<マックス・パルィチはラップを書く>エレーナ・ブイアノワ

コフトゥン君の正式な名前(名・父称・姓)はマクシム・パヴロヴィチ・コフトゥン。「マックス・パルィチ」というのは、その名・父称を短縮した言い方のようですが、若い人が名・父称で呼ばれることは普通ありません。なのになぜ彼にはそんなニックネームがついているのか?というお話。独創的=変わり者ってことですよね(笑)。アデリナの話も出てきます。



2013年4月9日
I・ラスカゾワ


エレーナ・ブイアノワ
マックス・パルィッチはラップを書く


 ロシアの非常に前途有望なフィギュアスケーターで、ジュニア・グランプリファイナル優勝者のマクシム・コフトゥンのコーチが、弊紙のインタビューに対し、なぜ彼が17歳にして “マックス・パルィッチ”と、名・父称で呼ばれているのかを語ってくれた。


 マクシムはあらゆる意味でとても独創的です。目の前に塀があると登り始めてしまうかもしれない、みたいなね!(?)彼は半年間で準マスターから国際級スポーツマスターになりました。どんなグループにいても、どんな仲間内にいても彼は目立ちます。ときどき目立ちすぎるぐらいに…彼はラップを書いていて、出身地のエカテリンブルクでは、もし私の記憶違いでなければ、自分の書いた歌詞でどこかのステージに立つことさえあるんです。時間と機会があればそうしているようです。

 彼のオープンさにはちょっと感謝している面もあります。彼とは何でも話せるし、何でもうるさく言えるし…アデリナは、例えばですが、そうではありません。彼女は多くのことを自分の中に抱え込むので、そこはマクシムとはぜんぜん違います。合宿では、2人がこの違いに疲れてしまい、しばらくそっぽを向いてしまうことがあるほどです。とは言っても、モスクワではトレーニングが終わってから夜にお互い電話をしていますし、映画を見に行っているかもしれません。




<原文>
http://www.sovsport.ru/news/text-item/600476

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック