タラソワ<ロシアのダンスカップルに五輪メダルを獲ってほしい(2)>

順番がバラバラになってしまいましたが、これで完結です。
男子シングルについては多くを語っていませんが、タラソワコーチのフィギュアスケート観がうかがえるお話がいろいろ。




 ― 演出家が選手と一緒にリンクにいるのと、リンクサイドから(※指示を出して)仕事をするのと、違いは有りますか?

 有るとも無いとも言えます。かつての私はスケート靴を自由に操り、選手たちと1日8~12時間滑っていたのですよ。自分からリンクへ出るのをやめたのは、アレクセイ・ヤグディンと仕事を始めて2年目。ニコライ・モロゾフなら完全に私の「足」になれると分かったときです。チェルニショフはというと、足にも頭にも魂にもなることができました。彼の選手たちとの仕事ぶりは素晴らしく、あっという間に教え込みます。彼自身が非常に豊富な技術的武器を持っています。重要なのは、すでに時が示しているように、彼は考えついたことを達成できるということです。こういう人間はどんなチームにも必要不可欠だと思います。

 それからもうひとつ、本格的な演出家という点で、モロゾフやサーシャ・ズーリンだけでなくイリヤ・アベルブフが積極的になったことを嬉しく思っています。フィギュアスケートにおける競争は選手やコーチの間だけでなく、振付師の間にもあるべきです。

 ― あなたはもうスケート靴を履いてリンクで仕事をすることができませんが、残念な気持ちになることはありませんか?

 身体機能の点では、もちろん、別の感覚を得られればいいのにと思います。例えば、掴んだり、走ったりできればいいのにと。でも、椎間板の手術後は、それは夢でしかありませんね。

 ― 今シーズン、男子シングルでは何が起こるでしょう?

 何か新しいものが見られれば面白いでしょうね。見られると思っています。とにかくジャンパーだと思われてきたようなスケーターが、ジャンプだけでなくスケーティングも始めるはずですよ。ショートプログラムから2本の4回転ジャンプにトライする姿もきっと見られるでしょう。

 ― それは、羊の皮はなめすに値せず(※骨折り損のくたびれ儲け)なのではありませんか?得るものより失うものの方が大きいかもしれないのに。

 若い選手はそのような分別に従うべきではありません。若者はリスクを冒し、前へ進むべきです。これが名を上げる唯一の道です。他のどんなやり方でも、フィギュアスケートを前へは動かせませんよ。

 ― 一年前、ヨーロッパ選手権のペア競技を総括するなかで、あなたはこう仰いました。「アリオナ・サフチェンコはこれで引き下がるような人ではない。彼女とロビン・ショルコヴィーは、ヴォロソジャル/トランコフ組に負けず劣らず五輪優勝への闘志を燃やしている」と。カナダの世界選手権でマクシムとターニャが勝ったことで、二人の優勢は決定的になったのか、それとも別の可能性があるのか、どう思われますか?

 誰がライバルかではなく、自分が何をしたかが重要なカギを握ります。ヴォロソジャル/トランコフ組は稀有な可能性を持った稀有な選手です。大いなる道を歩んできた二人ですが、まだ開花しきってはいません。私は、ご存じのように、アリオナに非常に敬意を払っていますが、昨シーズン彼女がロビンとともに見せたスケートのスタイルは、合理的すぎて、エモーションが奪われていたと言えるでしょう。スピードが失われ、思考が失われていました。選曲も奇妙な感じがしました。結局のところ、フィギュアスケートは室内芸術ではないのです。ドイツペアを勘定から外すことはもちろんできませんが、私個人的には、ロシアのペアとロシアのコーチが成功するのを見たいですね。

 そうそう、タマーラ・モスクヴィナコーチのペアも忘れてはいけません。カワグチ/スミルノフ組は昨シーズン、見るからにうまく行きませんでしたが、あれは単純に失敗でした。二人が根本的に違うレベルで滑るようになり、非常に大きな結果を出せると言えなくなるような、そんな失敗ではまったくありません。

 ― ヴォロソジャル/トランコフ組がいるのに、ニーナ・モゼルのグループへ昨シーズン、いちどに2組の強いペアが別々のコーチのもとから移籍しました。不安ではありませんか?

 なぜ不安にならなければいけないのですか?ニーナは非常に賢明で熟達したコーチです。そうしたということは、自信があるということです。私がかつて抱えていたグループでは、同時に5組のダンスカップルが滑っていました。そして世界選手権で上位5組を占めたのです。スタニスラフ・ズークも、1組だけ教えていたことはありません。最低でも3組です。それに、これは大人の、成熟した選手の話だということを忘れてはいけません。彼らは何が欲しくて、何のために来たかをよく理解しています。課題を与え、何を、どのようにやるのかを判断すればいいだけです。ニーナはきっとすべて上手くやるでしょう。


 (つづく)




<自習メモ>
Овчинка выделки не стоит.  羊の皮はなめすに値しない、骨折り損のくたびれ儲け

сделать себе имя 名をあげる

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • スケートファン

    国別対抗戦 2013ロシアのアイスダンス選手
    の振付はズーリンさんのようでしたが、
    彼らの演技を見て、はっとしました。
    もう一人技術指導している方。あの方です。
    私は、ずっとファンなので・・・・・・。
    2013年09月01日 17:54
  • eco

    スケートファンさん
    ズーリングループのモンコ&ハリャービン組のことですよね。技術指導の方というのは、オレグ・ヴォルコフさんという方??すみません、お顔がわからなくて…
    2013年09月03日 00:04
  • スケートファン

    クセニア・モンコ/ キリル・ハリアービン組
    です。
    2013年09月03日 00:24

この記事へのトラックバック