(ゴンチャレンココーチ、紀平梨花選手を語る)

 ― リカ・キヒラはバンクーバーで優勝争いできますか?

 少し前までは、女の子がウルトラCのエレメンツをやる価値があるのかとか、そんな練習はしなくていいと言われていました。ロシアの女子たちがそれをやるようになったことで、キヒラも後押しされたのでしょう。この選手はすでに昨シーズンからトリプルアクセルを跳ぼうとしていましたが、十分な安定性がありませんでした。でも、もし不可抗力のようなことが起こらなければ跳べるということは見てとれました。
 今シーズン、キヒラはジャンプの安定性だけでなく、スケーティングも向上しました。彼女のプログラムは、特にフリーですが、とても表情豊かなものです。選曲も振付そのものも良く、個人的にとても興味深く見ています。正直言って、日本の女子のプログラムにはいつも驚かされるというわけではなく、ロシアの女子のプログラムの方がいつも興味深い。でも、キヒラのはとても良い、うまいプログラムですね。

 彼女が優勝する可能性についてですが…私の考えではアリーナの方が強くて、華やかで、興味深いです。彼女はオリンピックチャンピオンで、チャンピオンの滑りがあります。とにかく私にとってはそうです。でも、これはスポーツですから、安定したクリーンな滑りを見せる必要があります。自分より名のある選手が一緒に出場している場合、何かを誰かに与えてもらえないと考える必要はありません。ただ自分を見せることです。ザギトワは自分の権利を守り、他の選手は思い切っていく必要があります。

 ― キヒラのコンポーネンツの得点は大会ごとに上っています。

 どんどん成長して、どんどん滑りが良くなっていることをジャッジは見ています。彼女には、もう一度言いますが、非常にうまいプログラムがある。でも、どんな振付でも、最高に粋な振付であっても、きちんと滑り切られてはじめてその役目を果たします。
 ジャンプの内容がうまく行くとき、選手は普段とはまったく別の気分になっています。そのときにステップでも自分を“解き放って”、全体像をうまく見せることができるのです。




<原文>
https://www.sport-express.ru/figure-skating/reviews/figurnoe-katanie-final-gran-pri-anons-mnenie-eksperta-raspisanie-prognoz-1486702/


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック