<ボブロワ&ソロヴィヨフは欧州チャンピオンになれる>アレクサンドル・ズーリン

ペシャラ&ブルザの欠場が発表される前のインタビューですが、本当に優勝できる可能性が濃くなってきましたね。ブルザの怪我がどうか早く治りますように…



2013年1月16日
ドミトリー・ラチツキー

アレクサンドル・ズーリン
ボブロワ/ソロヴィヨフ組は
欧州チャンピオンになる準備ができている


 (前文略)


 「クロアチアへは20日に飛ぶ」とアレクサンドル・ヴャチェスラヴォヴィチが取材に答える。「ロシア選手権が終わって、私たちはいつもどおりに練習してきた。感情面と技術面を強化し、向上させた。といっても、ジーマ(※ドミトリー・ソロヴィヨフ)とカーチャ(※エカテリーナ・ボブロワ)のプログラムに根幹的な変更はない。ふたりの健康状態と気分は上々だ」

 アレクサンドル・ズーリンは、生徒の最大のライバルはフランス代表のナタリー・ペシャラ/ファビアン・ブルザ組だと考えている。「フランスのカップルはとても強い。今のところジーマとカーチャは彼らを総合得点で負かすことはできていないが、ショートプログラムの点数ではすでに追い越している。私はこれ以上誰か(※有力な選手)を特に選ぶことはできない。非常に多くの部分でスケーティング次第ということになるだろう。というのは、ミスによる減点が今はとても大きいからだ。もしミスを犯せばすぐに脱落してしまう。だから私たちはまさにそのクリーンな滑りに集中している」とコーチは語る。

 それでも、ボブロワ/ソロヴィヨフ組には欧州選手権で初の金メダルを獲得する力があると、アレクサンドル・ヴャチェスラヴォヴィチは考えている。

 「スポーツ的観点とメンタル面からみて、ふたりはこの大会で優勝する準備ができていると思う。私の見たところ、彼らには良いプログラムがあるし、技術面で成長したし、何と言ってもいちばん重要なのは、ふたりが気に入っているということだ。つい最近のロシア選手権のときと比べても、私たちは進歩していると感じている。しかし、実際の状況が明らかになるのはザグレブだ。トップ選手全員が同じ6分間練習のリンクに出てみる必要がある。そうすれば、思うに、ジャッジは識別をするだろう」とアレクサンドル・ズーリンは強く思っている。



<原文>
http://fcp-press.ru/interview/p2_articleid/6216



<自習メモ>
претерпеть изменения 変化をこうむる

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック