ミーシン<4回転を追加するか、国旗を引き渡すか(上)>

ミーシン教授による世界フィギュア総括。男女シングルとペアについて語っておられます。
前回と今回のエントリーで「癖者」と訳したзакидонщикという単語ですが、それ自体はネット版露露辞典にも掲載がなく、元の語の意味からなんとか訳を捻り出しました。善悪両方の意味があるようで、コフトゥンも自分もハニュウもзакидонщикだと仰っているのだと思います。「ヤバイ」とか「頭おかしい」とか「変態」みたいな感じかもしれません(^^;;



2017年4月2日
アレクサンドル・バルミン


アレクセイ・ミーシン

コリャダとコフトゥンは4回転ジャンプを追加で身につけるか、もしくは国旗を別の人間に手渡さねばならない


 ソ連とロシアの国家功労コーチ、アレクセイ・ミーシンが、世界フィギュアスケート選手権大会(於ヘルシンキ)に出場したロシアの選手たちの印象を、『スタジアム』のアレクサンドル・バルミンに語った。


 私がスポーツのキャリアを積みはじめたのは1956年からで、コーチとしては1969年からだ。男子フィギュアスケートの技術とエレメンツ遂行の難度において、今年起こったような急激な飛躍は、私の全スポーツ活動を通じてなかった。これはヘーゲル・スパイラルだと理解している。回りに回ってついに量を質へと転化させたのだ(※「量質転化の法則」のこと?)。これは男子シングルスケートにおける革命的飛躍だ。

 ソチ五輪のチャンピオンで、今回、2度の世界チャンピオンにもなった日本のハニュウは、これまでの人生で一度もなかったような滑りをした。私はこれを「癖者」と理解している。この言葉が私の専門用語集に登場したのはスケートを始めたばかりのときで、当時私は15歳だったのだ。ヘルシンキでは、「癖者」ハニュウが唯一無二の滑りを披露した。他の人間がこれと同じことをいつできるのか、疑問だ。

 2番目の日本人、銀メダリストとなったウノは良いスケーターだ。運動能力に恵まれている。フィギュアスケートの理想を体現しているわけではないが、素晴らしい青年だ。彼の「フリップ」、彼のエモーション、彼の独特のジャンプ技術に驚きを覚える。それは伝統的な技術ではなく、「舞台付きの野外大学」だ。


 (つづく)




<原文>
https://stadium.ru/news/02-04-2017-aleksei-mishin-kolyada-i-kovtun-doljni-libo-osvoit-dopolnitelnie-chetvernie-prijki-libo-otdat-flag-v-ruki-drugih

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック