、我が国のスポーツ界における今年最大の発見のひとつとなったが、彼はこの夏、事実上休みを取っていない。彼は日本の大規模なショーに出演し、トレーニングで何リットルもの汗を流した。これらはすべて、2010年のバンクーバー五輪の準備という重要な目的のためだ。

 デニスはこう語る。



 この夏は暑かったですよ。大きなショーに招待されたのでとてもびっくりしました。そのショーは、2008年の世界チャンピオンで、日本で崇拝されているスケーター、浅田真央が開いたものでした。こういうショーに参加したのは初めてで、僕にとっては物珍しいものだらけでした。
 
 ― 日本のショーではどんなことが記憶に残ってる?
 
 主催者たちに仕事をさせられたことです(笑)。1日に12時間ずつ!でも、自分の4つのプログラムをぜんぶ滑り切って、すごく気持ちが良かったです。最初の予定では、出演は2回のはずだったんですけど。それから、もちろん、お客さんの歓迎ぶりがとても嬉しかったです。ものすごい数のプレゼントをもらって、何袋にもなって!周囲にたくさん配らなくちゃいけませんでした。ぜんぶ家に持って帰るのは無理だったと思うので。

 ― 君はタチヤナ・タラソワとエレーナ・ヴォドレゾワという、有名なコーチの元でトレーニングしてるよね。こういうカリスマ性のある人物と仕事をするのは難しいんじゃない?

 難しくないですよ、逆にとても面白いです!だって二人は僕に、ものすごくたくさんのものを与えてくれますから。彼女たちが大声を上げたり、叱りつけたりするとしたら、そういう用事(必要)があるからそうするだけです。そう、自分が良い滑りをしているか、そうでないかは、僕自身もわかりますから。

 ― ロサンゼルスの観客たちがスタンディングオベーションをした、あの世界選手権のフリープログラムだけど、自分ではどんな評価をつけたの?

 おぉぉ(微笑)。自分にとても満足していました。それに、僕がいつも目標にしているのは何か決まった結果を出すことではなく、皆さんに気に入ってもらえるようなスケートをお見せすることなんです。


2009年9月14日
アレクセイ・カシャエフ



<原文>
http://sport.gazeta.kz/art/?aid=39850

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • いちファン

    いつも翻訳ありがとうございます!
    タラソワが怒鳴るのは必要があるから・・・って、冷静で客観的なコメントですね。彼のハートの強さをまたも発見した気がしました。「THE ICE」のスタッフは恐るべしですね。それを、しれっとコメントしちゃう彼も素直でいい!4回も全力の演技を披露してくれて、本当にありがとう☆です。
    あと、私のブログにこの記事へのリンクをさせてもらえたら嬉しいです<(_ _)>
    2009年09月15日 23:47
  • eco

    いちファンさん
    こちらこそ、「THE ICE」の動画をありがとうございました!まとめて堪能させてもらいました^^

    いちおう「必要があるから怒鳴る」と訳したのですが、「声を荒げる用向きがあってそうする」というか、英語でいうところの「ビジネス」に近いニュアンスだと思うのですが…なんとなく分かっていただけますでしょうか??

    リンクはいつでもOKですよー。それにしてもテン君、本格的なショーへの参加は初めてとは思えない演技ですよねぇ。やはり恐るべし才能です!!
    2009年09月16日 00:43
  • しんのすけ

    いつも楽しみにしてます。

    ココとかアチラとか、訳を読んでると、
    ロシア語でも英語でも
    「仕事」「ワーク」って頻出なんですね。

    どうも自分は「仕事」っていうと
    嫌々やるものという感じがしてるんですが。。。
    喜々として、ワークできるなんて、素晴らしい!

    自分も考えてみました。
    「声を荒げるにはワケがある」
    ではいかがでしょう?
    2009年09月17日 01:30
  • eco

    しんのすけさん
    ようこそお越しくださいました^^
    はい、ロシア語でも、英語で言うところの「ワーク」という言葉は頻出です。「練習」と訳すか「仕事」と訳すか、いつも迷うところなんですが、今回の場合は「練習+ショー本番=12時間」かなと思ったので、仕事と訳しました。

    おぉぉ、「声を荒げるにはワケがある」っていい訳ですね!使わせて頂いてもいいでしょうか!?
    2009年09月17日 20:19

この記事へのトラックバック