ソトニコワ<みんなに忘れられて成長できた(3)>

思いっきり滞っていてすみません!アデリナのお誕生日&お正月までには何とか終われるように頑張ります。
オリンピック舞踏会の赤いドレスは、お気に入りのブランドのでしょうか?カッコいいですねー。




 ― 国からの援助は?

 公式に拒否されたわけじゃないけれど、何もしてもらえませんでした。ママとパパはいくつかの基金や公共団体に相談しましたが、返信はもらえないままでした。貯金なんて全然できませんでした。私が生まれてマーシャが誕生してから、ママはまったく働きに出ていなかったし。去年やっとフィギュアスケート用品店の仕入販売係の仕事についたけれど、ソチオリンピック前に辞めたんです。私をサポートするためにね。

 パパは警察(内務省)の少佐で刑事部に勤めていましたが、当直部へ移りました。24時間勤務が3日おきなので、その方が自由な時間が多いんです。私を学校やCSKAのトレーニングに送り届けて、マーシャとしょっちゅう病院まわりをして…

 必要経費を差し引いて残ったお金は、基本的に私の靴と衣装代にまわりました。長いあいだ自分持ちだったので。私がモスクワ選手権やロシア選手権で勝ち始めてやっとCSKAがいくらか割り当ててくれるようになったけれど、10歳ぐらいまでは全員自分で購入していたんです。ねえ、計算してみてください。ダンス用の衣装が2着、それぞれ2万ルーブル(※1ルーブル=約3円)はするんですよ。それにプラス、スケート靴が1万ルーブルで、エッジも同じぐらいの金額。靴はふつう毎年替えます。ただ、私の足は成長がゆっくりだったから、1セットで2年もって…

 そんな生活をしていました。2010年に国際大会への出場が認められて、そのシーズンのジュニアグランプリシリーズの2戦とファイナルでも優勝して、二度目のシニアのロシアチャンピオンになって、2011年の2月には韓国の世界ジュニアで優勝しました。そのとき本当に本格的な賞金をもらったんです。ドルでね。それにプラス、CSKAのお給料も取ってありました。でも、それを合わせてもマーシャの手術費には足りませんでした。

 助けて下さったのはタチヤナ・タラソワです。タラソワ先生でなければこんなに一気に解決することはきっとできなかったでしょう。タチヤナ・アナトリエヴナはチュルパン・ハマトワ(※1)のところへ行ったんです。この素晴らしい女優のおかげで、私たちはお金を割り当ててもらえました。

 それでも、私の蓄えと資金は少なすぎました。そこでエレーナ・ゲルマノヴナ・ヴォドレゾワがご自分のお金から足して下さいました。

 ― ヴォドレゾワコーチに借りた分は返済したのですか?

 できるだけすぐに…ママとマーシャはドイツのハノーバー(※タラソワコーチの夫、故ウラジーミル・クライネフはハノーバー音楽大学で教鞭をとっていた)へ飛んで、半年近く過ごしました。私はパパと家に残りました。CSKAがリンク近くにある軍のホテルに部屋を取ってくれました。私が毎日モスクワの端から端まで行ったり来たりしなくてもいいようにね。氷上練習を朝晩3時間、準備運動を1時間半、ストレッチを45分。とても疲れてしまって…

 ― 治療を受けて妹さんは良くなりましたか?

 もちろんです!ドイツの医師から合わせて3回手術を受けましたが、この費用もハマトワさんが分担してくれました。ええ、私も稼いだお金を出しました。エレーナ・ゲルマノヴナコーチ、チュルパンさん、とりわけタチヤナ・アナトリエヴナには感謝してもしきれません。タラソワコーチはわざわざハノーバーまでやって来て、病院を訪れて、あらゆる手をつくしてママとマーシャを世話してくださったんですから。

 妹は格段にはっきり喋れるようになったし、特別な補聴器を通してよく聞こえるようになりました。これは医師だけじゃなくママの功績でもあります。マーシャが子どもの頃からいろんな面倒をみて、マーシャに文字どおり仕事をさせてきたんです。どれほどの苦労だったか!二人がどうやってすべてに耐えてきたのか想像もつきません…ママは児童心理の勉強までして、専門課程を修了したんですよ。

 両親は私たちを決して区別しませんでした。態度でも、教育でも。家族は誰もマーシャを障がい者として受け止めていないし、彼女の身体的な欠点を恥ずかしいと思っていません。マーシャも自分を甘やかさないし、自分を一人前の家族の一員だと感じています。だから何でも…自分の力でつかんだものを受け取りなさい!って。褒められることもあれば、罰を受けることもあります。

 マーシカはいい子で、親切で、優しいです。とても記憶力が良くて、読んだり書いたりするのが上手です。私は妹をすごくすごく愛しています。妹がまだ小さかった頃は、ベビーカーに乗せてパレスの周りを押して歩いて「私のいちばん素晴らしいお人形さんよ!」って言ってました。

 妹はいつも私を待っていて、休みの日は必ず一緒に過ごします。散歩したり、映画館へ行ったり。私たちには両親の知らない二人だけの秘密があって…

 私がまだビリュレヴォの家にいた頃、私たちは二段ベッドで寝ていました。私が上の段で、妹は下。でも、ママとパパがちょっと目を離すとすぐ、マーシカがよじ登ってきて猫を引っ張って行くんです。私がロシア選手権で初優勝したお祝いにパパがくれた猫をね。そして、そこから楽しいことが始まって…

 いま妹は、障がい者のための全寮制の学校で勉強していますが、最優秀の生徒たちと一緒なんですよ。去年、上級クラスの試験に合格したんです。治療は終わっていなくて、さらに手術する必要があります。マーシャは身体が成長するから…

 ― アデリナ、あなたには自分の人生というものが事実上なくて、すべて妹さんに捧げられているという理解で合っていますか?

 そんなふうには言えません!もちろん、妹にいくらかの額は残してきました。でも、それは無駄遣いをしないようにしていただけ。ゴールドや宝石のような高価なアクセサリーはあまり好きじゃないんです。有るもので十分です。

 ― そうですね、重要なのは自分自身を納得させることですからね。

 そうじゃなくて、過ぎたることは何のためにもならないし、控えめであるべきだと本当に思うんです。最近は買い物が増えました。ドレスにスーツにスカートに…基本的に外国製のもの。きれいだけどあまり高くないものを選んでいます。例えば、あるとても有名な大衆ブランドの服が好きです。スタイリッシュで、エレガントで、じゅうぶん手の届く値段で。これなら自分に買ってあげることができます。

 私たちが困窮しているみたいに思わないでください、そうじゃないんです。マーシャの分はちゃんと取っておくけれど、あとのお金は使います。1円1銭まで計算したことはありません。

 パパはずっと働いてきたし、高等教育を2つ修了しています。かなり良いお給料をもらっています。例えば、家族がこれまで使ってきた車は全部、パパが貯めたお金で買ったもの。今はシュコダ・オクタビア(※チェコのシュコダ社の車種。新車で60万~100万ルーブルクラスのようです)に乗っています。

 ― 今あなたの手元にはオフロード車のメルセデスがありますね。ソチオリンピック優勝の褒賞として国から贈られたものです。

 素晴らしい車です!これをどうするかはまだ決めていません。パパは手元に置きたがっているけれど、たぶん売るか、もう少し控えめな車2台と交換するでしょうね。私も運転します。夏に免許を取れるといいなと思っています。まだ自動車学校に登録中で。最初の授業を受けてきたけれど…講習に疲れて寝てしまったんです。隣の子に「ほら、起きなさい!」って脇腹を突っつかれて。私はこう答えました。「まとめといてよ、後であなたのを書き写すから…」


 (つづく)


※1:舞台女優、映画女優。ロシア人民芸術家。慈善基金「Give Life」創設者のひとり。タラソワ女史が審査委員長を務めるアイスショー番組「アイスエイジ」にも出演。


画像





<自習メモ>
уголо’вный ро’зыск 刑事部
вся'чески いろいろな手段で、ありとあらゆる手をつくして
физический изъян 肉体的欠陥、身体障害

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 59

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • spring

    はじめまして。いつも読ませていただいています。
    今回の記事は特に興味深く拝見しています。
    ソトニコワ選手に妹さんがいて、治療費が大変という記事は以前読んだ事がありますが、これほど大変だったとは。
    オリンピックでの演技は、爆発的なエネルギーを感じる素晴らしいものでしたね。
    これからも記事の更新を楽しみにしています。
    2014年06月02日 17:08
  • みかん

    ecoさまこんにちは!
    おひさしぶりです。
    アデリナの妹さんがご病気だったとは
    この記事を読むまで知りませんでした。
    でも、ほんとに素敵でパワフルなご家族で
    素晴らしいですね。
    アデリナの今後の活躍を
    ますます応援したくなりました。
    実際、彼女のEXでの芸術性は
    あの若さで目を見張るものがあります。
    いやあ、ほんと、金メダルとれて良かったね。
    きっと、これからもスルツカヤ選手のように大活躍して
    みんなに愛されるスケーターになってくれるでしょう。
    楽しみですね。
    2014年06月03日 10:22
  • みかん

    <追伸>

    あと、タラソワさんの弟子への愛情も素敵ですね。
    故米原万里さんがロシア人について
    「気はいいし、お酒を飲まなかったら、サイコー!」
    って、おっしゃってたのを思い出しました。
    真央ちゃんにもロシアのヘルシー食材を
    仕送りしてるらしいし(笑)
    ロシアフィギュア界のビッグママ!ですね。
    ある意味、フィギュア界の権力者でもあるから
    いろいろ批判は多いですが
    そういうのもすごくロシア的だし、
    そういうのも含めてロシアって面白いし
    人間味溢れるっていうのかなあ
    なんか惹かれるものがありますよね。
    2014年06月03日 10:31
  • なり

    長文の翻訳お疲れ様です。
    楽しみに読ませていただいています。

    誕生日で思い出したのですが、妹さんの誕生日は
    6月5日でアデリナの2歳下だと1998年6月5日になり
    ますよね。
    これはリプニツカヤ選手の誕生日と同じようです
    が、一緒の誕生日なんでしょうか?

    まぁ、たいした偶然じゃないと言えばそう
    なのですが、ちょっと気になったので書いて
    みました。
    2014年06月03日 16:44
  • eco

    springさん
    コメントありがとうございます^^ 妹さんの医療費はちょっと想像がつかないぐらいの金額なのだと思いますが、マーシャの障害を自然に、でもしっかりと受け止めて、明るくエネルギッシュに生きているソトニコワ家。すごいですね。
    今月中にはなんとか全部訳したいと思ってますので、もうしばらくお待ちを!
    2014年06月09日 03:12
  • eco

    みかんさん
    いつもありがとうございます^^
    アデリナは五輪の演技ももちろん素晴らしかったけど、五輪後、ポンと一気にステージが上がった感じがします。大阪EXを生で観てそう思いました。最近どんどん綺麗になってますしね。(ちょっとメイクが濃い気もするけど・笑)。これからが本当に楽しみですね!

    タラソワさん、真央ちゃんに食材まで送ってるんですか?!なんという面倒見の良さ。ロシア人って人間関係がすごく濃い感じがしますよね。良くも悪くも濃くて、アイスダンスみたいな泥沼(汗)にもなれば、深い深い師弟の絆も生まれるという。面白いですねー
    2014年06月09日 03:15
  • eco

    なりさん
    お返事が遅くなってすみません。アデリナの妹さんとリプニツカヤ、仰るとおり同じ誕生日でしたね。5日にネット上に両方のお祝いメッセージが上がってきて、「あ、本当に同じなんだー」と思いました。
    2014年06月09日 03:15

この記事へのトラックバック

  • 私がアデリナちゃんを応援するワケ~「炎の体育会TV」で京都おもてなし
  • Excerpt: 先週の「炎の体育会TV」に、ソチ五輪金メダリストのアデリナ・ソトニコワ選手が出演していました。フィギュアスケーターでもある本田望結ちゃんとあき竹城の二人が、京都でアデリナちゃんをおもてなしという内容。..
  • Weblog: ユッカリーナのノタリノタリヨガ日記
  • Tracked: 2014-08-15 15:36
  • 私がアデリナちゃんを応援するワケ~「炎の体育会TV」で京都おもてなし
  • Excerpt: 先週の「炎の体育会TV」に、ソチ五輪金メダリストのアデリナ・ソトニコワ選手が出演していました。フィギュアスケーターでもある本田望結ちゃんとあき竹城の二人が、京都でアデリナちゃんをおもてなしという内容。..
  • Weblog: ユッカリーナのノタリノタリヨガ日記
  • Tracked: 2014-08-23 09:56