(トランコフ、プログラムを語る1)

結婚を間近に控えたトランコフさんが、これまでターニャさんと演じてきたプログラムにまつわるエピソードや想いをインスタグラムに連載しています。口語なのでなかなかうまく訳せないのですが、惚気っぷりがすごく微笑ましいので少しご紹介したいと思います。とりあえず最初の3つを。



2015年7月6日
http://instagram.com/p/4w1fqLOVV4/
何らかのを演目を滑るとき、魔法のような瞬間というものがある。たとえば、カティア・ブニアティシヴィリのラフマニノフの生演奏で滑りながら、僕は氷上の霧にいつも心臓が止まりそうになった。まるで僕らがおとぎ話の登場人物で、まわりには誰もいないかのよう。あるのはただおとぎ話のように美しい音楽と、おとぎ話のように美しいターニャと…そして氷の魔法だけ。


2015年7月7日
http://instagram.com/p/4zeeE8OVW9/
ヤンニの『ワン・マンズ・ドリーム』。このナンバーにまつわるストリーは?
2013年、オーベルストドルフのネーベルホルン・トロフィーでのこと。シーズンの最初で、チームみんなが初戦に向けて取り憑かれたように準備していた。重要なのは勝つこと!シーズンを優勝から始めること!
そして金メダルをとり、息を吐き、心地よく疲れて…そして記者会見でショーナンバーについての質問が。そして…ナンバーなんてない!ナンバーどころじゃなかった(^^)。その代わり、僕のiPhoneにオーディオコレクションがあった!朝のうちに僕らは音楽をつなぎ合わせたが、それを自分の中に落とし込むのは簡単だった。だって「夢」がいる!僕のターニャがいる。(つづく)


2015年7月8日
http://instagram.com/p/42CYODOVTu/
プロコフィエフの『ロミオとジュリエット』。僕たちの最初の作品で、はじめて“自分の”観客を見つけ、はじめてスタンディングオベーションをもらったプログラム。N・モロゾフとA・カプラノワによる振り付けにまつわる思い出にはたくさんのストーリーがあり、そのすべてが興味深い。
僕らみんなの苦難の成果は2011年のロシア選手権にあらわれたが、試行錯誤した。神聖な「アート・オン・アイス」のショーへ招待され、ヨーロッパ選手権を回避した。他のどこでもなく、このショーの故郷スイスで開催された大会だった。
世界選手権で銀メダルをとり、僕らふたりにとって最初の表彰台になった。それから4年後、ロシア郵便はこのポーズを2014五輪のフィギュアスケートカテゴリの公式切手に使用した。
さらに、これはおそらく、預言のプログラムだ。最も有名な愛のストーリーで、ファンの心だけでなく僕らの心にも愛をもたらした。そう、ただ僕らはストーリーを少し書き換えて、今やハッピーエンドになった!そして今日もつづきを書いている♡


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック